おすすめ副業

物販ビジネスを副業にするコツ!初心者でもできる仕組みと注意点とは

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

様々な副業のジャンルがある中で、ハードルが低く始めやすいと人気なのが「物販ビジネス」です。
身近なアイテムや仕入れルートを作って販売をしていくこのビジネスは、隙間時間にできるのも魅力の一つ。
そんな物販ビジネスについて、初心者でも始めやすい方法や見落としがちなポイントなどをご紹介します。

物販の副業とは?

昨今の不景気な状況で会社勤めに不安を抱く人は多くいるのではないでしょうか。

その中で注目をされているのが「副業」です。本業の会社勤めとは別の収入を得ることで、不安が付きまとう生活を安定させて将来を豊かにさせたいと考える人たちが多くいます。その中でも会社勤めの人におすすめなのが「物販ビジネス」です。

会社の通勤途中や休憩時間、帰宅後のわずかな時間でもササっとインターネット上で商品を販売するだけで収入を増やせます。

物販ビジネスについてもっと知りたい人はこちら

https://fukugyo-beginner.net/news/5817/

物販ビジネスで稼ぐ仕組み

簡単に言えば「安く商品を仕入れて高く売る」ということです。市場のニーズをリサーチして、必要とされる物を仕入れ、それに利益が出るように販売します。

その際の支出と収益の差額が儲けになるのです。たったこれだけの仕組みであるため、この手軽さが物販が副業として注目をされる要因の一つかもしれません。

始めるための3ステップ

物販ビジネスを始めるのはとても簡単です。

1.商品をリサーチする
2.商品を仕入れる
3.プラットフォームで売る

たったこれだけです。まずは需要の高い商品を探し、それを仕入れて売るだけのため、主婦や学生だけでなく会社員の副業として注目されています。

パソコンやスマートフォンのアプリで簡単に取引ができるのも、物販ビジネスの魅力と言えるでしょう。

 

仕入れる商品は身近にあるものでOK

基本的には消費者のニーズをリサーチして商品を販売するのが収益を上げる方法ですが、初心者には少し難しいと感じるかもしれません。

まずは手始めに身近にある本や衣服などの不用品をフリマアプリやオークションサイトに出品することから始めるのがおすすです。

知っておきたい物販の種類

身近な国内転売

「国内せどり」とも呼ばれるこの手法は、その言葉の通り「国内」で仕入れて「国内で販売」するというものです。

全て日本国内で完結するので、日本語以外の言葉に不安があり、外国との取引はリスクが高そうと思っている人でも安心して取り組めます。

ただし国内需要のある商品の中には、メーカーから「転売禁止」となっている物もあるので、安全に物販を続けるにあたり注意が必要です。

外国と取引する輸出入転売

これは外国から商品を輸入して国内で販売したり、逆に国内の商品を外国へ売ったりするというグローバルな取引を行うのが特徴のビジネスです。

特に、日本文化に関係するアイテムは、主にヨーロッパやアメリカで非常に人気が高く、国内だけで流通させるよりも大きな収益を得る場合もあります。

コストとリスクを下げる無在庫転売

この販売方法は文字通り「無在庫」で販売を行う手法で、実際には手元に商品がない状態で受注し、仕入れ元に連絡をして取り寄せて販売をするという方法です。

在庫を抱えて管理をする必要がないぶん、取り寄せから配送まで時間が掛かるのが難点で、場合によっては消費者からマイナス評価を受けてしまう事もあります。

しかし低コストで始められるので、物販初心者でも始めやすいのが特徴です。

オリジナル商品の物販

たとえばハンドメイドで何かを作っていたり、自分の工房を持っていてオリジナル商品を作っている人が、様々なプラットフォームを使って自分の商品を売る方法です。

また国外転売に少し掛かるのですが、国内の業者が作ったアイテムを商品として外国に売り込んで販売するのも、このスタイルのビジネスになります。

逆に外国の工房やアーティストが作った物を国内で販売するのも、物販ビジネスの一つの方法です。

オリジナル商品の物販には、BASEがおすすめです。BASEは無料で使える機能が充実しており、初心者でも簡単にショップをもつことができます。

BASEについてもっと知りたい人はこちら

副業におすすめ!BASE(ベイス)の評判から開設方法まで徹底公開ネットショップを始めてみたい人の中には、誰でも簡単にネットショップが作れると話題のサービス、「BASE(ベイス)」の評判が気になっている...

