駐車場シェア

初期投資不要!駐車場貸しのおすすめサービスで初めてでも確実に稼ぐ方法。メリット・デメリットも徹底解説

土地を有効活用しながら、手堅く副業したい人に注目されているのが駐車場貸し、駐車場経営です。アパート経営などに比べて初期投資がかからない駐車場貸しは、将来的な土地の転用にも柔軟に対応できるためリスクが少なく、手軽にはじめられるのがその要因といえるでしょう。

しかし「駐車場に転用できる土地がない」「駐車場設備を設置する資金がない」から、自分には関係ない副業だと思い込んではいないでしょうか?実は、1台分の駐車スペースしかなくても、また常にそのスペースが空いてなくても、駐車場貸しのできる「駐車場シェア」というサービスがあるのです。

ここ1〜2年で新たなサービスも登場し、ますます活気づく「駐車場シェア」とは、どのようなサービスなのか?その仕組みやメリット・デメリット、従来の駐車場経営とどのように異なるのか、実際どのくらいの副収入が手に入るのか、といった内容をわかりやすく紹介します。

最後に代表的なおすすめサービスをいくつか紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

駐車場シェアサービスとは?


駐車場シェアサービスとは、Webサイトやスマートフォンアプリを活用し、駐車スペースを貸したい人と借りたい人をつなぐマッチングサービスです。

従来の駐車場経営は月極、もしくは時間貸しのコインパーキングが主流であり、駐車スペースが空いているときだけ貸したいというオーナーのニーズ、駐車スペースが必要なときだけ予約したいという利用者のニーズには応えられませんでした。

駐車場シェアはこのようなニーズに着目し、1日単位・時間単位で予約可能な駐車スペースを公開し、オーナーと利用者双方のニーズをマッチングさせるサービスです。これによって、オーナーは駐車スペースの有効活用ができ、利用者は駐車スペースを探しまわることから解放されるのです。

駐車場シェアサービスのメリット


それでは、駐車場シェアサービスを利用することで得られるメリットには、どのようなものが考えられるでしょうか?主に、副業として駐車スペースを有効活用したい人が得られるメリットを4つ紹介します。

駐車場貸しのタイミングを選べる

駐車場シェアでは、1台分しか駐車スペースがなく、常にその場所が空いているとは限らないというオーナーでも登録できます。これは、登録オーナーが駐車スペースを貸したい日時・時間を自由に設定できるためです。

つまり、通勤にクルマを利用していて、朝から夜までは駐車スペースが空いているという人でも駐車場貸しが可能であり、副業として駐車場シェアのできる対象者が大きく広がることを意味します。

初期投資の必要がない

時間貸しのコインパーキングなどでは、精算機などの設備投資が必要になりますが、駐車場シェアでは現状のままでの駐車場貸しが可能です。また、ほとんどのサービスが登録料無料であるため、自己資金を一切投入せずに副業として開始できます。

アパート経営などに比べ、建築や面倒な手続きの必要のない駐車場経営は、もともと初期投資が少なく済むのが特徴です。さらに、駐車場シェアでは初期投資0円となるため、副業として気軽に取り組めるのが最大の魅力でしょう。

運用の手間がない

駐車場シェアで気になるのは、料金の徴収がどのように行われるのか、ではないでしょうか?オーナーと利用者のマッチングサービスである駐車場シェアでは、アプリなどでの予約時に、クレジットカードやスマートフォンで決済する場合がほとんどであり、システム手数料を除いた金額がオーナーの口座に振り込まれます。

オーナーは利用者とコンタクトする必要もなく、売上も自動的に振り込まれるため、副業としての運用管理は空きスケジュールを登録するだけです。

リスクなしの副業にできる

街中にあるコインパーキングを見てもわかるように、駐車場経営が成功するかどうかは、立地条件に大きく左右されます。駐車場シェアに登録しても、貸し出す駐車スペースの立地条件が悪ければ、それほど多くの利用は見込めないかもしれません。

しかし上述したように、駐車場シェアは初期投資0円、運用管理が不要という特徴があり、システム手数料が発生するのも駐車場利用があった場合のみです。つまり、立地条件がよくないため利用者が少なかったとしても、オーナーが損をすることはありません。駐車場シェアは、リスクなしの副業なのです。

従来の駐車場経営との違い


駐車場シェアは、駐車スペースを有効活用するのに最適なサービスであり、広い土地を持たない人でも副業に参入できる特徴を持っています。では、充分に広い駐車スペースを持つ人は、駐車場シェアのサービス利用は向いていないのでしょうか?

