最新ニュース

MKIによる働き方開拓支援!テレワーク向けのプラットフォーム「MEDACA(メダカ)」が販売開始

三井情報株式会社(MKI)は、「MEDACA(メダカ)」というビデオ会議サービスの販売を開始しました。
MEDACAは、ひとりひとりに安全なワーク環境を提供するプラットフォームです。

MEDACA(メダカ)の詳細は下記リンクを参照
https://www.mki.co.jp/solution/medaca.html

MKIは、ICT技術(情報通信技術)を取り扱う企業であり、
さまざまなビスネスや社会の課題をICTで解決を目指します。
MEDACAは、働き方開拓を支援するサービスとして立ち上がりました。

2019年4月より、働き方改革関連のほうが順次施行され始めています。
厚生労働省からは、働き方改革の施策としてテレワークが紹介されています。

テレワークとは、ICT技術を駆使した勤労形態の1つです。
テレワークを活用すると、会社から離れた場所でもネットワークを経由して会社にいるときと同様の仕事ができます。
時間や場所に制約を受けずに働けることから、導入する企業も増えています。

導入14万社超!働き方改革で推進される「テレワーク」は企業の成長に不可欠在宅勤務やモバイルワークの総称でもあるテレワークは、ライフステージの変化にあわせた柔軟な働き方を実現するものです。つまり、働き方改革が掲...

しかし、多くの企業ではテレワーカー(テレワークで働く人)とコミュニケーション不足になることを問題視しています。
コミュニケーションを円滑に取れるように、テレワーク導入企業の半数以上はテレビ会議を導入しています。

MKIが提供するMEDACA(メダカ)は、テレワーク向けのサービスです。
ビデオ会議の他にも会議資料の共有及び共同編集や、
議事録作成の支援として、音声データから書き出し可能とする機能を設けています。

MEDACA(メダカ)は、小規模からのサービス提供にも対応しています。
大企業だけではなく、小規模企業でも導入しやすく、
必要な電子機器含めて全て提供します。
また、MEDACAはテレビ会議以外でも、個人電話として利用することもできます。

  • スターターパック(小規模向けプラン)
    5ユーザ分で「47,200円(月額・税抜)」
    ※初期費用に別途100,000円がかかります

テレワークが次々と導入されていく中、場所や時間に縛られることがない在宅ワークの形態が実現されています。
今後導入する企業は増加していき、テレワークは更に広がっていくことが予想されます。

まだまだ試行されたばかりで、働き方改革の実感を得られていない人がほとんどです。
MKIはMEDACA(メダカ)を通じてテレワークを支援し、今後多くの人々に働き方改革を実感してもらうよう日々精進します。

働き方改革へ取り組む企業の現状とは?テーマ別成功事例を紹介過労死や過労自殺の要因ともなっている長時間労働の是正に向け、いよいよ改正労働基準法が2019年4月1日に施行されます。これにより、大企業...
働き方改革とはなにか?働き方はどう変わるのか?わかりやすく解説1980年代以降、OEDC加盟国中の20位前後に定着してしまった日本の労働生産性は、経済のグローバル化が加速するにつれて、その低迷ぶりが...

参考記事:https://www.atpress.ne.jp/news/184156

ビギナーくん
ビギナーくん
副業ビギナーでは副業・働き方に関する最新ニュースをTwitterでお知らせ!
こちらからアカウントをフォローして情報をいち早くゲットしよう!
\御礼!登録者が続出中!/

[email protected]にて副業・働き方に関する情報を配信中。
あなたが理想とするライフスタイルの実現に役立つコンテンツをお届けします!
友だち追加

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加

RELATED POST