おすすめ副業

理学療法士におすすめの副業7選!自分に合った副業の選び方も公開

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

理学療法士として仕事に励んでいる人の中には、副業で収入アップを狙っている人も多いのではないでしょうか。
今回は、

  • 「副業したいけどどんな仕事ができるかな?」
  • 「副業を始めるメリット・デメリットって?」
  • 「選ぶ基準があれば知りたい」

と考えている理学療法士のみなさんのために、副業を始めるときの注意点からおすすめの副業まで、役立つ情報を大公開します。

理学療法士が副業を始めるときの注意点


まずはじめに、理学療法士が副業を始める前に確認しておきたい注意点をチェックしていきましょう。

副業OKか禁止かをチェックする

副業を始める上で確認しておきたいのが、副業がOKなのか、禁止されているかどうかです。理学療法士が副業できるのかは、法律ではなく勤務先の就業規則によって定められています。

理学療法士のみなさんは副業を始めたい場合、会社の就業規則をチェックしておきましょう。

確定申告を忘れない

副業する場合に忘れてはいけないのが確定申告。副業で年間20万円以上の所得がある場合は、確定申告をしなければいけません。

確定申告の必要な手順や書類は、副業の勤務形態や所得額によって異なります。そのため、あらかじめ確定申告に関する情報を頭に入れておくと、安心して副業を進めることができるでしょう。

副業で頑張って稼ごうと思っている人は、確定申告のこともあらかじめ考慮しておくことをおすすめします。

無理のない範囲で働く

無理のない範囲で働くという点も、副業を始める際に注意しておきたいポイントです。副業を始める多くの人は、今よりも収入アップを目指し、稼ぐことを重視しがちです。

そうした理由から、睡眠時間を削ったり、体の不調を我慢したりなど無理して働く人も少なくありません。本業や自分の体に支障をきたすような働き方では副業を続けることは難しく、結果、稼ぐこともできなくなってしまいます。

副業を始める場合は、スケジュール管理も徹底して、無理のない範囲で働くようにしてください。

理学療法士が副業するメリット・デメリットは?

理学療法士が副業するメリット

理学療法士が副業するメリットは、以下のような点が挙げられます。

  • 収入アップで生活が楽になる
  • 視野が広がる
  • 転職のチャンスがある

理学療法士が副業するメリットは、やはり収入アップして以前より楽な生活が送れることでしょう。また、本業とは違った形態で働いたり、知識が増えたりすることで、視野を広げることも可能です。

副業で条件のいい職場に出会う可能性もあり、転職のチャンスに恵まれることも理学療法士が副業するメリットといえます。

理学療法士が副業するデメリット

理学療法士が副業するデメリットは以下の通りです。

  • 負担が増える
  • 本業に支障が出る可能性がある

副業すると、どうしても勤務時間が長くなってしまうので、精神的・肉体的にも負担が増えます。また、副業にモチベーションが傾いて本業を疎かにしてしまう可能性も否定できません。

しかし、副業をしているおかげで本業もやる気が出たり、メリハリを付けて働けたりするケースも多いです。理学療法士が副業するメリット・デメリットは、働き方や環境によって大きく異なります。

理学療法士におすすめの副業


続いて、理学療法士におすすめの副業を紹介します。副業を始めたい理学療法士の人は、ぜひ参考にしてみてください。

休日開業

理学療法士の知識や経験に加えて、鍼灸師や柔術整復師などの資格を取得し、休日開業をする道があります。休日開業は自由度が高い働き方ができるので、本業が忙しい人でも両立させやすいでしょう。

資格取得や開業準備に時間や労力がとられますが、やりがいを持って働けるという点も魅力。休日のみの開業なら、比較的初期費用を抑えられることもメリットとして挙げられます。

理学療法士の知識を活かして自由な働き方がしたい人は、休日開業という働き方がおすすめです。

講師業

理学療法士の知識は、講師業で活かすこともできます。一般向けの健康セミナーや同業種向けのセミナーなど、理学療法士が講師として活動できる場は意外と多いです。

講師として働きたい人と、セミナーを受けたい人とを繋ぐマッチングサービスを利用すれば、さらに活躍の可能性を広げることができるでしょう。おすすめのサービスにストアカ(https://fukugyo-beginner.net/recommends/street-academy/)があるので、ぜひチェックしてみてください。

webライター

文章が書くことが好きな理学療法士の人は、webライターを副業にしてみてはいかがでしょう。専門知識を持ったライターは重宝されるので、未経験からでも稼げる可能性はあります。

クラウドソーシングサイトを活用すれば、初心者でも仕事を受注できるので、ハードルは比較的低いです。基本的に在宅で仕事ができるので体の負担も少なく、本業と両立させやすい環境で働くことができます。

副業で月25万稼ぐライターが徹底解説!仕事内容・報酬・案件獲得方法会社員の私は半年前に副業としてライターを始めました。本業はもちろん疎かにはしていません。実体験に基づいて、副業ライターの仕事内容や報酬金...