従来型の駐車場経営には月極とコインパーキングがあり、コインパーキングには業務委託と個人経営がありますが、まずはそれぞれのメリット・デメリットを紹介してみましょう。

月極駐車場

月極駐車場の場合、ほとんどのケースで地元の不動産会社に依頼して借り主を捜してもらい、契約時には仲介手数料を支払う形になります。駐車場に転用できる土地があればすぐにはじめられ、長期にわたって安定した収入が得られるメリットがあり、精算機などの初期投資を抑えられるのが魅力です。

反面、駐車場の整備状態や立地条件によって収入の上限が決定されてしまい、税制上の優遇がないため、土地の利用効率が低いのがデメリットです。駐車スペースが埋まらない空きリスクや賃料滞納リスクも考えられます。

業務委託コインパーキング

精算機やロック板の設置が必須となるコインパーキングのケースでは、運営会社に土地を委託する業務委託型が多くなります。この場合の機器設置や管理・運営などは業者が行うため、オーナーは手間をかけずに収入が得られるメリットがあります。駐車場の立地条件がよければ、回転率があがることによる収入増も見込めるでしょう。

反面、土地の舗装などはオーナーが行わなければならない場合もあり、一定の初期投資が必要になること、機器設置や管理・運営を委託する分、収入になるのは売上の一部に限定されてしまうデメリットがあります。

個人経営コインパーキング

個人でコインパーキングを経営するケースでは、運営会社が介在しないため、すべての売上を収入として得られるメリットがあります。繁華街に近い、駅に近いなどの立地条件が整えば、月極駐車場以上の収入も見込めるでしょう。

しかし、その分の初期投資費用は大きなものとなり、管理・運営・トラブル対応なども自身で対応しなければなりません。立地条件が悪ければ、思ったような収入が得られないリスクもあります。

駐車場シェアがおすすめの人


従来型の駐車場経営のメリット・デメリットを把握できたところで、副業としての駐車場シェアをおすすめできるのはどのような人なのか、すでに従来型の駐車場経営をしている人も含めて考えてみましょう。

空き駐車場がある人

現在使用していない空き駐車場を持っている人は、すぐにでも駐車場シェアに登録した方がいいでしょう。たとえば、子供が独立して1台分の駐車スペースが空いている、クルマを手放したため使っていない駐車スペースがあるなどです。

そのほか、駐車スペースの余っている事務所や店舗を持つ個人事業主や法人も、駐車場シェアサービスの利用をおすすめします。もともと空き駐車場だったスペースで少なくない収入を得られる可能性があり、費用も手間もかからないのであれば、登録しておいても損はありません。

駐車場を使わない時間が長い人

すでに解説したように、通勤にクルマを使っていて朝から夜まで駐車スペースが空いているというケースでも、駐車場シェアサービスは有効です。まさにこのケースでは、隙間時間を使った手間のない副業が可能でしょう。

オーナーの手間は駐車スペースが空いている時間を登録するだけであり、立地条件さえよければ、思わぬ副収入が得られます。

月極駐車場の隙間期間を活用したい人

上述したように、月極駐車場では駐車スペースが埋まらないリスクがありますが、駐車場シェアを併用することで、次の利用者が決定するまでの間に収入を得られる手段として活用できます。

個人経営のコインパーキングのケースでも、一部を駐車場シェアにすることで、利用者を誘い込むこともでき、駐車場の認知向上に貢献できるかもしれません。

駐車場シェアでどのくらい稼げるか?


