投資

初心者におすすめの少額投資とは?株式投資・投資信託・ロボアドについて徹底解説!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「少額投資を始めてみたいけど、どの投資を始めてみればいいのか分からない」

「株式投資や投資信託、ロボアドバイザーとかいろいろあるけど、どれを始めればいいんだろう?」

など、人生100年時代を見据えて少額投資を始めてみたいけど、どの投資を始めたらいいのか分からなくなってしまいますよね?

今回は、少額投資のメリットとデメリットを抑えた上で、少額投資におすすめの資産運用として株式投資、投資信託、ロボアドバイザーの3つをご紹介していきます。

人生100年時代に向けて、少額投資を始めていきましょう!

少額投資って?


「少額投資をすると、どういうことで得ができるの?」「少額投資をしても危険はないの?」など、少額投資をすることによるメリット・デメリットについて抑えておきましょう。

少額投資を始めるメリット

ズバリ、投資初心者が少額投資を始める最大のメリットは、「将来的に大きな投資をするための経験を積めること」にあります。

「東京電力の株が暴落して退職金を失ってしまった……」といった、投資に関する失敗談を聞いたことはありますよね?

投資経験がない人が、ボーナスや退職金を全て投資につぎ込んで大きな失敗をしてしまったケースは枚挙にいとまがありません。

若い内から少額投資をしておくメリットは、まさにこのような事態を避けられるようになることにあります。

投資の世界では、同じ失敗をしたとしても、投資金額が大きければ大きいほどダメージが大きくなります。

逆に言えば、どのような大きな失敗をしてしまったとしても、少額投資ならダメージはほとんどありません。

仕事であれスポーツであれ、どのようなことでも、失敗をしてトライアンドエラーを重ねて上達していきますが、投資も例外ではないのです。

同じ失敗をして経験を積むなら、ダメージは小さいに越したことはありません。

「投資は若い内からしておいた方が有利である」とよく言われているのは、小さな資金で多くの経験を積むことができるためです。

若い内から少額投資を始めておくことは、自分自身の将来への投資に他ならないのです。

少額投資のデメリット

少額投資のデメリットは、利益自体はそこまで大きく期待できないことにあります。10万円程度の少額投資をしても、そこから生まれる利益は微々たるものであることが現実です。

投資では、運用する金額が多ければ多いほど、利益も大きくなります。しかし、経験がない状態で大きな金額を運用してしまうと、虎の子の資金を一発で融かしてしまうようなことになりかねません。

少額投資をする初めの内は「儲からない」というデメリットを念頭に入れた上で、経験を積むことを優先することが重要です。

また、10万円程度で少額投資を始めたばかりのときはあまり利益が生まれませんが、毎月の給料から投資に回す「積み立て投資」をすることによって、このデメリットを解決することができます。

少額投資から始めて、積み立て投資をして徐々に投資額を大きくしていくことによって、投資経験を積みながら利益を増やすことが可能になります。

少なくとも、投資の経験がないにも関わらず、いきなり大きな投資金額で始めることだけはやめておきましょう。初心者が投資を始める際には少額投資から始めるに限ります。

初心者におすすめの少額投資アプリは?株・ポイント投資・ロボアドのアプリをご紹介!「投資や資産運用を始めてみたいけど、いきなり大金を投じるのは恐い…」 「少額投資を始めるのに、おすすめのアプリはないかな?」 など、...

少額投資できる投資について徹底解説!


昨今は、多種多様な金融商品が乱立していることから、「少額投資ができる投資にはどういうものがあるのだろう?」と困ってしまいますよね?

