節約

ご主人や奥さんが節約とうるさいとお悩みの方、もう一度ご自身を振り返ってみては!?

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

ご主人や奥さんが、やたらと節約とうるさいのはなぜ!?

こんな悩みを持っている方がたくさんいます。一緒に生活する中で、お金の使い方の価値観に差があると、毎日がストレスの連続になってしまいますよね。ストレスが積み重なると離婚の原因になる可能性もあります。

節約にうるさいご主人を持つ奥さんからすれば「うるさい主人だなあ」と思い、結婚する前は、あれほど大好きだったのに、愛情が半減してしまうどころか、嫌悪感しか抱けなくなってしまうかもしれません。節約にうるさい奥さんを持つご主人からすれば「けちな妻だな」と思い、一生懸命稼いできても自由がなく、家庭に居心地の良さを感じることができなくなってしまうかもしれません。いずれにしても、平和で幸せな家庭とはいません。

  • ご主人や奥さんが、やたらと節約とうるさい…
  • 節約夫へどう対応したらよいの…
  • ケチな妻を改善させたいのだけど…

というお悩みの方に、解決方法をご紹介します。大切なパートナーとストレスなく、居心地よい家庭が築けるように、ぜひお読みください。

節約そのものが目的になっていない?節約の目的を考える。


まず考えていただきたいのが、「なぜご主人もしくは奥さんが、やたら節約とうるさいのか」その原因は何でしょうか?本当に金銭的に切迫しており、子供の給食費も支払えない状態であるのならば、相手の言っていることは間違いではありません。

しかし、多くの場合、明日の食事に困ることもなく、日々の生活はそこそこ問題なく送ることができている、というような感じです。それにも関わらず、節約を相手に押し付けるのは、何らかの原因があるはずです。

もしかしたら、節約そのものが目的になっている可能性が大きいです。節約というのは、目的があるからこそ、意味をなすものです。たとえば節約したお金で海外旅行に行こうとか、節約したお金で家を購入しようとか。節約を通じて、最終的に入手できるものがあるのであれば、節約はきっと苦にならないでしょうし、率先的に節約をするでしょう。

しかし、相手に節約するように言われることをうるさく感じるのであれば、きっとその節約は、節約そのものが目的になっている、良い節約だとは言えません。改めて、節約している目的を見つめなおし、もし目的のない節約であれば明確な目的を設定してみてはいかがでしょうか。

その節約の意味ある!?無駄な節約ではないか、節約を「見える化」してみよう。


待機電力を嫌って、洗濯機のコンセントを抜いたり、電子レンジのコンセントを抜いたりする人がいます。そんな人に、定期電力のコストがいくらなのか質問してみてください。きっと答えられないでしょう。そんな人に限って、非常に無知であることが多いのです。無知であるからこそ、出ていく恐怖に襲われて、コンセントを抜いているのです。

そんな場合、待機電力を計算して見せてあげてください。最新家電は技術が進んでおり、待機電力ゼロというものも多数あります、かかったとしても非常に僅かな金額です。

本当に節約必要!?収支を「見える化」してみよう。


もしかしたら、ご主人もしくは奥さんは、たんに「お金がでていく恐怖」に襲われているのかもしれません。そうであれば、まず収入支出を一覧にし、家計のお金の流れを明確にする必要があります。

お金の流れが見えてくると、どれだけ節約すべきなのかも数字で分かります。もしかしたら、節約しなくてもよい健全な家計であることが分かるかもしれません。

いずれにせよ、見えない恐怖に襲われているようでしたら、まずは「見える化」してあげることで、節約の呪いから解かれるでしょう。

家計は細かく行うのは1人でも、家族全員が認識をしなければいけません。人任せではいけないのです。本来ならパートナーと膝を突き合わせての話し合いが大事なのですが、パートナーが話し合いを面倒がるなら、資料を用意して壁に掲示することから始めましょう。その内に節約と言わなくなることが期待できるかもしれませんよ!具体的な数字を見て、コミュニケーションを取ることが健全な家計、健全な家庭にとても大事です。

スマホ・携帯料金を節約する方法|毎月の負担を減らせる秘訣を詳しく解説します!生活に無くてはならない物だけど、毎月の支払いが高い…。 そんな悩みを持ってしまうスマホや携帯の料金。 「基本使用料は固定なんだから、節...