物販ビジネスのメリット

手軽な副収入で家計を豊かにできる

物販ビジネスの最大の魅力は、なんといっても手軽に始められ、ちょっとしたお小遣い稼ぎから本格的な商売まで、可能性が無限なところです。

毎月の家計の足しになるような収益を得られるようになれば、今より生活を豊かにすることもできます。

確かに難しい部分もありますが、きちんとした知識とリスク管理をすればそれほど問題はありません。

なにより会社に囚われずに、自分の責任で管理して続けていけるこの仕事は、先行き不安な世の中で将来への希望を繋げることもできる副業の一つと言えます。

少ない費用で大きな収益が見込める

物販は自宅とインターネット環境があればできるビジネスです。

従来の小売店のように店舗を構える必要もなければ、無在庫物販や身近な物をの販売から始めれば在庫を管理するコストもかかりません。

インターネット代とプラットフォームの手数料、商品の送料ほどの費用から始められ、商品が継続的に売れれば大きな収益が見込めるのは、物販ビジネスの最大のメリットです。

自分で商品を選んで販売する自由がある

物販は自分自身で行う仕事なので、商品の選定から販売配送まで自分の采配で自由に行えます。

とくに自分で作成する作家であったり、リサーチで探し出したメーカー商品の中で誰の指示でもなく自信をもって販売できるのは、物販の副業ならではの充足感を得られるはずです。

会社に定められたノルマも時間拘束がない自由さは、物販ビジネスの魅力の一つと言えるでしょう。

物販ビジネスの見落としがちなデメリット

最低限のコストがかかる

初心者が始めやすいのは、「家にある不用品の販売」や無在庫転売などで無駄なコストを掛けない方法です。

一方で、Amazonやヤフオク!などのプラットフォームを利用するには、その手数料や配送料など様々なコストがかかります。

またリサーチ時間だけでなく、仕入れや配送準備などの労働コストかかるため、ある程度の資金や準備が必要です。
販売をする際にはそういったコストも売値に加味して設定すると、コストが回収もできるでしょう。

低リスクでもリスクコントロールが必要

一般的に物販ビジネスのリスクは低いと言われますが、どんな商売でもリスクがあるように、物販ビジネスにも注意すべきポイントがあります。

たとえば海外や国内の経済状況に左右されて市場や流通が滞ってしまったり、購入者とトラブルになったりすることもあるでしょう。

トラブルを回避するためには、事前にある程度の知識を仕入れておくと、より効率的にそして安全にリスクを回避することができます。

物販を成功させる大切なコツ

とにもかくにもリサーチ力が大事!

市場調査は稼ぐためには必要なスキルです。

「リサーチって大変そう」「人気アイテムなんてわからないよ」という人でも、ちょっとした隙間時間にニュースやコミュニティサイト、フリマやオークションのサイトなどを見て売れ筋を確認するとよいでしょう。

また、同じビジネス仲間と繋がることで、より多くの生きた情報を得る機会を作るのも、リサーチ力を身に着けるコツです。

初心者はまずネットで検索するだけでも十分なので、気軽に一歩を踏み出して自分だけの商材を見つけてみてください。
情報のアンテナを常に張るように意識をするだけで、必要な情報が自然に見えてきます。

物販ビジネスで大切なことは「信用」

物販とは自分で作った物やメーカー、卸売業者から商品を仕入れて販売することです。

混同されがちな転売が忌避されやすいのは、一般の消費者が小売店で買える物を、収益のために高値にして売るというスタイルにあります。

物販ビジネスで大切なのは、その商品の市場価格のリサーチをしっかりと行い、買い手である消費者に不利益を与えないように販売をすることです。

結果として消費者から「この人から買えば安心」という信用を得て、継続的に顧客を作って収益を増やせます。

法律や販売サイトの規約をチェックする

副業で始める物販ビジネスが「誰でも簡単に始められる」ことに変わりはありませんが、収入が増えると法律や販売サイトの規約などが壁となることがあります。

個人でこのあたりのことをしっかり把握しようとするのは大変です。
副業とは言え物販ビジネスをしっかりと運営していきたい場合には、ビジネスコンサルタントへ依頼するのもひとつの方法です。

様々な情報が氾濫するビジネスの世界で、方向性を一緒に考えてくれるコンサルタントは、きっと物販ビジネスを続けるうえで心強い味方になってくれるでしょう。

セミナーや関連の本で先達の意見を聞く

物販を副業にすることは今に始まったビジネスではありません。多くの先達が切り開き作り上げたノウハウがすでに存在する世界です。

これから始めようとする人は指標も指針もない真っ新な状態ですから、販売をする上での必要なことや大切なことが分からないことが多いでしょう。

そんなときこそ、多くの物販販売のノウハウ本や実績のある人のセミナーに参加して、経験者の言葉を知識として吸収していくのです。

最初は意味がわからなかったり、実感のない情報も多くあったりするでしょうが、そこで得た知識は今後きっと役に立つことでしょう。

時には売れないこともある

完璧なリサーチと確実な仕入れ販売ルートを確保したとしても、その品物が売れないことも多々あります。

市場の供給過多や求められる品物の変化、もしくは国内外での政治や経済のトラブルなどで、仕入れができなくなる事があるかもしれません。その他にも、様々な要因で全く売れなかったり、売り上げが減少したりすることもあります。

