投資

東京23区や川崎、横浜、大阪のワンルームマンション家賃相場はいくら?

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「東京23区のワンルームマンション家賃相場はいくらくらい?」
「大阪の家賃相場は?東京と利回りはどっちが良い?」

など、各エリアのワンルームマンション家賃相場や利回りが気になる方は多いでしょう。ワンルームマンション投資をする上で、押さえておきたい大事な情報です。家賃相場がわかれば、シミュレーションも立てやすくなります。

逆に家賃相場を知らないままだと、シミュレーションや物件・エリア選びも難しくなるでしょう。そこで今回は、東京23区や川崎、横浜、大阪のワンルームマンション家賃相場について紹介しています。

この記事を読めば、主要エリアのワンルームマンション家賃相場や利回りを把握することができます。ぜひ、ご覧ください。

東京23区

「不動産投資と収益物件の情報サイト 健美家 ( けんびや )」の「収益物件 市場動向 四半期レポート2020年1月〜3月期」によると、ワンルームマンションの利回り平均は東京23区が6.00%、価格は2,064万円になります。年間家賃収入は123万8,400円となり、月の家賃は10万3,200円です。

築年数別の平均利回りと価格、そこから算出する月家賃は以下のとおりです。

  • 築10年未満:利回り4.47% 価格3,295万円 家賃約12万2,700円
  • 築10年以上:利回り4.97% 価格2,571万円 家賃約10万6,400円
  • 築20年以上:利回り6.88% 価格1,526万円 家賃約8万7,400円

また、「LIFULL HOME’S」による、主な地域のワンルームマンション家賃相場は次のようになります。

  • 港区:14.76万円
  • 新宿区:9.75万円
  • 中央区:12.84万円
  • 千代田区:12.65万円
  • 文京区:9.76万円
  • 台東区:9.54万円
  • 墨田区:9.91万円
  • 江東区:9.79万円
  • 品川区:10.21万円
  • 目黒区:10.37万円
  • 世田谷区:8.56万円
  • 渋谷区:13.34万円

このように、東京23区のワンルームマンション家賃相場は9万円〜13万円前後になります。築年数が経つと家賃は下がりますが、健美家の情報を見てもわかるとおり、下落率はそこまで大きくありません。長期にわたり、高い家賃収入が期待できるエリアです。

東京その他

「健美家」のレポートによると、東京市部のワンルームマンション平均利回りは8.49%です。価格平均は1,310万円なので、年間家賃収入が約111万2,100円、月の家賃平均は約9万2,000円になります。

築年数別の平均利回りと価格、そこから算出する月家賃は以下のとおりです。

  • 築10年未満:利回り4.61% 価格2,589万円 家賃約9万9,000円
  • 築10年以上:利回り5.50% 価格1,837万円 家賃約8万4,000円
  • 築20年以上:利回り9.67% 価格1,067万円 家賃約8万5,000円

上記は平均になりますが、築10年〜20年以上のワンルームマンションの家賃相場はほとんど変わりありません。

また、「LIFULL HOME’S」による、主な地域のワンルームマンション家賃相場は次のようになります。

  • 多摩市:4.33万円
  • 東久留米市:5.05万円
  • 武蔵野市:7.84万円
  • 三鷹市:7.05万円
  • 府中市:5.61万円

健美家とLIFULL HOME’Sの家賃相場には開きがありますが、中間で考えると6万〜7万円前後です。23区に比べると価格も落ち着くため、6万〜7万円の家賃相場でも十分収益を出すことはできます。

神奈川県川崎・横浜

「健美家」のレポートによると、川崎市のワンルームマンション平均利回りは7.48%、平均価格は1,369万円で、年間家賃収入は約102万4,000円、月の家賃収入は約8万5,000円です。築年数別の平均利回りと価格、そこから算出する月家賃は以下のとおりです。

  • 築10年未満:利回り4.64% 価格2,704万円 家賃約10万4,000円
  • 築10年以上:利回り5.30% 価格2,158万円 家賃約9万5,000円
  • 築20年以上:利回り8.66% 価格869万円 家賃約6万2,000円

また、「LIFULL HOME’S」による、主な地域のワンルームマンション家賃相場は次のようになります。

  • 川崎区:5.99万円
  • 幸区:7.10万円
  • 中原区:7.21万円
  • 高津区:6.42万円
  • 宮前区:6.71万円

川崎エリアは人気のエリアということもあり、東京市部と家賃相場がそれほど変わりません。築年数や場所にもよりますが、6万円〜10万円前後の家賃収入が見込めます。

横浜市のワンルームマンション平均利回りは8.36%で、平均価格は1,082万円です。年間家賃収入は約90万4,000円で、月の家賃収入は約7万5,000円になります。横浜市の築年数別の平均利回りと価格、そこから算出する月家賃は以下のとおりです。

  • 築10年未満:利回り4.67% 価格2,206万円 家賃約8万5,000円
  • 築10年以上:利回り5.45% 価格1,971万円 家賃約8万9,000円
  • 築20年以上:利回り9.17% 価格843万円 家賃約6万4,000円

また、「LIFULL HOME’S」による、主な地域のワンルームマンション家賃相場は次のようになります。

  • 鶴見区:5.77万円
  • 神奈川区:6.12万円
  • 西区:8.77万円
  • 中区:6.66万円
  • 南区:5.27万円
  • 港北区:6.49万円
  • 都筑区:7.41万円

横浜エリアのワンルームマンション家賃相場は6万円〜9万円前後です。人気エリアではありますが、23区などに比べるとワンルームマンション価格は下がります。

大阪

「健美家」のレポートによると、大阪市のワンルームマンション平均利回りは6.40%、平均価格は1,394万円で、年間家賃収入は約89万2,000円、月の家賃収入は約7万4,000円です。築年数別の平均利回りと価格、そこから算出する月家賃は以下のとおりです。

  • 築10年未満:利回り5.14% 価格1,823万円 家賃約7万8,000円
  • 築10年以上:利回り5.77% 価格1,572万円 家賃約7万5,000円
  • 築20年以上:利回り7.84% 価格914万円 家賃約5万9,000円

また、「LIFULL HOME’S」による、主な地域のワンルームマンション家賃相場は次のようになります。

  • 西区:6.55万円
  • 福島区:6.46万円
  • 天王寺区:6.32万円
  • 浪速区:5.74万円
  • 北区:7.10万円
  • 中央区:7.96万円

大阪エリアのワンルームマンション家賃相場は5万円〜8万円程度です。23区に比べると家賃収入は下がりますが、価格は安く利回りは上回ります。そのため、無理なくワンルームマンション投資を始めることができ、長く安定した賃貸経営が期待できます。

まとめ

今回は、東京23区や川崎、横浜、大阪のワンルームマンション家賃相場について紹介しました。健美家やLIFULL HOME’Sなど調査企業によって数値は異なりますが、ある程度の相場感を把握することは可能です。

ただし、物件・エリア選びをする場合は家賃相場だけで判断しないようにしましょう。家賃相場だけを見れば東京23区が最も魅力的ですが、価格は高くなります。大阪は家賃相場は23区ほど高いわけではありませんが、価格や利回りは23区より魅力的です。家賃相場や価格、利回りなどを総合的に判断して考えることが大切です。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加