少額投資ができる代表的な投資として、株式投資、投資信託、ロボアドバイザーの3つをご紹介していきます。

少額投資ができる投資の特徴

少額投資が可能な代表的な投資についてまとめると次の表のようになります。

 株式投資投資信託ロボアドバイザー
必要金額5万円~1万円~10万円~
難易度難しい簡単とても簡単
手数料無料~数百円運用額の1%前後運用額の1%前後
NISANISA、ジュニアNISANISA、ジュニアNISA、つみたてNISA

株式投資

株式投資は、上場企業に投資するもので、投資の王道です。

かつては、株式投資をするには数百万円の資金が必要でした。しかし、近年は必要投資金額が大きく下がっており、個人投資家が株式投資を始める敷居は大きく下がっています。

特に、2018年10月から、日本の株式市場である東京証券取引所では、全ての上場株式の単元数が100株に統一されたことにより、より多くの銘柄に少額投資することが可能になりました。

具体的には、大手メガバンクの【8411】みずほファイナンシャルグループは約1万6,000円、大手IT企業の【4689】ヤフーは約3万円から少額投資することができます。

株式投資をするには、証券会社に口座を開設しておく必要がありますが、初心者には、手数料が安く商品が充実している「楽天証券」か「SBI証券」がおすすめです。

株式投資は手数料も非常に安く、楽天証券やSBI証券なら10万円以下の取引は手数料無料となります。

また、株式投資で出した利益には約20%の税金が発生しますが、少額投資非課税制度であるNISAやジュニアNISAを使うことによって非課税となります。

株式投資は少額投資が可能で、手数料が安く、NISAで非課税となるなど多くのメリットがありますが、銘柄選びや買い方といった運用を全て自分自身の手でやらなければならず、投資難易度が高いということは抑えておきましょう。

https://toshi-beginner.net/articles/about-stock/

投資信託

投資信託は、株式や債券、REITといったさまざまな金融商品がパックになった金融商品です。

資産運用のプロであるファンドマネージャーに運用を委託するため、株式投資のように自分自身で運用する必要はありません。ただ、「どの投資信託を選べばいいのか?」は自分で選択する必要があるため、投資信託に関してある程度の知識は必要です。

投資信託は、「楽天証券」や「SBI証券」などのネット証券で買うことが可能です。銀行などでも買えますが、手数料の観点からおすすめできません。できるならネット証券で買うようにしましょう。

多くの投資信託は1万円以内から投資することが可能で、NISAやつみたてNISAといったNISAにも対応しています。特に、2018年から始まったつみたてNISAは、投資信託に特化した制度となっておりおすすめです。

投資信託のデメリットは、ファンドに払うことになる手数料(信託報酬)が高いことが挙げられます。信託報酬は運用額の1%前後となっており、株式投資に比べると割高です。

投資信託にかかるコストを説明!購入手数料や信託報酬とは?ノーロード投信をオススメする理由投資信託にかかるコストを説明!購入手数料や信託報酬とは?ノーロード投信をオススメする理由 投資信託ってコストがかかるイメージがあります...

ロボアドバイザー

ロボアドバイザーは、いくつかの質問に答えて、AIが運用商品を決めてくれる新しい金融サービスです。

投資信託の場合は、投資信託の商品選びは自分自身の手で行う必要がありましたが、ロボアドバイザーでは商品選びもAIが行ってくれます。

このため、一切の金融知識がなくても運用することが可能です。もちろん、10万円程度の少額投資から始められます。

ロボアドバイザーを利用するには、「ウェルスナビ」や「楽ラップ」、「THEO」といったロボアドサービスを提供している業者に口座を開設する必要があります。

ただ、ロボアドバイザーは手数料が投資信託と同様に高く、NISAに対応していない点はデメリットとして抑えておきましょう。

ロボアドバイザーって何?メリット・デメリットとおすすめサービスを紹介します!ロボアドバイザーという言葉、今CMやニュース、新聞でも取り上げられているので聞いたことがある方も多いかもしれませんね。 聞いたことがあ...

まとめ


今回は、初心者におすすめの少額投資として、株式投資・投資信託・ロボアドバイザーについてご紹介してきました。

将来的に自分自身の手で大きなお金を運用したいなら、株式投資を少額から始めることをおすすめします。日本でお金持ちになった人の大半は株式投資で財を形成している統計もあるなど、株式投資はお金持ちになるための王道とも言える投資です。

株式投資よりリスクを抑えたいなら、投資信託で少額投資を始めましょう。2018年からは投資信託に特化した非課税制度「つみたてNISA」も始まっており、おすすめの資産運用です。

金融知識が一切ないけどほったからし投資しておきたいなら、ロボアドバイザーでの少額投資がおすすめです。

人生100年時代に向けて、少額投資による資産運用を始めていきましょう!

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加