最新ニュース

LGBTを認める社会へ、新時代のブレークスルーはどこだ?「work with Pride 2019」が10月11日に開催!


もうご存じだと思いますが、今一度LGBTについてご説明いたします。

・Lesbian(レズビアン/女性同性愛者)
・Gay(ゲイ/男性同性愛者)
・Bisexual(バイセクシャル/両性愛者)
・Transgender(トランスジェンダー/性別越境者)

以上の4つの頭文字をとった単語で、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)の総称のひとつです。

株式会社電通では、2018年の調査で日本人の8.9%がLGBTに属しているという調査結果を出しています。

具体的な数で示すと、11人に1人です。クラスに1名、居てもおかしくない数値です。

この数値には、カミングアウトすることを「怖い」と感じている方がカウントされていないため、実数値はもっと多い数値になると推測されます。

■TOKYO RAINBOW PRIDE
https://tokyorainbowpride.com/lgbt/

「性はグラデーション」

とても素敵な言葉ですよね。

セクシュアリティはLGBTとそれ以外の人にくっきり分かれているわけではありません。

その境目はグラデーションであり、無数のパターンで分けられていることが現状です。

任意団体「work with Pride」は、職場におけるセクシュアル・マイノリティの働きやすさを考えるカンファレンス「work with Pride 2019」を開催いたします。

開催日は10月11日(金)でカミングアウト・デーと呼ばれております。

カミングアウト・デーとは?

「ナショナル・カミング・アウトデー」の始まりは1987年の出来事でした。

1987年10月11日、アメリカのワシントンDCにLGBTの人々が集い、「レズビアンとゲイの権利のためのワシントンマーチ」が行われたことがキッカケでした。

このデモにはLGBTの団体が多数参加し、デモ人数は50万人にも及びました。

アメリカのメディアもこぞってイベントを取り上げたこともあり、この活動は大勢の人々にLGBTの存在と価値観を広げました。

デモが終わった後も、ワシントン以外のアメリカ各地で同様のイベントが開催されました。

この大きな動きは約4ヵ月にわたり続きました。

そして、アメリカの心理学者「ロバート・アイヒベルグ」とLGBT活動家の「ジーン・オリーリ」によって、10月11日がナショナル・カミングアウト・デーとすることが1988年に制定されました。

今年もカミングアウト・デーに開催!work with Pride 2019の中身は?

本年度のテーマは「ブレークスルー! 新時代に向け、LGBTの取り組みをもう一歩進めるには?」です。

ダイバーシティが叫ばれる現代において、全ての社員が働きやすい環境の構築をするのは、日本全国にある企業のミッションです。

本イベントでは、総司会にLGBTやダイバーシティに関する記事や情報を多く執筆・配信されている小倉 慶子氏を迎えます。

経営者および当事者が参加するパネルディスカッションや、企業の取り組みを評価する「PRIDE指標2019」の結果発表と、関心の高いテーマに沿った2つのサブセッションを予定しています。

セッション内容「経営者パネル」

テーマ:「経営者宣言 企業で、社会で、LGBTの取り組みをさらに進めるために必要なことは。」

現状の状況と課題を踏まえ、次の新時代をブレークスルーするために成すべきことを経営者宣言として発表します。

その発表から社会や企業のさらなるLGBTの取り組みを提言します。

■登壇者
・EY Japan リージョナル・チーフ・オペレーティング・オフィサー
 貴田 守亮 氏
・日本アイ・ビー・エム株式会社 取締役専務執行役員 インダストリー事業本部長
 福地 敏行 氏
・ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長
 森 亮介 氏
・モデレーター
 小倉 慶子 氏

セッション内容「当事者パネル」

テーマ:「当事者が自分らしく働くことができる職場」

カミングアウトしている人、していない人のそれぞれの視点で、自分らしく働くことができる職場についてLGBT当事者と考えるセッションです。

■登壇者
・エクスペディアホールディングス株式会社 代表取締役
 マイケル・ダイクス 氏
・株式会社 日建建設
 サリー楓 氏
・東日本旅客鉄道株式会社
 佐藤 海人 氏
・麗沢大学
 山城 結愛 氏
・モデレーター
 小倉 慶子 氏

サブセッション「風土づくりのブレークスルー」

テーマ:「PRIDE指標からみる、ブレークスルー・ポイント」

PRIDE指標の応募企業データと、各評価項目を分析します。

どのような評価項目が次の一手(ブレークスルー)となりうるか、各社の事例を用いながらディスカッションを実施します。

■登壇企業
・株式会社オリエントコーポレーション
・シスコシステムズ合同会社
・ソフトバンク株式会社
・株式会社 丸井グループ
・株式会社ゆうちょ銀行
・株式会社リクルート

サブセッション「制度づくりのブレークスルー」

テーマ:「ここが変だよ!LGBT人事制度 -当事者の本音- 」

企業で整備されつつあるメジャーなLGBT施策・制度について調査し議論するセッションです。

当事者はどのように感じているのか、アンケート、インタビュー形式で調査します。

その結果を集計・分析することで、当日その結果を踏まえた上で登壇者が日本のLGBT制度に対する本音を語ります。

■登壇者:(企業名・SOGI属性)

SOGI属性とは、「Sexual Orientation and Gender Identity(性指向と性のアイデンティティ)」の頭文字からとった名称です。

誰もがそれぞれのセクシュアリティを持っているという考え方に基づく考え方です。

【当事者側】
・日本オラクル株式会社(レズビアン)
・デロイト トーマツ コンサル手イング合同会社(MtX)
・有限責任監査法人 トーマツ(FtM)
・野村ホールディングス株式会社(ゲイ)

【モデレーター】
・第一生命保険株式会社 人事部 ダイバーシティ&インクルージョン推進室
 井村 敦史 氏

work with Pride 2019 イベント概要

日時:2019年10月11日(金)13:00~17:30 (開場12:30)
開場:BASE Q
   東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷6F
その他:
・当日は、メディアによる取材が入ります。
・全て事前予約制です。
・手話通訳あり。
申込方法:お問い合わせフォームは以下サイトよりお願いいたします。
     ※受付開始は9月13日の正午からとなります。
申込〆切:10月4日(金)まで。先着順受付のため、締め切り前に満席となることがございます。

■お問い合わせフォーム
https://workwithpride.jp/work-with-pride-2019-apply/

■work with Pride 公式Webサイト
http://www.workwithpride.jp

ビギナーくん
ビギナーくん
副業ビギナーでは副業・働き方に関する最新ニュースをTwitterでお知らせ!
こちらからアカウントをフォローして情報をいち早くゲットしよう!
\御礼!登録者が続出中!/

[email protected]にて副業・働き方に関する情報を配信中。
あなたが理想とするライフスタイルの実現に役立つコンテンツをお届けします!
友だち追加

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加