節約

パートナーに貯蓄額を教える?教えない?そんなお悩みを解決します!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

彼氏と彼女の間柄になるとパートナーの過去が気になるのと同じように、貯蓄額が気になってくるものです。パートナーが過去にどんな女性と付き合っていたのか、知りたいような知りたくないような、悶々とする気持ちは、良く分かります。知ったところで、きっと嫉妬しか生まれそうにないのですが、それでも知りたいという心理は、男女ともにあります。同じようにパートナーの貯蓄額も、非常に気になるポイントです。知りたいような、知らないほうが良いような…迷いますよね。

  • 彼の貯蓄額っていったいいくらだろう?
  • 彼にどうやって貯蓄額を聞き出そう?
  • そもそも貯蓄額って知ったほうがいいのかな?
    そんなお悩みをお持ちのあなたに、気持ちがすっきりする解決方法をお教えいたします。

貯蓄額を教えるメリットは!?知ることによるメリットとは!?


貯蓄額を知りたいと思う方にとって、貯蓄額を知った時のメリットって何でしょう?単なる興味だけで知りたいだけではないはずです。知りたいと思う気持ちの裏側には、きっと将来に対する不安や期待が隠れているはずです。まず自分の知りたい理由を考えてみてください。

パートナーとの将来設計を考えるため。

いずれ結婚をしたいと考えているのであれば、将来設計を考えるために貯蓄額を知りたいと思うのは理解できます。貯蓄額を知ることで、将来のパートナーとしてふさわしい人なのかふさわしくない人なのかも、見えてきます。もちろん貯蓄額がすべてではありませんが、貯蓄額がひとつの大きな目安になることは確かです。

もし貯蓄がまったくなく、また浪費ぐせがあることが、結婚前に分かっていれば、不幸な結婚生活から免れることができるでしょう。また収入はそれほどないにも関わらず、りっぱな貯蓄をしているようであれば、堅実な人柄であることが分かります。

そんな相手と結婚したら、きっと平和な幸せな結婚生活になるでしょう。将来設計において、やはり相手の貯蓄額を知っておくことは非常に大切なことだと言えるでしょう。

低年収の男性と結婚しても幸せになれる?結婚前に慎重にチェックすべし!低年収の男性との結婚を躊躇する女性は多いです。 「愛さえあればお金なんて!」とは、簡単に言えないのが現実ですよね。 お金が少ないことで喧...

ふたりの生活水準を決めるため。


こちらも将来設計を考えることに繋がってきます。貯蓄額を教えてもらったのは良いが、予想以上に少なかったという場合もあるでしょう。でも決して浪費癖があるわけでもなく、堅実な生活をしている人かもしれません。そうであるならば、あなたがその堅実な生活水準を受け入れるか否かで、これからのパートナーシップに影響してきます。

けっして華やかではなくても良いから、堅実に生活していくことに幸せを感じるのであれば、今のパートナーを大切にしていく決心がつくでしょう。貯蓄額を知るうえで、ふたりの生活水準を決めることができます。

ふたりの間に隠し事をなくすため。


大切な彼氏、彼女であれば、できる限り隠し事なしにしたいところです。できる限りオープンにすることが、パートナーを信頼していることに繋がりますし、パートナーからも信頼を得ることができるようになります。自分の大切な貯蓄額を教えることによって、あなたのことを大切にしている証にもなります。

貯蓄額を絶対に教えたくない!!教えるデメリットとは!?