それでは、駐車場シェアを利用することで、どのくらいの収入が見込めるのでしょうか?初期投資や運用・管理の手間が必要ない分、駐車場シェアでは売上総額からシステム手数料が差し引かれます。サービスによってその手数料にはバラツキがあるものの、おおむね、オーナーの手取りは売上総額の50〜65%となります。

もちろん、駐車料金はオーナーが決定して利益を最大化できますが、周囲の駐車料金とのバランスを考慮する必要もあり、立地条件にも大きく左右されます。

たとえば、akippa(アキッパ)というサービスでは、地域を入力するとおおよその月額収入目安を表示してくれます。また、スタッフが相場から最適な駐車料金を提案してくれるなど、各種相談にも対応しているため安心です。値段をつける、というと難しく感じる方もいるかもしれませんが、全く心配いりません。

オーナーがリスクを負う必要はないため、トライしてみることをおすすめします。

駐車場シェアで留意しておきたいデメリット


リスクを負わない副業が可能になる駐車場シェアも、まったくデメリットがないわけではありません。リスクとなるようなデメリットではないものの、留意しておく必要のあるポイントを紹介しておきましょう。

収入には限界がある

運用・管理を委託する駐車場シェアでは、上述したように売上総額からシステム手数料が差し引かれます。どれだけ立地条件がよく、回転率が高かったとしても、売上総額すべてを受け取ることはできません。

しかし、所有している駐車スペースに充分な需要があるかどうかを調査するのは、個人では難しいのも事実であり、これを見極めるために駐車場シェアを試してみるという手もあるでしょう。

需要が立地に左右される

何度も解説してきたとおり、駐車場の需要は立地条件に大きく左右されます。娯楽施設や観光名所への近さ、駅の近さなどのほか、道路からのアクセスや駐車のしやすさなども需要に影響し、大都市圏や地方では駐車料金に差が生じます。

しかし、仮に立地条件を要因に利用者増が叶わなくとも、オーナーが負うべきリスクはゼロであるため、思い悩むよりもまずはトライしてみるべきです。

利用者とのトラブル

駐車場の利用者すべてが、マナーを守った利用を心がけるとは限りません。おそらく、駐車場シェアでオーナーが一番心配するのは、こうした利用者が起こすトラブルではないでしょうか?たとえば、利用時間を過ぎても戻ってこない、駐車スペースに隣接した設備を壊すなどです。

実際に、こうしたトラブルの発生は皆無ではないようです。しかし、運用・管理を一手に引き受ける駐車場シェアでは、これらのトラブルによる被害を最小限にとどめる工夫がされています。

たとえば、多くのサービスでオーナーと利用者の直接コンタクトは禁止されており、必ず駐車場シェアサービスを介した解決が試みられることです。また、予約時にクレジットカードなどによる決済を行うため、未然のトラブル防止のために利用者の特定も行っています。

おすすめの駐車場シェアサービス


すでに紹介したように、駐車場シェアサービスによってシステム手数料のパーセンテージは異なり、それぞれに独自の観点で利便性が追求されています。単純な手取りだけ出に着目するのではなく、総合的に自身のニーズにあったサービスを選ぶのが肝心です。

以下からは、駐車場シェアサービスのなかでも特に評価の高いサービスを厳選してみました。それぞれのリンクから詳細を確認してみてください。

特Pの駐車場シェアで副業するメリットとは?手数料やトラブル時の疑問を解説収入を増やすために副業をしてみたいと考えていても、時間が取れない、本業に影響しそうなどの理由で、なかなか実際の行動に移せない人は多いので...
akippaの駐車場シェア副業は稼げる?メリット・デメリット・トラブル時の対応所有するモノやコトを他の人とシェアする、シェアリングエコノミーの概念が浸透した現在、さまざまな分野でシェアしたい人同士をつなぐプラットフ...

まとめ


副業として注目されている駐車場経営のなかでも、もっとも手軽にはじめられて、もっともリスクのない駐車場シェアは、その対象の広さとニーズの多さから、今後ますます拡大・普及していくサービスだといえます。

これまで駐車場貸しができるとは考えていなかった人はもちろん、個人での駐車場経営を考える人が需要を見極めるために参加できるなど、その活用方法もさまざまなものが考えられるでしょう。

なによりもオーナーがリスクを負う必要がなく、一切損をしないのが駐車場シェアサービスの魅力です。駐車スペースを貸し出す余地があるならば、今すぐ登録しておいてもムダではありません。

【登録しないと損!】[email protected]登録

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加