確定申告

副業がバレる原因は住民税?バレない可能性をアップする申告方法とは

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

副業がバレる原因は、住民税が関わっていることが多いです。副業していることを本業の会社にバレたくない人は、確定申告の要否や住民税の支払い方法について知っておく必要があります。

そこで今回は、確定申告が必要なケースから、バレない可能性をアップする申告方法まで、副業をバレずに行いたい人には知っておいてもらいたい情報を公開します。

副業と住民税、確定申告の関係性


副業を行っていく上で、注意したいのが「住民税」と「確定申告」です。住民税は、副業で得た所得の金額に関係なく、申告する必要があります。また、住民税が原因となり、副業が本業の会社にバレてしまう可能性もあるのです。

確定申告は、副業の所得によって必要なケースと不要なケースがあります。以下のように、確定申告をする・しないで住民税に関する手続きも変わってきます。

  • 確定申告をする ⇒ 住民税の申告は不要
  • 確定申告をしない ⇒ 住民税の申告は必要

副業を行う人は、住民税と確定申告の関係性を理解しておき、必要な手続きをしっかり行いましょう。とくに、副業が本業の会社にバレたくない人は、住民税の支払いや確定申告に関して基本的な知識は知っておくことがマストです。

副業で確定申告が必要なのはいくらから?


副業がバレる可能性を気にするなら、いくらの所得から確定申告をする必要があるのかを理解しておきましょう。これから、副業で確定申告をしなければいけないケースを紹介します。

年間所得が副業だけで20万以上の場合

副業の年間所得が20万円以上になる場合は、確定申告する必要があります。年間所得とは、収入から必要経費を引いた金額です。収入がそのまま所得となるわけではないので、注意しましょう。

20万以下でも還付を受けたい場合

副業の年間所得が20万円以下の場合でも、医療費控除や源泉徴収などの還付を受けたいなら、申告の手続きが必要です。申告することで戻ってくるお金がある人は、確定申告したほうが節税にも繋がります。

副業の年間所得が20万円以下の人は、確定申告をするかしないかの判断をする場合、還付のことを踏まえて決めるのがおすすめです。

20万以下で申告しない場合は住民税に注意!


副業の年間所得が20万円以下で確定申告しない場合は、住民税のことを忘れないよう注意が必要です。なぜなら、20万円以下で非課税の対象になるのは所得税のみ。住民税は、収入が増えた分納付しなければいけません。

そのため、確定申告しない場合でも、住民税の申告は必要です。区役所や市役所、または市税事務所の担当窓口に住民税申告書を提出するのを忘れないようにしてください。

住民税が原因?副業がバレるケース


副業を推奨する流れがあるとはいえ、副業を認めていない会社や副業をしていることがバレたくないという人も少なくありません。副業がバレるのは住民税が大きく関係していますが、他にもふとしたきっかけで副業が会社にバレてしまうことがあります。
ここで、副業がばれるケースをチェックしていきましょう。

副業がバレる原因についてもっと知りたい人はこちら

【正社員必読】副業が会社にバレる原因や仕組みとバレない対策を徹底解説!副業解禁の企業が増えつつあり、サラリーマンでも副業を始める人が増えています。副業を始めることで臨時収入を得ることができて、気分転換や将来...

住民税の計算が合わない

副業がバレるケースでよくあるのが、住民税が給料の金額と合わないことがきっかけになること。住民税は所得が増えた分、納税する金額も増える仕組みになっています。

会社に雇用されて働いている人は、特別徴収といって住民税は給料から天引きされるのが一般的です。ここで、何の対策をしないままでいると、副業の分の住民税も本業の給料から天引きされます。

住民税の金額は収入に応じて決まっているので、明らかに納税額が多いと「給料は変わらないのに住民税の額が増えてる」と感づかれ、結果的に副業がバレてしまう場合があるのです。副業がバレたくない人は、住民税の支払い方法は十分注意しましょう。

二重雇用されている

二重雇用も副業がバレるケースの1つです。会社員の人は、副業でアルバイトやパートといった雇用形態で働くと、二重雇用になります。二重雇用自体は問題ありませんが、住民税の支払い方法が原則選べないので、会社に副業がバレる可能性があります。

また、年末調整は1か所でしか行えないことを知らずに、会社とバイト先両方で行ってしまい、副業がバレるという可能性も否定できません。二重雇用という形で副業する場合は、年末調整や住民税の支払いの対処法をリサーチしておき、対策を準備しておくとバレる可能性を下げられます。

働いているところを見られた

副業がバレるのは、働いているところを見られたというケースもあります。接客業やポスティングなどの外で働く副業の場合は、知り合いや会社の人と仕事中に遭遇することもあるでしょう。

副業が会社にバレたくない人は、人目につきにくい職種・職場を選ぶことも重要なポイントです。

噂が広まった

会社で噂が広まったことで、副業がバレてしまうケースも少なくありません。副業がバレたくない人は、基本的に副業に関する話をオープンにはしないもの。しかし、副業が順調だったり、思いのほか稼げたりすると、誰かに聞いてほしくなって話してしまう人もいます。

