最新ニュース

起業に関心のない人の約4割が「副業起業」に興味アリ!高まる隠れ起業意識

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

長引く不況の中、2019年4月より次々に打ち出されている働き方改革の関連法。副業や兼業を認める企業も増える昨今、組織に属する個人のワークスタイルが多様化してきています。

そんな状況において、今回は中小企業庁が発表した「起業と副業」についての意識調査の結果をご紹介いたします。

現在、社会で活躍する世代は、自らの働き方についてどんな考え方をもっているのでしょうか?

起業と副業についての意識調査概要

  • 一般男女に対して、「起業・副業意識」を聴取
  • 起業家に対して、起業にまつわる行動を聴取

調査方法
インターネット調査

調査期間
2020年1月14日~15日

調査地域
全国

調査対象
【事前調査】20~60代の一般男女7,780名(現無職者を除く)
【本調査】回答者の中から実際に起業している「起業家」及び、「起業無関心者」を選抜。

起業家 → 250名、起業無関心者 → 250名

調査機関
楽天インサイト株式会社

※本資料は、同日2月18日(火)に開催された、中小企業庁主催、「Japan Challenge Gate2020 - 全国ビジネスプランコンテスト -」会場にて配布された資料となります。

起業と副業についての意識調査結果

事前調査

対象
20~60代の一般男女7,780名

Q.今後、起業したいですか?
Yes → 12.6%
興味なし → 78.8%
すでに起業している → 8.6%

本調査

対象
事前調査で「興味なし」と答えた起業無関心者250名

Q.会社を辞めずに起業する「副業起業」への意向は?
興味あり → 37.6%

起業と副業についての意識調査まとめ


今回は、中小企業庁が発表した「起業と副業」についての意識調査の結果をご紹介いたしました。

20代~60代の一般男女において、約8割の人が起業に興味なし。しかし、その中で「副業起業」への意向がある人は約4割に達しています。

本業を捨て、1から会社を立ち上げることに関しては抵抗があるものの、「副業」というワードが入ることで、起業に対するリスキーなイメージが緩和されるようです。

「正社員 = 絶対安定」とはいえない現代、今後ますますパラレルワークを考える人が増えていくのではないでしょうか。

ビギナーくん
ビギナーくん
副業ビギナーでは副業・働き方に関する最新ニュースをTwitterでお知らせ!
こちらからアカウントをフォローして情報をいち早くゲットしよう!
\御礼!登録者が続出中!/

LINE@にて副業・働き方に関する情報を配信中。
あなたが理想とするライフスタイルの実現に役立つコンテンツをお届けします!
友だち追加

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加

RELATED POST