投資

ワンルームマンションで人気のある外観とは?物件探しではどこをチェックすればいい?

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「ワンルームマンションはどんな外観が人気があるの?」
「中古ワンルームマンションを選ぶ時は、外観のどこをチェックすればいい?」

など、ワンルームマンションの外観について疑問を持っている方は多いです。外観がマンションの雰囲気や第一印象を決める可能性は高く、入居率などにも影響するため疑問を持つことは当然と言えます。

そこで今回は、ワンルームマンションで人気のある外観などについて、紹介しています。これから、ワンルームマンション投資を考えている方は参考にしてください。

ワンルームマンションで人気のある外観


ワンルームマンションで人気があるのは「タイル張り」や「清潔感」のある外観になります。性能が良くメンテナンス費用を抑えることができ、第一印象も良いからです。

外観はマンションの第一印象に大きな影響を与えます。外観が良くなかったり、需要に合ったものでなければ、入居者を集めることができません。ここでは、ワンルームマンションで人気のある以下4つの外観について、紹介しています。

1.タイル張りの外観
2.清潔感のある外観
3.スタイリッシュな外観
4.重厚感のある外観

1つずつ、確認していきましょう。

1.タイル張りの外観

ワンルームマンションで人気のある外観の1つが、タイル張りになります。タイル張りは高級感があり、機能面やメンテナンス面が優れているからです。そのため、最近のマンションはタイル張りがスタンダードになっています。

マンションの外観は建物の雰囲気を決め、第一印象に大きな影響を与えます。吹付け塗装よりも高級感を醸し出し、耐久性や耐水性、耐火性などが優れている点がタイル張りのメリットです。また、メンテナンス費用を抑えられるのも特徴になります。ただし、初期費用が高くなりがちな点がデメリットです。

タイル張りは、初期費用こそかかりますが、高級感がありメンテナンス費用を抑えられることから人気の外観です。

2.清潔感のある外観

清潔感のある外観も、ワンルームマンションで人気があります。清潔感があるマンションは、借主が良い印象を持つからです。

たとえば、

  • 新築物件で白を貴重とした外観
  • 外壁や配管がキレイな中古物件
  • 管理が行き届き敷地内がキレイな物件

など、キレイな物件は清潔感があるので、借主が見つかりやすいです。逆に、外壁や配管に汚れが目立つ物件や、管理が行き届いていなくて敷地内が汚い物件は、借主が見つかりづらい可能性があります。清潔感がなく、印象が良くないからです。

清潔感の有無で物件の入居率は大きく変わることも多いです。貸主にも借主にも、外観に清潔感のあるワンルームマンションは人気があります。

3.スタイリッシュな外観

スタイリッシュな外観のワンルームマンションも人気があります。モノトーンカラーやシックなデザインの外観は、オシャレにこだわりたい人などに人気です。他の物件と一線を画す個性的な外観デザインのマンションに住むことができます。

特にデザイナーズマンションなど、室内も凝ったデザインのワンルームマンションはスタイリッシュな外観に仕上がっていることが多いです。若者をターゲットとしているワンルームマンション投資を考えている方は、スタイリッシュな外観を検討してみるのも1つの手です。

4.重厚感のある外観

ワンルームマンションで人気があるのが重厚感のある外観です。都心にあるような富裕層向けの高級分譲や賃貸マンションでよく見られます。室内の仕様や設備もハイグレードであることがほとんどで、家賃は高めです。

高級マンションに憧れを持つ人は多いので、築年数が経っても高い賃貸需要が期待できます。ハイグレードのワンルームマンション投資を考えている場合は、外観も重厚感があるものを選びましょう。

中古ワンルームマンションを選ぶ時の外観チェックポイント


中古ワンルームマンションを選ぶ時は、以下4つのポイントをチェックするようにしましょう。これらのポイントを確認することで、入居率の低い物件やコストが高いマンションを回避することが可能です。

1.配管が汚れたりしていないか
2.タイルが破損していないか
3.外壁にひび割れが入っていないか
4.自転車置き場やゴミ置き場はキレイに使われているか

それぞれの内容について、確認していきましょう。

1.配管が汚れたりしていないか

中古ワンルームを選ぶ時の外観チェックポイントの1つが、配管が汚れていないかです。配管が汚れていると、借主の印象が悪くなるからです。外壁に目が奪われがちですが、配管もしっかりとチェックをするべきです。

配管の傷みが激しい場合は、大規模修繕前に補修・交換が必要になる可能性もあります。その場合は、ワンルームマンション購入費用に加えて多額のコストがかかることになります。そうなれば、収支シミュレーションが狂いますし、ローン負担が増え安定したキャッシュフローを確保できない可能性があるので注意が必要です。

外観を確認する際は配管が汚れたりしていないか、チェックするようにしてください。

2.タイルが破損していないか

タイルが破損していないかも、中古のワンルームマンションを選ぶ時は確認をしましょう。タイルが破損していては、入居を検討している人に良い印象を与えることができません。

「このマンションは管理が行き届いていない」「他にも破損や不具合が発生している箇所があるかもしれない」など、不安を抱き、物件選びの選択肢から外される可能性があります。

また、配管同様、想定外の修繕費用が発生する恐れがあります。収支にも関わってくる部分なので、タイルが破損していないかチェックするようにしましょう。

3.外壁にひび割れが入っていないか

中古ワンルームマンションを選ぶ時は、外壁にひび割れが入っていないかも確認をしましょう。ひび割れがあると、建物の品質や管理を疑われ、借主に安心感を与えることができないからです。

そのため、高い入居率を維持できず、安定した賃貸経営ができなくなります。また、補修に関するコストが発生する可能性もあります。

外壁にひび割れがあると「このマンションの耐久性や耐震性は大丈夫なの?」など、不安に感じる人は少なくありません。外壁にひび割れがないかもチェックするようにしてください。

4.自転車置き場やゴミ置き場はキレイに使われているか

外観という意味では、自転車置き場やゴミ置き場も中古ワンルームマンションのチェックポイントになります。自転車置き場やゴミ置き場の使い方が汚いと、借主に良い印象を与えることができないからです。

建物の雰囲気が悪く、入居率が非常に低くなる可能性もあります。購入したマンションを売却しようとしても思うような価格が付かず、多額の売却損を出す恐れがあります。

安定した賃貸経営を送るためにも、自転車置き場やゴミ置き場はキレイに使われているかチェックをしましょう。

まとめ


今回は、ワンルームマンションで人気のある外観などについて、紹介しました。最後に大事なポイントをまとめています。

  • 外壁が建物の雰囲気や第一印象に与える影響は大きい
  • 「タイル張り」「清潔感」「重厚感」などがある外観が人気
  • 中古ワンルームマンションを選ぶ時は汚れや破損がないかチェックをする

これからワンルームマンション投資を考えている方は、キレイな外観の物件を選ぶようにしましょう。借主に与える印象が良く、入居率が高くなる可能性があるからです。

外観にもこだわって物件選びをするようにしましょう!

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加