おすすめ副業

梱包バイトはきついって本当?梱包バイトの仕事内容まとめ

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

梱包のアルバイトが気になっている人は、いい評判も悪い評判も聞いたことがあるかと思われます。そこで気になるのは、「梱包バイトって実際どうなの?」というところですよね。

今回の記事では、梱包バイトの仕事内容に迫ります!梱包のアルバイトに興味がある人にとって参考になる情報をまとめたので、ぜひ読んでみてください。

梱包バイトの仕事内容


まずはじめに、梱包の意味から時給・待遇面まで詳しく説明します。さっそく、梱包バイトの仕事内容をチェックしていきましょう。

梱包とは商品を配送できる状態にすること

梱包とは、商品を配送できる状態にする作業を指します。基本的に、ピッキングや検品し終わった商品を段ボールや袋に入れていくのが梱包の仕事です。ただし、仕事先によってピッキングから梱包までの一連の業務を任される場合もあります。

梱包は、単純に物を詰め込んだらいいというわけではなく、詰める商品に適切な箱のサイズを選んで、安全に運ばれるように工夫を施すことが必要です。

  • 食品
  • 日用雑貨
  • 電化製品
  • 洋服 など

上記のようなさまざまな製品がネットで購入できる現代では、梱包する商品も仕事先によって変わるので、慣れないうちは苦戦するかもしれません。しかし、仕事は基本的に単純な作業の繰り返しになるので、すぐに仕事を覚えられるはずです。

また、「引っ越しの荷物の梱包作業」「商品のラッピング」というのも梱包に含まれ、工場や倉庫以外にも働ける職場があります。

時給の相場

梱包バイトの時給の相場は、勤務地や仕事先によって左右されますが1,000円前後です。24時間体制の倉庫や工場で深夜の時間帯に働くのであれば、日勤の時給から25%アップします。そのため、梱包バイトは短期でも、勤務先や時間帯によっては高額報酬を狙うことができるでしょう。

一般的な待遇

梱包バイトは、

  • 長期勤務
  • 短期勤務
  • 1日OK
  • 日払い・週払いOK

というように、勤務先によってさまざまな待遇で働けます。
直接雇用や派遣など条件も幅広いので、単発で稼ぎたいと考える人から、長期で安定して働きたいと考える人まで、自分に合った働き方を叶えられる可能性大です。

梱包バイトのおすすめできるポイント


梱包バイトには、この仕事ならではの魅力があります。ここでは梱包バイトのおすすめできるポイントを紹介します。

仕事が覚えやすい

梱包は単純な作業が中心なので、仕事が覚えやすいのが魅力です。商品が安全に運ばれるための工夫が必要とはいえ、「箱・袋に詰める」が基本的な作業。仕事をはじめてから比較的早いタイミングで、梱包するコツは身につくはずです。

また、覚えやすい作業が主な仕事なので、未経験でもはじめられるという魅力も梱包バイトにはあります。

コミュニケーションが苦手でもOK

梱包バイトは、1人でもくもくと作業することが多いので、コミュニケーションが苦手な人でも気兼ねなく働けます。ある程度のスピードと正確さは求められますが、基本的に自分のペースで仕事を進めることが可能です。

対人スキルに不安がある人にとっては、コミュニケーションが苦手でも働ける職場は魅力的ですよね。

覚えた作業が日常で役立つことも

梱包バイトで覚えた作業は、日常で役立つ場合もありますよ。たとえば、自身や友達の引越しのときは、隙間なく詰める方法や壊れないように入れるコツが役に立ちます。また、ラッピングのバイトをしていたなら、自分できれいに包装してプレゼントすることも可能に。

日常のシーンでも仕事で覚えたスキルが発揮できるということは、些細なことでも嬉しいものです。

成長ややりがいを感じられる

梱包バイトは作業が単純な分、自分の成長がわかりやすいです。作業のスピードが上がったり、きれいに詰められたりすると仕事の質が上がったと自分自身感じられます。また、成長を感じると仕事に対して意欲的になり、やりがいも感じることができるでしょう。