そして、聞いた人がつい口を滑らせてしまい、会社内で噂になりバレてしまうというケースは意外とあるのです。副業のことを会社にバレたくなければ、副業のことは一切話さないくらいに用心することをおすすめします。

副業がバレない可能性をアップする申告方法


副業がバレたくない人は、確定申告や住民税申告の際に注意するのがマストです。ここで、会社に副業がバレない可能性をアップする申告方法を紹介するので、参考にしてください。

住民税を特別徴収ではなく普通徴収にする

会社に副業がバレないようにするためには、住民税を特別徴収ではなく普通徴収で納税しましょう。普通徴収とは、市町村から納税通知書と納付書が送られてきて、自分で銀行振り込みやコンビニ支払いなどで住民税を支払う方法です。

普通徴収にすれば、会社に副業の分の住民税の通知が届くことはなく、副業がバレる可能性を下げられます。副業がバレる可能性を少しでもなくしたい人は、確定申告や住民税申告の際に、自分で支払いを行う普通徴収を選択して申告手続きを行ってください。

市税事務所に交渉する

市町村によっては、住民税の支払い方法を普通徴収に選択できないところもあります。その場合は、市税事務所に交渉することも可能です。

ただし、交渉が通るかは自治体の方針や事務所の判断にゆだねられます。副業をバレずに行いたい人は、事前に自分が暮らす市町村の納税方法をリサーチすることをおすすめします。

バレるのを気にして確定申告しないとどうなる?


「副業がバレたくないから確定申告しないでおこう…」という考えが浮かぶ人もいるのではないでしょうか。しかし、その考えを実行しても、バレる可能性はなくならないどころか、ペナルティを課されることもあるのです。
これから、確定申告する必要があるにも関わらず、確定申告をしなかった場合はどうなるのかを解説します。

無申告加算税が課される可能性がある

確定申告する必要があるのに、期日までに申告しなかった場合は、「無申告加算税」が課される可能性があります。無申告加算税とは、本来納付すべき税金にプラスして、税額に応じた罰金を支払うペナルティのこと。

罰金の金額は、以下のとおりです。

  • 納税額が50万円までの場合:納税額の15%
  • 納税額が50万円を超える場合:納税額の20%

ただし、税務署の調査を受ける前に期限後申告を行った場合は、課税の割合が5%まで軽減されます。また、期限後申告をしても、無申告に正当な理由があったり、税額の納付を期日までに行ったりするなどの条件を満たしている場合は、無申告加算税が課されることはありません。

出典:No.2024 確定申告を忘れたとき|国税庁

詳しい条件が知りたい人は、国税庁の「No.2024 確定申告を忘れたとき」をチェックしておきましょう。

延滞税の支払いが発生する可能性がある

確定申告をしなかった場合、延滞税の支払いが発生する可能性もあります。延滞税は、期限内に納められるべき税金が納付されなかった場合に発生するものです。

延滞税の割合は、以下のように定められています。

  • 納期限の翌日から2月を経過する日まで:年7.3%
  • 納期減の翌日から2月を経過した日以降:年14.6%
    ※平成26年1月1日以後の期間は、上記の割合と「特例基準割合+1%」を比べて低いほうの割合が延滞税として課される

出典:No.9205 延滞税について|国税庁

確定申告の必要があるのに行わなかった場合は、申告しない期間が長引けば長引くほど、延滞税が高額になる可能性があるので注意しましょう。

確定申告が必要な人におすすめの会計ソフト

副業で確定申告が必要な人は、普段から経費や収入を記帳しておくと、スムーズに手続きできますよ。最後に、確定申告が必要な人におすすめの会計ソフトを紹介します。

freee

freeeは、クラウド会計ソフトの最大手で、利用している人も多いです。銀行口座や決済サービスとの連携も可能で、記帳の手間を軽減することができます。無料から使えて、必要に応じて有料プランも選択できるので、初心者も気軽にお試し可能です。

freeeへの登録はこちら

やよいの青色申告オンライン

やよいの青色申告オンラインも、クラウド版で記帳作業効率を上げるのに有効な会計ソフトです。日々の記帳から確定申告まで、サポートしてくれる機能が充実。とくにやよいの会計ソフトを本業で使っていたり、使用経験があったりする人は、近い操作性で導入しやすいのでおすすめです。

やよいを早速使ってみる

まとめ:副業がバレたくない人は住民税の支払方法に注意


副業がバレるかバレないかは、住民税が関わっていることが多いです。副業をバレずに行いたい人は、確定申告をする必要があるケースを理解しておくとともに、住民税を特別徴収ではなく普通徴収で払うことは非常に有効です。

ただし、住民税を普通徴収で払うからといって、確実にバレないわけではありません。原則として、会社に副業の可否を確認することは必要です。市町村の方針によってはバレることもあるため、その点は頭に置いておきましょう。

また、住民税を普通徴収にすると、払い忘れる可能性も出てきます。住民税の払い忘れにも注意して、副業に励んでください。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加