収入が支出より多いなら、副業で副収入を得よう。


節約として切り詰めて生活するのが、好きではない人もいるでしょう。そんな人の場合、出ていくお金が多目であるのであれば、入ってくるお金を多くするよう努力してみては、いかがでしょうか?

多く入ってきた分、余裕をもってお金を使うことができます。また自分で稼いだお金であれば、自信を持って使うこともできます。

日本政府も副業をプッシュしているこのご時世ですから、副業は世の中にあふれています。カンタンな副業もあります。家でぼーっと、うるさい節約について悩んだり、うるさいご主人に頭を悩ませたりしている時間があったら、稼ぐ方法を探してみるのも一つの手です。

2020年最新の社会人向け副業20選!おすすめWワークで収入増!2020年現在、政府も推奨する副業容認の流れは、働き方のトレンドになりつつあります。 それでも本業の会社には知られたくない、できるだけ会...

何より大切なのはストレスのない生活であり、ストレスのない節約!


ストレスは身体を蝕みます。身体を蝕んだ結果、病気になり、病院にかかり、その医療費の方がよっぽど高いです。長い目で見て、お金を大切にし、節約したいのなら、ストレスのない生活を家族で心がけることが一番大切です。
 

うるさい節約強要は、モラハラになる可能性も!?


そして最後に気になるのは、「自分が一生懸命稼いだお金が勝手に使われることへの苛立ち」である場合です。その場合、節約をうるさく強要するのはモラルハラスメント、いわゆるモラハラにあたります。モラハラをしてくる相手に、理論や正論で立ち向かうのは困難です。

そうであるならば、自分で稼ぐ方法を見つけるしかありません。自分で稼いだお金であるのであれば、相手に口を出されたとしても自信を持って使うことができるでしょう。

財布を変えれば誰でも節約上手になれる!今日から真似したい活用法7選つい先日ATMからお金を引き出したばかりなのに、気づくと財布の中身がほとんどなくなっていた!ということはありませんか? 日々節約のための...

節約を通して、家族の意味や本当の幸せについてもう一度考えてみましょう。


病気の多くはストレスが引き起こすと言われています。昔から「病は気から」とも言われますが、気の状態が悪ければ、病気になってしまいます。

うるさく節約を強要されることがストレスで体調や精神を崩して、病院にかかったら、節約どころか治療代で大金が吹っ飛んでしまいます。大金どころか最悪の場合、人生まで悪影響を与えるでしょう。せっかくの人生、ベッドで寝たきりで過ごすのは非常に悲しいことですよね。できれば健康で毎日を楽しく送りたい、みながそう願っています。

正直なところ、筆者は節約が大嫌いです。また人生のパートナーである夫に節約を強要することもありません。お金の使い方は夫に一任しています。夫も私のお金の使い方に口を出してきたことは一度もありません。私も夫も無駄遣いが嫌いなので、金銭的な価値観は、ある程度一致しているのかもしれません。

生きているといろんなことがあります。想定外の自然災害にあうこともあります。だからこそ、家族は居心地の良い仲間として暮らせるよう、お互いを理解し、心穏やかに生活していくことが理想です。どうか節約とうるさいご主人や奥様の悩みから、解放されますように願っています。

節約の本を読んで家計を見直そう!女性向け・実践的でわかりやすい節約本7選「お金を貯めたい」「やりくりを上手にしたい」など、お金のことを考えたときに頭に浮かぶワードである「節約」。 今年こそ節約しよう!と思っ...
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加