投資

ワンルームマンションは地震に強い建物!地震に強い3つの理由を紹介

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「ワンルームマンションが地震に強いって本当?他の建物と何が違うの?」
「ワンルームマンションは地震保険に加入できるの?保険料は安い?」

など、ワンルームマンションの耐震性について詳しく知りたい方は多いでしょう。価格が安く、節税効果も期待できることから、ワンルームマンション投資に興味を持っている方は非常にたくさんいます。
しかし、日本で不動産投資をするのであれば、地震をはじめとした災害リスクに気をつけることが重要です。災害リスクへの対策なしでは、失敗する可能性があります。

結論から言えば、ワンルームマンションは安全性が高く、地震に強い建物です。大地震が起きても被害を最小限に抑えられるでしょう。加えて、地震保険を活用すれば、補償も受けられます。ここでは、ワンルームマンションが地震に強い理由や地震保険について紹介していますので、ぜひご覧ください。

ワンルームマンションは地震に強い


日本で生活する以上、地震リスクがつきまといます。阪神・淡路大震災や鳥取県西部地震、岩手・宮城内陸地震、東日本大震災、熊本地震、北海道胆振東部地震など、他にも多くの震度6以上の大地震が発生しています。

そして、大きな地震が発生をすると、多くの建物が倒壊・崩壊し、人命が奪われることもあります。不動産投資にはさまざまなリスクがあり、その中の1つが地震などの災害リスクです。地震によって建物が被害を受けた場合は、大規模な修繕が必要になります。建物が地震に弱ければ、多額の費用がかかり、資金繰りが急激に悪化してしまうでしょう。

しかし、ワンルームマンションは地震に強いため、大地震が発生しても被害を最小限に抑えることが可能です。ここでは、新築ワンルームマンションが地震に強い3つの理由について、見ていきましょう。

ワンルームマンションが地震に強い理由

新築ワンルームマンションが地震に強い理由は、大きく以下3点が挙げられます。

鉄筋コンクリート造(または鉄骨鉄筋コンクリート造)

ワンルームマンションは基本的に鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造です。アパートのように木造ではありません。鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造は、建物の構造の中で最も安全性が高いものです。過去の大地震を見ても、新築鉄筋コンクリート造の建物が大きな被害を受けていることはほぼありません。

間仕切りが多く、柱や梁の数が多い

ワンルームマンションは、1フロアにたくさんの部屋があるため、間仕切りが多いのが特徴です。ファミリーマンションよりも柱や梁の数が多いため、安全性が高い建物と言えます。また、建物建設前の段階で地盤に問題がないか、業者が調査を行います。仲介業者が部門で行う場合もあれば、別の調査専門業者に依頼をすることもあります。地盤が軟弱など問題がある場合は、地盤改良工事を実施し、補強をします。

新耐震基準のもと建設されている

新築ワンルームマンションであれば、新耐震基準のもと建設されています。新耐震基準は、建築基準法改正によって誕生したもので、1981年6月1日に施行されました。施工日以降に建築確認を受けたマンションに対して、適用されています。

新耐震基準では、震度6クラス以上の地震でも倒壊・損壊しないことを基準にしています。それまでの旧耐震基準では震度5程度の地震が基準となっているため、新築物件は地震に強いです。このような理由から、新築ワンルームマンションは地震に強いと言われています。

中古マンションには注意

上記のようにワンルームマンションは地震に強い特徴がありますが、中古物件を買う時には注意が必要です。なぜなら、物件の中には旧耐震基準で建設された物件もあるからです。新耐震基準が施行されたのが、1981年6月なので、それ以前の建物には注意が必要になります。

先に紹介したとおり、旧耐震基準と新耐震基準では、地震に対する強度・基準に違いがあります。

  • 旧耐震基準:震度5程度の地震に耐えられること
  • 新耐震基準:震度6以上の地震に耐えられること

つまり、旧耐震基準で建設された建物は、震度6以上の大地震に耐えられない可能性があるということです。このように、法律の基準自体が異なるため、築年数が古い中古マンションを選ぶ場合は注意をしましょう。

ワンルームマンションは地震保険に加入できる?


新築ワンルームマンションが地震に強い建物とはいえ、不安な方は多いでしょう。そんな方には地震保険への加入がおすすめです。地震保険に加入していれば、被害を受けた際に補償を受けることができます。地震保険は火災保険に付帯しているため、火災保険とセットに加入する必要があります。

地震保険は、

  • 地震による損害
  • 地震による火災
  • 地震による噴火
  • 地震による津波

などが補償範囲で、建物や家財が補償対象です。火災保険は、以下の補償範囲であり、地震保険もセットで加入すれば、さまざまな補償を受けることが可能です。

  • 火災
  • 風災、雪災、雹災
  • 水漏れ
  • 飛来物等の落下
  • 破裂、爆発
  • 落雷
  • 床上浸水 など

ワンルームマンションでも地震保険に加入することができますので、地震リスクが不安な場合は、火災保険とともに入っておきましょう。

ワンルームマンションは保険代も安く災害にも強い


地震保険の保険料は、建物の構造や地域によって異なります。財務省の「地震保険制度の概要」によると、東京都の鉄骨鉄筋コンクリート造や鉄筋コンクリート造の場合、保険金額1,000万円・保険期間1年につき保険料は25,000円です。北海道だと7,800円、福岡だと7,100円になります。

以下は、構造別・主な地域の保険料です。

鉄骨鉄筋コンクリート造や鉄筋コンクリート造

  • 北海道:7,800円
  • 青森県:7,800円
  • 秋田県:7,100円
  • 埼玉県:17,800円
  • 千葉県:25,000円
  • 東京都:25,000円
  • 神奈川県:25,000円
  • 愛知県:14,400円
  • 京都府:7,800円
  • 大阪府:12,600円
  • 山口県:7,100円
  • 福岡県:7,100円
  • 沖縄県:10,700円

木造

  • 北海道:13,500円
  • 青森県:13,500円
  • 秋田県:11,600円
  • 埼玉県:32,000円
  • 千葉県:38,900円
  • 東京都:38,900円
  • 神奈川県:38,900円
  • 愛知県:24,700円
  • 京都府:13,500円
  • 大阪府:22,400円
  • 山口県:11,600円
  • 福岡県:11,600円
  • 沖縄県:19,700円

保険金額1,000万円・保険期間1年あたりの保険料

ワンルームマンションは鉄骨鉄筋コンクリート造や鉄筋コンクリート造になるため、地震保険料は木造よりも負担が小さくて済みます。ワンルームマンションは、建物の構造からして地震に強く、保険料も安いのが特徴です。

ただし、1階部分はなるべく避けた方がいいでしょう。なぜなら、大地震や集中豪雨の時に浸水リスクが高いためです。いくらワンルームマンションが地震に強い構造でも、低層階の浸水は防ぎようがありません。中層階〜上層階であれば、浸水リスクを大幅に軽減できます。

日本で暮らす以上、地震リスクがゼロになることはありません。長期運用を行う不動産投資においては、地震リスクへの対策が重要です。ワンルームマンションであれば、地震にも強く保険料が安いため、安心して不動産投資を始めることができます。

まとめ


ここでは、ワンルームマンションが地震に強い理由や地震保険について紹介いたしました。ワンルームマンションは構造上、地震に強い建物です。地震保険料も安いため、コストを抑えつつも、万が一の事態に備えることができます。

利回りや流動性、価格の安さなど、ワンルームマンションにはさまざまなメリットがあります。地震に強いことも考慮して、他の物件と比較するようにしましょう。ワンルームマンション投資を考えている方は、ぜひここで紹介した内容を参考にしてください。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加