ブログ運営(アフィリエイト)

本業以外の好きな時間に働きたい人は、ブログを運営し、アフィリエイトという手法を使って稼ぐ副業もおすすめ。アフィリエイトは、自分のブログ・サイトで企業の代わりに商品やサービスを宣伝し、それが購入された場合に報酬が発生する仕組みです。理学療法士の知識と組み合わせれば、ブログ記事も書きやすいでしょう。

ただし、アフィリエイトは稼げるようになるまで時間がかかる場合が多く、相当の努力と忍耐が必要です。取り組む場合は、その点を十分考慮しておいてください。

趣味や特技を活かした在宅ワーク

「理学療法士と全く違う仕事がしたい!」という人もいるでしょう。そんな人は、ハンドメイドやイラストなど、趣味や得意なことを活かした在宅ワークで副業する方法があります。

趣味や得意分野を仕事にするので、やりがいをもって楽しみながら働けるはずです。また、在宅ワークなら本業が終わってからの時間や休日を利用して作業できるので、スケジュール管理も自分次第。理学療法士と異なった職種でも、両立させることは難しくないでしょう。

本業と異なる環境、気持ちで働きたい人は、自分の趣味や特技を活かせる道を模索してみてください。

理学療法士が両立させやすい副業アルバイト


副業の選択肢には、アルバイト勤務で働く方法もあります。ここでは、理学療法士が両立させやすいアルバイトを紹介します。

軽作業やコンビニなどの短時間バイト

単純に収入アップが目的なら、シフトに融通が利くアルバイトの職場を副業に選ぶのがおすすめ。軽作業やコンビニ、インターネットカフェなどは夜間勤務があったり、短時間OKだったりと、本業がある人でも柔軟な働き方ができる職場が多いです。

ただし、仕事内容によっては体力を多く使うことになるので、体調管理には気を配るようにしましょう。

ジムやスポーツセンター

アルバイトでも理学療法士の知識や経験を活かしたいなら、ジムやスポーツセンターを職場に選んでみてください。ジムやスポーツセンターで理学療法士のスキルを発揮することにより、さらなる知識のアップデートも期待できます。

理学療法士として、新たな可能性に気づくきっかけになるかもしれません。ジムやスポーツセンターのアルバイトは、本業にも活かせる経験を積むことができ、収入アップも叶います。

理学療法士が副業を選ぶときのポイント


おすすめの副業はさまざまな種類・数がありますが、最終的に何を選ぶのかは自分自身が判断すること。これから紹介する理学療法士が副業を選ぶときのポイントを、参考にしてみてください。

自分に合っているかどうか

副業を選ぶ際に重要なポイントは、自分に合っている仕事かどうかです。理学療法士の知識が活かせる副業であっても、働き方や仕事内容に納得いかなければ、続けることはできません。反対に、全く違う職種でも自分の好きなことができるのであれば、働く時間が増えても苦にならずに稼げる可能性があります。

人によって副業に求める基準や価値観は違うもの。副業に取り組む場合は、その仕事が自分に合っているかをしっかり考慮してみてください。

本業と両立できるか

副業は、本業あっての仕事。スケジュール管理が難しかったり、本業に支障が出るような働き方をしなければいけなかったりなど、両立できそうにない仕事は副業として不向きです。

本業が副業の支えに、副業が本業の励みになるような状態が理想といえます。副業を選ぶポイントとして、本業と両立できるかどうかも考えてみましょう。

必要な資金・時間

副業で新たに開業したり、違う分野にチャレンジしたりするのであれば、必要な資金や時間も選ぶ際のポイントです。

資金を投じないといけなければいけない場合は、資金の額や準備方法も確認しなければいけません。すぐに収益が出そうにないなら、どれくらい時間がかかるのか、その期間の資金繰りはどうするのか、といったことも計画に入れて動く必要があります。

また、そうした資金や時間をかけたくないのであれば、違った選択肢が出てきますよね。副業を選ぶ際はしっかりと計画を立てていくと、自分のやりたい副業が自然と見えてきます。

まとめ:自分に合った副業を選べば理学療法士の仕事も頑張れる


理学療法士の副業は、本業の知識や経験を活かせる職場・職種を選ぶことができるので、選択肢は意外と多いです。

  • 休日開業
  • 講師業
  • webライター
  • ブログ運営(アフィリエイト)
  • 趣味・特技を活かした在宅ワーク
  • アルバイト

どんな副業を選ぶとしても、自分に合った仕事内容・働き方を選ぶことが重要なポイント。自分に合った副業なら、本業にも張り合いが出て、より豊かな生活を送ることができますよ。理学療法士で副業を検討中の人は、ぜひ自分に合った仕事を模索してみてください。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加