投資

不動産投資はマンションだけではない!不動産投資の種類とリスクについて

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

不動産投資の投資対象不動産は、マンションや戸建が主流ですが、その他にも貸しビルや駐車場など、様々な種類があることをご存知でしょうか?

今回は、不動産投資にはどのような種類があるのか、そして、それぞれどんなリスクがあるのかを解説していきますので、最後までお読みください!

不動産投資の種類


「不動産投資にチャレンジしてみたいけど、一体何に投資すればいいのだろう?」

不動産投資初心者の方にとって、まず壁にぶち当たる1つの疑問点ではないでしょうか?

不動産投資の代表格といえば、マンションや戸建ですよね?

マンションの1室、あるいはマンションを丸々1棟、そして戸建を購入し、賃貸することで家賃収入を得るというスキームです。

実は、マンションや戸建といった投資対象不動産は、これら以外にも、貸しビルや駐車場と幅広いものとなっています。

これから不動産投資をしてみようかなと検討している方に、投資対象となる不動産の種類について詳しく解説します。

マンション・戸建

まず、ご紹介するのが、マンション・戸建です。

マンションは、丸々1棟を購入することができますが、いきなり1棟は怖い、購入資金が用意できないといった場合には、1室のみを購入することもできます。

マンションは老若男女問わず、入居者がつきやすいという点が特徴の1つです。さらに、間取りによっては、単身・ファミリー層とターゲットを絞りやすく、不動産投資初心者の方は、始めやすい投資物件といえます。

マンションと同じく、戸建も不動産投資初心者の方にとって始めやすい投資物件です。

戸建は、単身向けというよりは、間取りが広く、さらに子どもがいるご家庭では、騒音がマンションよりも気にならないということで、ファミリー層に人気があります。

貸しビル

貸しビルは、店舗や事務所として賃貸するビルを指します。貸しビルの借主は、企業や個人事業主が多くなっています。

マンションや戸建と比べると、規模が大きいため、高く家賃設定をすることができ、多くの家賃収入を得る事が期待できます。

大きな道路に面している、駅近、1階といった条件は、顧客を取り込みやすいという点で、人気があるため、貸しビルで不動産投資を始める場合は、立地条件をよく考慮する必要があります。

駐車場

不動産投資と聞くと、建物のイメージを持っている方が多いと思いますが、駐車場のような土地のみの場合でも、不動産投資を行うことができます。

街中でよく見かけるコインパーキングも立派な不動産投資の対象不動産ということになります。

駐車場はマンションや戸建と異なり、土地のみの取得となるため、初期費用をかなり抑えることができるのが特徴です。

不動産投資のリスクとは

マンション・戸建

マンション・戸建の主なリスクは、
①空室リスク
②災害リスク
③滞納リスク
です。

①空室リスク
不動産投資で何と言っても厄介なのが、空室リスクです。

不動産投資を始めてから順調に家賃収入を得ていたのに、いきなり入居者が続々と退去し、その後も次の入居者が決まらず、家賃収入が大幅に減るということはざらにあります。

この空室リスクは、保有している戸数が多ければ多いほど高まるので、マンションを丸々1棟購入しようと考えている方は、特に要注意です。

初期費用を押さえようと安い物件を購入してしまうと、駅から遠い、築年数が古いなど立地条件が悪くなり、入居者がつきにくく、空室リスクを高めてしまう恐れがあります。

マンション・戸建を検討する場合は、多少価格が高くても、駅から近い、築浅、スーパーやコンビニが近くにたくさんある物件だと、人気があるため入居者がつきやすく、空室リスクを軽減することができます。

②災害リスク
ここ数年、地震や台風による大災害が日本でも増えてきています。

もし、投資物件が地震や台風による災害で損傷を被ってしまった場合、貸主には、借主が安全に暮らせるよう修繕する義務があるため、早急に対応しなければなりません。

しかし、軽度の損傷であれば費用もそこまで高額にはなりませんが、半壊や全壊になってしまうと高額な修繕費となるため、支払うのが困難になってしまいます。

マンションや戸建の場合は、このような災害リスクが潜んでいることを頭に入れておかなければなりません。

災害リスクを軽減するには、万が一の事を想定して、火災保険や地震保険に加入することをおススメします。

保険に加入すると、保険料を支払わなければならないので費用はかかりますが、いつどこで災害が起こるかは、誰も予測できません。

もし、災害で投資物件を修繕しなければならない状況になっても、保険に加入していれば、保険金がもらえるので、そのもらった保険金で修繕することができるので、費用面では安心して不動産投資を継続することができますよ。

③滞納リスク
不動産投資の利益は、家賃収入から成り立っていますよね?その家賃を入居者が支払ってくれないケースがあります。いわゆる家賃滞納です。

家賃滞納はお金がからんでいるので、大きなトラブルになりかねません。貸主自主管理であれば、貸主自身が、家賃の取り立てを行わねばならず、時間をとられてしまいます。

ここで助けになるのは、管理会社の存在です。管理会社は入居後の入居者のフォローをしてくれるので、滞納リスクも軽減されます。

管理会社が間に入ると、当然管理会社に報酬を渡さないといけないので支出が増えますが、こういった家賃滞納などのトラブルが起こった際には対応してくれるので、安心して不動産投資を継続できます。

信頼のできる管理会社を選定し、リスクヘッジを行いましょう!

貸しビル

貸しビルを不動産投資の対象とした場合、企業の業績悪化というリスクがあります。

企業は、業績が悪化すると、店舗を閉めたり、今よりも家賃が安い所に引越ししようとします。貸しビルは、マンションや戸建よりも高い家賃設定になっているので、空室となると、利益が大きく軽減するので、不動産投資を行う上では、かなりのダメージとなります。

貸しビルで不動産投資をする場合には、借主である企業の経営状況はもちろんのこと、日本の経済状況にも着目するといいでしょう。

駐車場

駐車場は、税制上の優遇措置が受けられないというリスクがあります。

不動産を保有すると発生する税金の種類として、
・固定資産税
・都市計画税
があります。

固定資産税や都市計画税の優遇措置の対象となるには、「住宅用地」である必要があります。駐車場の場合は、この住宅用地に該当しないため、税制上の優遇措置を受けれないという訳です。

さらに、駐車場の場合は、地域・立地場所によって異なりますが、車1台あたりの月額の賃貸料は、数千円~高くても2,3万円が相場となり、マンションや戸建と比較すると、収入が圧倒的に少なくなります。

初期費用を抑えられるとはいえ、毎月の収入がさほど期待はできないという点がリスクといえるでしょう。

まとめ


不動産投資にはマンションや戸建以外にも色んな投資対象不動産があることを学びましたね?

各々少なからずリスクを伴っているのが現状ですが、事前にこのリスクについて把握していれば、リスク軽減の対策を練ることができます。

どういったリスクがあるのかをきちんと理解し、不動産投資を成功させましょう!

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加