成長ややりがいを身近に感じながら働けるということは、梱包バイトの大きな魅力といえます。

きつい?梱包バイトのマイナスな一面


梱包バイトは、魅力が多い反面、「きつい…」と感じるようなマイナスな一面もあります。そんな梱包バイトのマイナスな一面も見ていきましょう。

流れ作業はミスできない

梱包バイトは、基本的に自分のペースで働けますが、流れ作業だとそうはいきません。ミスしたり、スピードが遅かったりすると周りの作業まで止めてしまう原因になるので、他の仕事より緊張感のレベルが違います。

ミスできない空気感の中で仕事するのは精神的に負担が大きいので、梱包バイトを「きつい」と感じる人も少なくありません。

不器用だと辛い場合がある

梱包の作業は、単純な作業が中心なので器用さを求められることはありませんが、不器用だと自覚している人は辛い場合があります。不器用だと、箱に詰めるのが雑になってしまったり、封をするときにミスしたりと些細なところで周りに差が出てしまう可能性があるのです。

そして、作業のスピードや正確さに影響してしまい、自分自身へこんでしまうことも…。「誰でもはじめられる」「簡単」といわれる仕事でも、向き不向きがあるので仕方ないことですが、不器用な人は梱包バイトは避けたほうが無難な場合があるようです。

志望動機に悩みがち

梱包バイトは志望動機に悩みがちなので、求人に応募する際は意外と苦戦するかもしれません。梱包という仕事自体、特別なスキルや経験がなくてもできるもの。そのため、応募の志望動機を考えるときに、頭をひねらせなければなかなか思いつかない人は多いと思われます。

志望動機は、未経験から梱包バイトをはじめる人にとってはじめにぶつかる悩みでしょう。

梱包バイトを副業にするときの選び方


梱包バイトを副業に考えているなら、自分に合った仕事を選ぶのがポイントですよ。最後に、梱包バイトを副業にするときに参考にしてほしい選び方を紹介します。

工場より在宅がおすすめ

梱包バイトを副業に考えているなら、工場より在宅がおすすめです。本業と両立させることを考えたら、在宅の梱包バイトのほうが自由度が高めで、自分でやりやすい環境を整えて仕事できます。

ただし、梱包するためのスペースが必要だったり、製品に対する気配りが求められたりと大変な場合もあるため、仕事条件や内容を十分考慮して決めましょう。条件や環境によっては工場や倉庫のほうがメリットがある場合もあります。

とはいえ、「本業としっかり両立させたい」「副業で通勤したくない」と考えるなら、在宅の梱包バイトがおすすめです。

引っ越し・包装など好みで選ぶのもアリ

副業で梱包バイトをするなら、「引っ越しの梱包楽しそう」「包装やってみたい」というように好みで選ぶ方法もアリです。

本業と副業を両立させるコツの1つは、「好きな仕事を選ぶこと」。そのため、梱包の中でも好きな商品や作業に携われる職場を選ぶ方が長続きしやすいですし、結果的に目標額を稼げるはずです。

どの梱包バイトを副業にしようか迷っている人は、好きなものを基準に選ぶ方法を試してみてください。

本業とのバランスを考える

本業とのバランスを考えることも、梱包バイトを副業にするときのポイントになります。働き方や体への負担を考えたら、梱包バイトを副業にできるかできないかの判断基準になるはずです。また、バランスよく働ける職場の基準もはっきり定まるので、仕事を探すときも役立ちます。

梱包バイトを副業にするときは、本業とのバランスを考慮してみてください。

まとめ:梱包バイトはいい面も悪い面も考慮して選ぼう


梱包バイトは、商品を発送できる状態にする仕事です。単純な作業が中心なので、仕事は覚えやすく、未経験からでもはじめやすいバイトといえますが、マイナスな面もないわけではありません。梱包バイトをはじめるなら、いい面も悪い面も考慮して選びましょう。

また、梱包バイトを副業に選ぶ場合も同様です。いい面・悪い面に加えて本業とのバランスを考え、無理のない範囲で働けるかを見極めてみてください。

短期・単発OKのバイト情報はこちらから
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加