最新ニュース

デイワークサービスアプリ「ワクラク」で手軽に副業!導入実績3,000件突破で案件増加中!

副業やシェアリングエコノミーが浸透しつつある中、「特定の場所や時間に縛られない自由な働き方」への関心が高まり、1日単位で仕事を見つけられるデイワークが若い世代や主婦を中心に広がっています。

そこで、先日導入アカウントが3,000店舗を突破したデイワークサービス「ワクラク」のご紹介です。

デイワークサービス「ワクラク」とは

「ワクラク」は、日本最大級のデイワークアプリです。デイワークとは、「1日単位で働ける」「面接・履歴書不要」「給与は最短翌日振込」が揃ったアルバイトを指しています。

ワーカーは、「ワクラクのアプリのダウンロード」「プロフィールの入力」「ワークの契約」の3ステップで仕事が決定でき、履歴書や面接を受ける必要がなく、スマホ一つで完結します。この手軽さと1日単位で働けることが大学生やフリーター、主婦の方と相性がよく、登録者(ワーカー)数は7万人を越えています。

ワーカーは、アプリ内で雇用契約書を発行し締結することができるので、その後は当日職場に行くだけです。突発的な空き時間や隙間時間を利用して、好きなタイミングで働くことができます。

東京都内では月間数千件のワークが行われており、仕事の数も豊富です。現在は関東を中心に8都道府県にサービスを展開しており、今後も順次拡大予定とのことです。

##「ワクラク」を利用している企業は?

現在「ワクラク」を利用している企業は、東京都内や近郊の大衆居酒屋からカフェ、高級レストランといった飲食店をメインに、EC企業、イベント会社、ホテルなど幅広い業種にわたっています。

人手不足が深刻化する中、飲食店を中心にサービス導入が進み、導入企業や店舗のアカウント数は3,000件を突破しました。また、企業とワーカーのマッチング率は90%を超え、企業側が求人を掲載してすぐに人が集まる即時性が満足度の向上に繋がっています。

「ワクラク」導入企業の声

関西を中心に110店舗の飲食店を展開する「株式会社ダイナミクス」は、シフトを組む際にできた穴をうめるために「ワクラク」で募集を出しています。応募がくるのがとても速く、掲載から1日~2日でワークが埋まっていく状況だそうです。

ワーカーにお願いする仕事は、最初は皿洗いや棚に皿を戻す作業、お客様が帰られた後の片づけ(バッシング)などの簡単な作業がメイン。これは、飲食店経験者のワーカーが多いですが、中には経験が浅いワーカーもいるため、そのような方に配慮してのことです。

「ワクラク」は必要な時に必要なだけ募集をかけることができるので、通常のシフトの穴埋めだけでなく、季節要因の人材不足や採用費高騰などの解消にもつながりそうだということです。

週末副業などのニーズにも対応

ワーカー数、導入企業ともに増加中の「ワクラク」は、今後も成長が見込まれ、ワーク数もますます増えることが予想されます。

1日単位で、当日に急遽応募して働くことも可能ですし、未経験でも応募できる仕事が多数あります。例えば週末だけ副業をしたいけれども毎週コンスタントに働くのは難しい、という方のニーズにも対応しています。

非常に使い勝手の良いサービスですので、副業を検討している方は、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

ビギナーくん
ビギナーくん
副業ビギナーでは副業・働き方に関する最新ニュースをTwitterでお知らせ!
こちらからアカウントをフォローして情報をいち早くゲットしよう!
\御礼!登録者が続出中!/

[email protected]にて副業・働き方に関する情報を配信中。
あなたが理想とするライフスタイルの実現に役立つコンテンツをお届けします!
友だち追加

【登録しないと損!】[email protected]登録

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加