おすすめ副業

【初心者もOK】稼げないクリエイター卒業!SKIMAで稼ぐ3つのポイント

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

デザイン・イラストのオーダーメイドマーケットのSKIMA(スキマ)。デザイナー、イラストレーターとして稼ぎたい人はすでにチェックしているサービスのはずですよね。実際、2018年12月時点で登録者は4,000人、出品されているイラストは10,000以上ですから、多くのクリエイターが活躍しているのがわかります。

しかし、登録者や出品数が多いからといって必ずしも稼げるわけではありません。クリエイターのプロフィールを見てみると、実績や評判が見当たらず、販売が成立したことがない人たちも多いのが印象的でした。

この記事を読んでいる人たちのなかには、

  • 稼げないなら登録しても無駄
  • 本当に稼げるサービスなのか知りたい
  • 登録したけれど、全然問い合わせがこない
  • 作成にかける時間に対して報酬が少ない

と、思われている人たちもいるかもしれません。確かに、せっかく好きなことや得意分野を生かして稼ごうとしているのに、理想の収入を獲得できなければ利用価値を感じられなくなってしまいますよね。

ですが、SKIMAの本当の可能性を理解すれば、考えが変わってもっとSKIMAを活用したいと思えるようになるかもしれません。SKIMAを知らなかった当メディアの編集者さえも、「SKIMA、稼げるじゃん」とつぶやいていたほどでした。つまり、ポイントさえおさえていれば、誰でもSKIMAで稼ぐことができます。

本記事では、副業ビギナーの編集部が独自の視点でSKIMAの稼ぎ方や収入アップの方法について調査し、まとめたものを余すことなくご紹介します。SKIMAで稼ぐための解体新書をとくとご覧くださいませ。

SKIMAで稼げない理由は大きくわけて3つ

まずは、どうして稼げないかを理解しておくことが重要。稼げない理由を把握すれば、どんな対策をすればいいかが分かるからです。調査したところ、SKIMAで稼げない理由は以下の3つだと判明しました。

  1. プロフィールがイマイチ
  2. 報酬が少ない
  3. 技術と知識が足りない

すでにSKIMAで仕事をしている人にしてみたら、上記の3つの理由のうち、どれが自分に当てはまるのかピンとこない人もいるはずですよね。この後に、それぞれの問題点ごとで紹介していきますが、冒頭部分でどんな人に当てはまるかを取り上げています。自身の状況と照らし合わせながら読み進めてもらえると、解決策がすぐに見つかるはずですよ。

これからSKIMAを始めようと考えている人にとっては、3つのポイントさえ守れていれば稼げるチャンスが増えることになるので、ぜひ最後までチェックしていきましょう。

1.プロフィールがイマイチ

プロフィールは自分がどんなクリエイターかをアピールする大事な材料です。プロフィールが充実していないと、依頼したい人が「このクリエイターにお願いしたい」という気持ちになれません。プロフィールに載せる情報は、プロ意識をもって充実させる必要があります。

では、どんなプロフィールが充実したものなのか、人気のクリエイターのものをチェックしてみましょう。

こちらのクリエイターはフォロワーが300人を超えており、良い評価を多く獲得しているのが分かりますよね。画力もすぐれているのですが、プロフィールや紹介文は丁寧に作りこまれ、プロ意識が感じられます。このプロフィールから読み取れるポイントをまとめました。

  • どんな仕事ができるか一目で分かる
    何を作ることができるか、成果物の詳細情報も記載されています。
  • 作業の流れが細かく書かれている
    工程が書かれていることで「きちんと仕事をするクリエイター」だと安心感をもたれやすくなります。
  • 過去作品が多数掲載されている
    これまでの作品を見ることで、依頼人が求めているものを頼めるか判断しやすくなります。

総じて、安心して依頼しやすい内容になっていると感じられました。顔も見たことない人にお金を払って依頼をするわけですから、離れていてもちゃんと仕事をしてくれる人に作ってもらいたいものですよね。

稼げるクリエイターのプロフィールのポイント

他の人気クリエイターのプロフィールもチェックし、共通して書かれていることをまとめました。

  • メールアドレスやTwitterアカウントなど個別の連絡先
  • ブログなどポートフォリオとなるもの
  • 納品日の目安
  • 受けられる仕事と受けられない仕事
  • 著作権の譲渡など、成果物の取り扱いについて

など。細かに書かれていました。ぜひ、稼いでいるクリエイターを参考に、プロフィールを充実させましょう。クリエイターの検索で「人気順」にしてみると、その通り人気のあるクリエイター順に並び替えることができて、調べやすくなります。

