投資

不動産経営で成功するために!良いワンルームマンションの選び方8つ

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「不動産経営を始めたいけど、どんなワンルームマンションを選べばいいのかわからない」
「良いワンルームマンションを選ぶにはどうすればいい?」

など、ワンルームマンション選びで困っている人は多いでしょう。不動産経営を成功させるには、良い物件選びが必要不可欠です。物件選びで失敗すると、入居者確保が難しく、その後の挽回は難しくなります。

良いワンルームマンションを見つけ、安定経営を目指しましょう。

ここでは、以下、良いワンルームマンションの選び方8つについて紹介しています。

1.立地が最寄り駅から徒歩5分以内
2.家賃が高すぎない
3.長期間修繕無しで貸し出せる
4.人気があるエリアや将来発展が見込めるエリア
5.無理なローンを利用しなくて良い
6.土地勘があるエリアの物件
7.治安が良いエリアの物件
8.信頼できる不動産会社を見つける

この記事を読むことで、優良物件を見つけ、安定した家賃収入を得られる可能性が高くなりますので、参考にしてください。

選び方1.立地が最寄り駅から徒歩5分以内

良いワンルームマンションの選び方の1つが、最寄り駅かた徒歩5分以内の物件を探すことです。ワンルームマンションを求める人の多くは、交通利便性を重視します。そのため、通勤・通学や遠出に便利な駅近物件を好みます。わざわざ、駅から遠い郊外のワンルームマンションを選び人は、多くありません。

そのため、最寄り駅から徒歩5分以内の物件を選ぶようにしましょう。駅近物件を選ぶ人は、賃貸情報サイトで「駅から徒歩5分圏内」など条件を絞る可能性があります。駅から徒歩5分圏内の物件であれば条件検索にヒットし、多くの人の目に留まることになるでしょう。良いワンルームマンションを選びたいのであれば、「最寄り駅から徒歩5分以内」の物件に注目をしてください。

選び方2.家賃が高すぎない

家賃が高すぎないワンルームマンションを選ぶことも大事になります。なぜなら、家賃が高すぎると、借り手が見つかりにくいためです。富裕層ばかりが暮らすエリアであれば問題ありませんが、そのようなエリアが極一部しかありません。

また、家賃が高いということは、物件購入価格も高いということです。そのため、毎月のローン返済額も多くなります。入居者がいる間はいいですが、空室になると負担額が大きいため、資金繰りの悪化につながるでしょう。

ワンルームマンションを選ぶのであれば、2,000万円以下など、標準的な価格の物件を選びましょう。高級ワンルームマンションを購入しても、借り手が見つかる保証はありませんし、空室になった時に痛い目に遭います。

家賃が高すぎないワンルームマンションを選ぶようにしてください。

選び方3.長期間修繕無しで貸し出せる

長期間修繕無しで貸し出せるかどうかも、良いワンルームマンションを選ぶ際のポイントです。「安いから」という理由で中古ワンルームマンションに手を出しても、すぐに大規模な修繕が必要な場合は多くのコストがかかります。

新築であれば、しばらく修繕は必要ありませんが、中古物件を購入する際は注意が必要です。特に、築年数が古い物件を買う際は、状態をよく確認するようにしましょう。

物件によっては、購入後すぐに室内のあちこちを修繕しなくてはいけません。購入価格だけでなく、修繕やリフォーム費用も考慮し、トータル的な費用で判断するようにしましょう。

想定以上の修繕費が必要になると、資金の捻出に困るだけでなく、家賃収入を得ても赤字になる可能性があります。

選び方4.人気があるエリアや将来発展が見込めるエリア

良いワンルームマンションの選び方の1つが、人気があるエリアや将来発展が見込めるエリアの物件を選ぶことになります。人気があるエリアや将来発展が見込めるエリアには、多くの人が集まり、賃貸需要が高いためです。

人気があるエリアや将来発展が見込めるエリアには、次のようなものがあります。

  • 商業施設が充実している
  • 駅から近く利便性が高い
  • 近くで再開発が行われる
  • エリアの人口が増え続けている

このようなエリアは、長期にわたり賃貸需要が期待できるでしょう。賃貸需要が高ければ、空室リスクを抑えることができ、安定した収益を出すことが可能です。

選び方5.無理なローンを利用しなくて良い

無理なローンを利用せずに購入できることも、良いワンルームマンションの選び方になります。ローン借入金額が多ければ、毎月のローン返済負担は大きなものになります。入居者がいる時はいいですが、空室が続くと返済が困難になるでしょう。

不動産投資には、空室リスクや金利上昇リスク、家賃下落リスクなどがあるため、無理なローンを利用しては上手くいきません。リスクが生じても耐えられるように、ローンには余裕を持たせることが大事です。ローン借入金額が多くならないように、十分な自己資金を用意するか、2,000万円以下など購入価格が安い物件に限定しましょう。

特に、不動産投資初心者の方は、無理なローンを利用しなくても良いワンルームマンションを選ぶことが大切です。

選び方6.土地勘があるエリアの物件

良いワンルームマンションの選び方になるのが、土地勘があるエリアの物件を探すことです。土地勘がないエリアだと、利便性や治安、人気、入居者層など、細かい部分がわかりません。

何度も足を運び、そのエリアのことを調べなくてはいけないため、購入判断までに時間がかかります。しかし、土地勘があるエリアであれば、大体のことがわかります。入居者層や治安、人気の立地などがわかるため、スムーズに購入判断が可能です。不動産投資初心者は、土地勘があるエリアの物件から検討するようにしましょう。

選び方7.治安が良いエリアの物件

治安が良いことも、良いワンルームマンションを選ぶ際に大事なポイントになります。治安が悪い場所であれば、入居者が確保が難しくなるためです。特に、女性の需要は激減するでしょう。

また、物件の資産価値や家賃が早期に下がる可能性もあります。治安が良いエリアであれば、男女問わず、幅広い年齢層の入居者層をターゲットにすることが可能です。良いワンルームマンションを選びたいのであれば、治安が良いエリアを探すようにしましょう。

選び方8.信頼できる不動産会社を見つける

良いワンルームマンションを見つけたいのであれば、信頼できる不動産会社を探すことです。信頼できる優秀な不動産会社は、収益性が高く魅力的な物件を紹介してくれます。

逆に、そうでない不動産会社は、自社が儲かる物件を紹介してくるため注意が必要です。評判や実績などをもとに、複数の不動産会社を比較して信頼できる不動産会社を選ぶようにしてください。

まとめ


ここでは、良いワンルームマンションの選び方8つについて紹介いたしました。最後にもう1度、ここで紹介した大事なポイントをまとめると、次の4点が挙げられます。

  • 駅から徒歩5分圏内など交通利便性が良い物件は賃貸需要が高い
  • 家賃が高い物件や無理なローンを利用する物件は避けた方が安心
  • 中古ワンルームマンションを購入する時は修繕状況を確認する
  • 土地勘があるなど自分が入居者視点に立てるエリアの物件はおすすめ

ワンルームマンション経営は、物件選びが非常に大事です。物件選びを失敗すると、収益を出すことは非常に難しくなります。逆に、物件選びにこだわれば、成功確率を高めることが可能です。

これからワンルームマンション経営を考えている方は、ここで紹介した内容を参考にして、良い物件を見つけましょう。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加