投資

40代で始めるワンルームマンション投資のメリットと注意点

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「40代でワンルームマンション投資を始めても大丈夫?メリットは何?」
「ワンルームマンション投資を40代で始める際の注意点は?何を意識したら成功する?」

など、40代でワンルームマンション投資を始めることに疑問や不安を抱いている方は多いでしょう。始める前にメリットや注意点を把握していれば、投資の成功確率を高めることができます。逆に知らずに始めてしまうと、失敗するリスクが高まるでしょう。

ここでは、40代で始めるワンルームマンション投資のメリットや注意点、意識するポイントについて紹介しています。この記事を読むことで、安心して投資を始めることができるでしょう。ワンルームマンション投資に興味がある方は、ぜひ、ご覧ください。

40代でワンルームマンション投資を始めるメリット


まずは、40代でワンルームマンション投資を始めるメリットを紹介します。40代は、20代〜30代よりも経済的余裕があるため、以下3つのメリットがあります。

1.頭金を用意できる
2.毎月の返済額を抑えられる
3.そこそこの金額のものを買える

それぞれの内容について、確認していきましょう。

1.頭金を用意できる

40代でワンルームマンション投資を始めるメリットは、頭金を用意できることです。20代〜30代で始める場合は、頭金の準備が難しいこともあります。

しかし、40代であれば、20代〜30代よりも働いている期間が長く、収入が高い人も多いので、ある程度まとまったお金を用意できます。頭金を用意できれば、金融機関からの借入金額を減らすことが可能です。

2.毎月の返済額を抑えられる

40代からワンルームマンション投資を始める場合は、頭金によって借入金額を減らせるため、毎月の返済額を抑えることができます。

仮に、2,500万円の物件、元利均等返済、金利3.0%、返済期間30年で購入する場合、頭金の有無で毎月返済額は以下のように違いがあります。

  • 頭金なし:毎月返済額10万5,401円 総返済3,794万4,360円
  • 頭金300万円:毎月返済額9万2,752円 総返済3,339万720円
  • 頭金500万円:毎月返済額8万4,320円 総返済3,035万5,200円

このように、頭金の有無で毎月返済額は大きく変わります。

3.そこそこの金額のものを買える

40代は頭金があり、勤続年数が長く収入が高い人も多いため、不動産投資ローンの審査も通りやすくなります。そのため、そこそこの金額のワンルームマンションを買うことができます。

物件の選択肢が広がるため、利回りが高い優良物件を買える可能性が高くなります。

40代で始めるワンルームマンションの注意点


40代でワンルームマンション投資を始める前に、ここで紹介する注意点を押さえておきましょう。これらの注意点を知らずに始めると、ローンを利用できなかったり、資金計画が狂い返済が厳しくなる恐れがあります。

以下は、40代で始めるワンルームマンション投資の2つの注意点です。

1.健康面で団信に入れないことがある
2.35年ローンを受けられないこともある

1つ目の注意点から確認していきましょう。

1.健康面で団信に入れないことがある

40代でワンルームマンション投資を始めると、健康面で団信(団体信用生命保険)に入れず、ローンを利用できない可能性があります。団信は、ローン契約者が死亡・高度障害状態になった場合にローン残債が0円になる保険です。

非常に魅力的な保険ですが、団信の審査が通らないと、ローンも利用できないことが多いです。たとえば、「2ヶ月前にがんと診断された」などの場合、団信の審査は通りません。保険会社によって審査基準は異なりますが、健康面に不安がある方は早めに保険会社や金融機関に相談をしましょう。

2.35年ローンを受けられないこともある

ほとんどの不動産投資ローンの最終完済年齢は75歳〜80歳で、返済期間は35年〜45年です。たとえば、返済期間が最長35年で完済年齢が80歳の場合、45歳であれば35年返済が可能ですが、46歳だと最長でも34年返済になります。

  • 完済年齢80歳の場合

・45歳:35年返済
・46歳:34年返済
・47歳:33年返済
・48歳:32年返済
・49歳:31年返済

  • 完済年齢75歳の場合

・40歳:35年返済
・41歳:34年返済
・42歳:33年返済
・43歳:32年返済
・44歳:31年返済
・45歳:30年返済
・46歳:29年返済
・47歳:28年返済
・48歳:27年返済
・49歳:26年返済

このように、35年返済ローンが利用できず、毎月の返済負担が大きくなる可能性があります。

40代でワンルームマンション投資を始めるのであれば


40代でワンルームマンション投資を始めるのであれば、以下3つのポイントを意識してください。これらを意識して投資を始めることで、成功確率を高めることができるでしょう。

  • 築年数20年未満の物件は融資が付きやすいので狙い目
  • 積極的に繰り上げ返済を行う
  • 10年間家賃収入を得て、売って売却益が出る場所のものを買う

築年数20年未満の物件は融資が付きやすいので狙い目

築年数20年未満のワンルームマンションは、融資が付きやすいので狙い目です。20年未満物件は、収益性や担保価値が高い上に、新築よりも安く購入ができます。そのため、金融機関の融資が付きやすく、返済負担も抑えることが可能です。初めてのワンルームマンション投資は築浅物件がおすすめになります。

積極的に繰り上げ返済を行う

40代でワンルームマンション投資を始める場合は、積極的に繰り上げ返済を行うことが大切です。返済期間が短くなる可能性がある上に、60歳〜70歳前後には定年・現役引退を迎えるからです。

80歳までのローンであれば、定年・現役引退を迎えた後も10年以上の返済期間が残ることになります。定年・現役引退を迎えると、年金以外のまとまった収入がないため、空室が長く続いた場合に対応ができません。さらに、修繕やリフォームが重なれば破産するリスクも出てくるでしょう。売却できればいいですが、すぐに買い手が見つかるとも限りません。

40代で始める場合は、積極的な繰り上げ返済をする前提で、不動産ローンを利用するようにしてください。

10年間家賃収入を得て、売って売却益が出る場所のものを買う

40代でワンルームマンション投資を始める場合は、10年間家賃収入を得て売却益が出る物件を買いましょう。つまり、「立地が良く将来性がある物件」です。そうすれば、安定した家賃収入を確保できますし、買い手もすぐに見つかるため、いろいろな出口戦略を描くことができます。

借り手・買い手が見つかりやすく、貸しても売却しても利益が出る物件を購入することが大事です。そのためにも、信頼できる不動産会社を見つけましょう。

まとめ


ここでは、40代で始めるワンルームマンション投資のメリットや注意点、意識するポイントについて紹介しました。40代は、健康面や長期返済が難しいデメリットがありますが、頭金を用意できて借入金額を減らせるメリットがあります。

40代で始める場合は、ローンが通りやすく返済負担を少なくできる築浅物件選びや、積極的な繰り上げ返済を行いましょう。ぜひ、ここで紹介した内容を参考にして、早速ワンルームマンション投資開始に向けて行動していきましょう。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加