また、SKIMAに登録してしばらくは「新着順」でトップに表示されるようになります。この間は単価を低めに設定して、とにかく依頼数を集め、依頼人からの実績を獲得するのも戦略です。実績が多ければ多いほど「このクリエイターは信頼できる」と評価されて、依頼の問い合わせも増えていくでしょう。

いますぐSKIMAに登録する

2.単価設定が低い

仕事の依頼はあるけれど、報酬が少ないという人は単価設定を見直してみましょう。時間をかけたのに、これだけ…?と嘆く人が多いのも、副業デザイナー、イラストレーターのあるあるではないでしょうか。見直し方は簡単。報酬の相場をチェックすることです。

例えば、この方はSNSアイコンを5,000円で販売しており、実績や評価も多数ありました。納品は7日以内なので、短い時間で作品を提出するので即金が期待できます。

SNSアイコンだけでも1,000~1,0000円以上とピンキリですが、高すぎると依頼する人がいなくなる…という理由で単価を安く設定してしまうことも。しかし、手取りが低ければビジネスとして成り立ちません。自分が満足できて、依頼人も納得できる金額に設定することが大事です。

報酬を高めにすることに抵抗感を抱くかもしれませんが、設定した金額に対する付加価値をアピールすれば依頼者も納得できます。付加価値とは例えばこんなものがあげられます。

  • イラストやデザインの経歴
  • 納期を遵守する約束
  • 他サービスからの依頼人からの評判

特に3つ目ですが、イラストやデザインのSKIMAだけではありません。他のサービスも掛け持って販売し、その依頼人からの評判もアピールすることで高価な報酬にもうなづけます。

イラスト・デザインの仕事ができるサービス

SKIMAのようにクリエイターと依頼人をマッチングさせるサービスはたくさんあります。可能性の幅を広げるためにも、積極的に登録しましょう。登録料や維持費はいっさいかかりませんので、リスクなく収入源を増やすことができますよ。

以下の3つのサービスはクラウドソーシングと呼ばれており、数えきれないほどの案件が揃っています。得意分野を発揮できるものにも遭遇できる可能性は十分にあるので、ぜひ登録して詳しく案件を調べてみましょう。

ランサーズ

クラウドワークス

ビズシーク

まだSKIMAに登録してなければこちらから

3. 技術と知識が足りない

クリエイターとしての技術力や知識が足りず、世間が求めるものを作り出せないのも稼げない大きな原因です。単純に絵を描くことが下手というわけではなく、人々が求めているものとクリエイターの作風とのミスマッチも考えられます。

SNSアイコンでいうなら、アニメや漫画の世界に出てくるキャラクターテイストのイラストがニーズが高い印象です。けれども、得意なものが風景画などでは少しミスマッチを感じてしまいますよね。

自分の得意分野のイラスト・デザインが売れるには、ニーズがあるものを描けるにはどうしたらいいかを解決するには、オンラインスクールや講座でスキルを磨いたり、情報収集したりしなければなりません。

デザイナー、イラストレーター向けのオンラインスクール

オンラインスクールというと数万円でコースを申し込まないといけないというイメージがあるかもしれませんが、コースだけでなく単発でも学べるスクールがあります。値段も手ごろなものが揃っているので、有効活用しない理由はありません!それぞれのサービスの会員登録は無料です。

サービス内の検索機能で「イラスト」「デザイン」で検索したり、カテゴリから探してみるとより見つけやすくなりますよ。

ストリートアカデミー

サイタ

稼げるポイントをおさえて、SKIMAで稼ごう!

イラストやデザインで収入を得たいなら、SKIMAは活用すべきサービスです。これまで紹介した稼ぐためのポイントをしっかりおさえて、ぜひ稼げるクリエイターになりましょう!

SKIMAに登録して稼ぐ

SKIMA(スキマ)の稼ぎ方と評判のまとめ!イラスト・デザインの副業には欠かせないサービス「イラストを描く仕事がしたい」と思ったことのある方なら、"SKIMA"というサービスを耳にしたことがあるのではないでしょうか?デザインが...
ABOUT ME
ayakaida
ayakaida
1987年生まれ。東京で保育士として勤務をしていたが、2013年に夫の海外赴任に帯同するために退職。 海外で勤めることができないなかでクラウドソーシングと出会い、SNSで文章を書くことが好きだったこともありWebライターとして活動を始める。 場所や時間にとらわれず、自分の好きなことを仕事にしたい友人たちの声を聴き、自分にできることで人々のライフスタイル充実に貢献したい思いから編集長に就任。 2児の母親かつクラウドワーカーとして500以上の記事制作、編集に携わる。SEOにも精通しており、リライトで圏外から1ページ目表示を達成した実績も多数。 現在はライティングプロダクション運営、講師業も行い、新しい働き方のヒントとしてWebライターの働き方を発信している。 趣味はムエタイで元世界チャンピオンから指導を受けている。
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加