貯蓄額を絶対に教えたくないという人もいます。教えたくないという心理には、教えることによるデメリットを恐れているからです。その大きなデメリットをあげてみます。

結婚前に築いた資産は個人の資産だから。

いくら大切なパートナーといえども、所詮他人です。今は良い関係でも将来は分かりません。結婚しても、離婚する可能性もあります。万が一離婚する場合、結婚前に築いた資産は折半にはなりませんが、離婚するかもしれない相手に、今の貯蓄額を教えたくないという気持ちがあるでしょう。結婚したら、自由になるお金がなくなるのはストレスなので、へそくりを取っておきたいという保身の心理も働いているでしょう。”

パートナーに自分の資産をあてにされるのが心配。

貯蓄額がたくさんある人は、とくに貯蓄額を教えたくないという人が多いようです。貯蓄額を教えることによって、パートナーに自分の資産をあてにされることを恐れているようです。自分は貯金しなくても、相手がしてくれるから良い、もしくは万が一の時は、相手の貯蓄があるから安心だと無駄遣いされてしまう可能性があります。

貯蓄が多いひとは、浪費家ではなくシビアにコツコツ貯蓄を積み重ねてきた人です。そんな人だからこそ、相手に軽々しく貯蓄を言いたくないという気持ちも理解できます。

メリットデメリット両方理解したうえで、あえて貯蓄額を上手に聞き出す方法!

これまで、貯蓄額を教えることに対するメリットデメリットを考察してきました。メリットデメリット共に理解した上で、それでもやはり貯蓄額を知りたいというあなたに、とっておきの貯蓄額を上手に聞き出す方法をお伝えします。

まず自分の貯蓄額を正直に教える。

パートナーの信頼を得るためには、まず自分の貯蓄額を開示することです。そして自分の資産に対する考え方や、お金の使い方に関するスタイルをパートナーに伝えることです。伝えることによって、理解してもらえるかどうか、その点をまず観察してみましょう。もし理解してもらえれば、きっとパートナーも自分の貯蓄額を正直に教えてくれるでしょう。ふたりの金銭的価値観は非常に近く、パートナーシップを結んでも、トラブルが少なくて済むでしょう。

突然、自分の貯蓄額を教えるのは、少々唐突ですので、そのきっかけとしてベストな方法をご紹介します。

ニュースを例に出して探る。

最近ですと、老後資金が2000万円必要との話題がしばしばとりあげられています。老後資金として2000万円が多額なのか、小額なのか、相手の価値観を聞いてみましょう。金銭的価値観を知ることによって、自分と価値観が近いなと思えば、その話題を発展させて、自分の貯蓄額を公開してみることをおすすめします。

また投資の話をするのも、金銭的価値観を共有するのにこうかてきです。資産運用について話を振ってみると、どんな回答が返ってくるかで、パートナーの価値観が見えてくるでしょう。

難しい話ができないようであれば、節約が好きなのか、大きいものを一括で買うかなど、生活に身近なところから聞いてみるのが良いかもしれません。貯蓄額そのものずばりより、パートナーの金銭感覚を探ってみることから、始めるのもおすすめです。

大切なのは貯蓄額を知ることではなく、お互いの金銭的価値観を理解すること。


パートナーとの良好な関係を築くためには、お単買いの金銭的価値観を理解することからはじまります。パートナーとどんなスタイルで資産管理をしていきたいか、話し合ってみるとよいでしょう。

必ずしも貯金額を教えなければならないわけではありませんが、資産形成を効率的に行うためには、元手の金額の大きさも重要な要素になります。自分だけの資産で考えるより、二人の資産を合算して、リスクを分散させながら、将来の人生設計に必要な資金を準備できることがベストでしょう。結婚後、自分が自由にできるお金は、自由にできる時間同様、ぐっと減ってしまいます。

結婚前に、お金についてしっかりとパートナーと話し合い、お互いの金銭的価値観を把握し、お金の使い方のスタイルを理解しておくことが、後々の平和で幸せな生活のポイントになってきます。きっと、今パートナーの貯蓄額についてお悩みのあなたは、これからの人生設計についてしっかり考えている証です。自信を持ってぜひ幸せな生活をつかみ取ってくださいね!

節約の本を読んで家計を見直そう!女性向け・実践的でわかりやすい節約本7選「お金を貯めたい」「やりくりを上手にしたい」など、お金のことを考えたときに頭に浮かぶワードである「節約」。 今年こそ節約しよう!と思っ...
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加