投資

ワンルームマンション投資は儲かる?「儲からない」と言われる理由や儲かるコツを紹介

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「ワンルームマンション投資って儲かるの?本当に利益は出る?」
「ワンルームマンション投資を始めたいけど「儲からない」って聞いた…」

など、ワンルームマンション投資が儲かるのか疑問を持っている人は多いでしょう。投資金額が大きく、いろいろな情報が出ているため、疑問や不安を抱く気持ちはわかります。

結論から言うと、ワンルームマンション投資で儲けることは可能です。ただし、儲けるためのコツや工夫が必要になります。コツや工夫を知らないまま投資を始めると、損してしまうでしょう。

ここでは、ワンルームマンション投資が儲からないと言われる理由や儲けるためのコツについて、紹介します。この記事を読めば、ワンルームマンション投資の成功確率を高めることができるでしょう。ぜひ、ご覧ください。

ワンルームマンション投資が儲からないと言われる理由

「ワンルームマンション投資は儲からない」と言われています。儲からないと言われる理由は、主に以下4点です。

利回りが低い

利回りは、物件価格等に対して家賃収入等の収入がどれくらいあるかを表した数値です。新築ワンルームマンションは価格が割高なので、利回りが低くなる傾向があります。なぜなら、新築ワンルームマンションの価格は、相場価格に「業者利益」や「広告費」「人件費」などが上乗せされているからです。価格が割高なので、家賃収入が高くても、利回りはどうしても低くなってしまいます。

空室になると収入がない

ワンルームマンション投資は空室リスクがあるため、儲からないと言われています。1棟買いのアパートやマンション投資であれば、部屋数が多いので空室リスクを分散することができます。1部屋空室が出ても、他の部屋に入居者がいれば一定の家賃収入を得ることが可能です。しかし、ワンルームマンション投資の場合は、1部屋しかないので「空室=家賃収入0円」になります。空室リスクを分散できないため、空室期間が長くなれば大赤字になります。

新築は家賃下落リスクが高い

新築ワンルームマンションの場合は、家賃下落リスクが高いため儲からないと言われています。なぜなら、最初は「新築」ということで高い家賃設定ができますが、2人目以降は新築として通用しないためです。家賃収入は最初こそ高いものの、どんどん下がっていきます。

入退去のたびに費用がかかる

入退去のサイクルが早いと、それだけで費用が嵩みます。退去者が出ると、ハウスクリーニングや修繕費用が出るためです。築年数が古くなるとリフォームやリノベーションも必要になります。

このような理由から、ワンルームマンション投資は儲からないと言われています。しかし、儲けている人もたくさんいます。

次項では、ワンルームマンション投資で儲けている人が押さえている「利益を出すコツ」について見ていきましょう。

ワンルームマンション投資で利益を出すコツ


ここでは、ワンルームマンション投資で利益を出す3つのコツについて、紹介します。これらのコツを知ることで、投資成功率を高めることができます。

以下、利益を出すための3つのコツを確認していきましょう。

  • 中古を選ぶ
  • 出口戦略を立てられる物件を買う
  • 空室が発生しにくいものを買う

中古を選ぶ

ワンルームマンション投資で利益を出すコツが中古を選ぶことです。中古であれば、新築のように業者利益やコストが多分に上乗せされておらず、相場に近い金額で購入できます。そのため、新築よりも高い利回りで運用することが可能です。家賃下落のスピードも新築より緩やかになります。

また、新築の場合は利回りや入居率、入居者層など、すべて「想定」でシミュレーションしなくてはなりません。中古であれば、すべて「実際」のデータを確認した上で判断ができます。

出口戦略を立てられる物件を買う

ワンルームマンション投資で利益を出したいのであれば、出口戦略を立てられる物件を買いましょう。具体的には「売却しやすい」「貸しやすい」物件を購入するということです。

売却しやすい・貸しやすい物件を購入すれば「●年は家賃収入を得て、●年後には売却する」など、出口戦略を描くことができます。出口戦略を立てられる物件であれば、ゴールが明確なので安心して運用ができますし、計画修正も簡単です。

逆に、出口戦略を立てられない物件であれば「なんとなく」で所有を続けることになり、売り時や貸し時を逃して赤字になる可能性が高くなります。

ワンルームマンション投資で成功したいのであれば、売却しやすい・貸しやすい優良物件を購入しましょう。優良物件を購入するには、優秀な不動産会社を探すことが大事です。優秀な不動産会社であれば、顧客の利益を優先して動いてくれるので、優良物件を紹介してくれます。優秀な業者を見つけるためにも、複数業者の実績や評判を比較するようにしましょう。

空室が発生しにくいものを買う

空室が発生しにくい物件を買うことも、ワンルームマンション投資で利益を出すコツです。空室リスクが低いと入居率が高くなるため、安定したキャッシュフローを確保できます。空室が発生しにくいワンルームマンションとは、次のような物件です。

  • 駅近で通勤・通学に便利な場所にある
  • 商業施設やお店が近く便利な場所にある
  • 治安が良い場所にある
  • ニーズを捉えた設備がある
  • 家賃が割高ではない
  • 管理会社が優秀である
  • 人口増加が続くエリアにある

このようなワンルームマンションであれば、空室リスクを低く抑えることができ、安定した収入が期待できます。

一定期間所有して売値が同程度になれば儲かる

ワンルームマンション投資で儲ける方法の1つが、一定期間所有して売値が同程度になったタイミングで売却することです。たとえば、「2,000万円の物件を利回り5%で10年間運用し、90%の売値で売却をする」などです。利回り5%だと年間収益は100万円で、10年間の収益は1,000万円になります。そして、10年後に90%の1,800万円で売却ができれば、コスト面を考えても多くの利益を得ることになります。

上記はあくまでも仮の話になりますが、入居率の高い物件を購入できれば「8年間は利回り4%で家賃収入を得て、●●万円で売却する」など、家賃収入と売却益によって、儲けることが可能です。投資マンションの売却額は収益性が大きく影響するので、入居率が高い物件は高額で売ることができます。

一定期間所有をして、売値が同程度になったタイミングで売却して儲ける方法も視野に入れましょう。

まとめ


ここでは、ワンルームマンション投資が儲からないと言われる理由や儲けるためのコツを紹介しました。最後に、ここで紹介した重要なポイントを以下3点まとめています。

  • ワンルームマンションが儲からないと言われるのは「利回りの低さ」や「家賃下落リスク」から
  • 中古で空室リスクが低い物件を購入できれば利益が出やすい
  • 良い業者を探せば優良物件を掴みやすくなり成功確率が高くなる

「ワンルームマンション投資は儲からない」とも言われますが、儲かっている人はたくさんいます。他の投資同様、安易に始めても儲かることはありません。利益を出すコツを押さえることで、成功確率を高めることができます。ワンルームマンション投資を検討している方は、ぜひここで紹介した内容を参考にしてください。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加