しかしそこで「物販は失敗だった」と焦るのは禁物です。感情的にならず、流動する市場の状況を冷静に観察して、次に生かすように立ち回るのが継続して成功するための秘訣なのです。

副業で物販を始めるための準備

「古物商許可証」で取り扱い範囲を広げる

この許可証は各都道府県の警察が発行する「中古品を販売する許可証」のことです。

フリーマーケットやオークションへの出品に必ずしも必要というわけではありませんが、繰り返しの販売で物販ビジネスを成立させるなら、取っておいて損のない資格です。

この許可証があるだけで貴金属や時計、機械類に皮革製品、衣類など、取り扱える物販の幅がグッと広がり、副業として安定した収入を得る確率が高くなります。

税金や法律の対策をしっかりとしよう

副業を始めるにあたって忘れがちなのが「税金」や「法律」の問題です。

前述のコンサルタントへの相談も有効ですが、そんなに本格的にしたくないという場合には、しっかりと下調べをすることが大切になります。

安全に利益を出して生活を潤すためにも、税金や法律はしっかりと確認をしておくべきです。

税金については、お住まいの自治体の税務署に相談しておくとよいでしょう。

確定申告を行う際には、会計ソフトfreeeを使うのもおすすめです。freeeを使用することで、日々の経理と確定申告をまとめることができ、業務の効率化が図れます。

確定申告を効率的に!会計ソフトfreeeへの登録はこちら

副業詐欺に当たらないように知識を増やす

不景気や世界的な感染症の流行などの影響で商業活動が低迷して、一般的な会社勤めだけでは収入に不安を持つ人が多くいます。

そんな不安な心を狙った「副業詐欺」が罠を張って獲物を狙っていので注意してください。
「誰も簡単で確実」「月に○○万円を絶対に稼げる!」など魅力的で引き込もうとします。

一見とても耳障りのよい文言ですが、悪徳な業者は高額なビジネス教材を進めてきます。その業者が信用できるのか、落ち着いて「リサーチ」することが大切です。

自分自身でしっかりと知識を身に着けることで、詐欺被害を回避して、安心安全にビジネスを続けましょう。

物販ビジネスにおすすめのサービス3選

安定のマーケットプレイス

マーケットプレイスとは、主にAmazonなどの企業と一緒に一般ユーザーが出品し取引ができる自由市場のことです。特にAmazonはその知名度と利用者数の多さから、物販を行う上で非常に魅力的なプラットフォームと言えます。

トラブルの防止策がしっかりとなされていることや、アカウントさえあれば出品が簡単というメリットがありますが、少々手数料が高いので、ほかのプラットフォームと使い分けるとよいでしょう。

Etsyはハンドメイド商品に特化したサイトで、Amazon同様に世界中の消費者に買ってもらえるチャンスがあることと、類似サイトに比べて手数料が安いのが魅力です。自作商品を売りたい人におすすめのプラットフォームですよ。

気軽に始められるフリーマーケット

メルカリラクマといったフリーマーケットは、物販ビジネスを始めるのにうってつけのプラットフォームです。

ディスカウントストアで扱うような物から、身近な不用品、思いもよらないアイテムなど様々な物が取引されています。

フリーマーケットサイトの多くは月額費用がかからない場合が多く、またサイトによってはアプリを使うことで手数料を無料にするなどのサービスも行っており、初めて物品ビジネスを行う人には敷居が低く始めやすいのが特徴です。

オークションで手軽に出品

ヤフオクモバオクなどのオークションサイトも、身近にある不用品の出品や物販にはおすすめのプラットフォームです。

最低落札価格とスタートの価格を設定し、期限までに入札者が現れるのを待つというシンプルなもので、人気商品であれば自分が想定した以上の金額で落札されることがあるのが特徴です。

アプリで管理ができるため、隙間時間に行う副業には向いているでしょう。

まとめ:物販ビジネスで豊かな未来を手に入れよう


物販ビジネスを始める前に大切なのは「自分は成功する」というビジョンを描くことです。

たとえば「お金が入ったらちょっと贅沢をしよう!」という小さな目標でも大丈夫です。明確なビジョンを持ってその道筋を辿っていけば、描いた「成功」に近づけるでしょう。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加