体験談

研究開発の傍ら、趣味を生かしたスポーツ記事のライティングをしています

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

自己紹介をお願いします。

私は北海道在住の40代男性です。職業は会社員。インフラ関係の会社で研究開発に従事しています。専門は化学です。新たな技術開発だけでなく、化学捜査班として設備トラブルの原因究明も行っています。

趣味は、スポーツ、ドライブ、料理、漫画、酒、LINEスタンプ作りでしょうか。スポーツは、するのも観るのも好きです。主に、テニス、サッカー、バレーボール、空手をしています。観戦するのは、プロ野球とJリーグ、空手の試合をよく見に行きます。酒はビール党ですが、翌日が休暇の場合は、ワインや日本酒も飲みます。

LINEスタンプは、これまでそれなりに販売していますが、広報活動をしていないためか、あまり売れていません。今後、SNS等による宣伝にも力を入れたいと思っています。

今収入を得ている副業を簡潔に教えてください。

主にスポーツや観光関係の記事を書くライティングの副業をしています。月に10,000円~20,000円程度でしょうか。4,000字前後の記事を週1~2件書いています。文字単価は0.7円前後です。

ライティングの依頼元が指定する条件が厳しく、SEO対策のキーワードであったり、剽窃(ひょうせつ:いわゆるコピペ、パクリ記事)のチェックであったり、あるいは画像の質や量まで、細かいチェックがあるため、記事構成の作成から完成記事の入稿、校正に時間を要します。

1記事に対して、所要時間がトータル5時間を超えることもあり、時給に換算すると非効率に感じます。例えばスポーツ記事で、テニスやサッカーなどの得意種目なら何も調べずに書けますが、そうではないフィットネスやダイエット、筋力トレーニングなどが記事のテーマになると、さらに調査する時間が増える上に、参考にした記事の剽窃にならないように書くのが非常に大変です。

また、本業の研究開発とは見かけ上それほど関係はない仕事です。しかし、ライティングスキルは会社員生活の様々な場面で役に立っていますので、それはそれでよいかなと思いますが、より高収益な副業を探している最中です。

副業を始めようと思ったきっかけを教えてください

副業を始めようと考えたきっかけは、まず1つは、自分が現在勤めている会社の将来もそうですが、退職後の生活に不安があるからです。国の年金制度が全くあてにならず、かといって保険会社などの年金型保険に加入するのにも限界があります。退職後も誰かに必要とされるようなスキルの引き出しをいくつか持っておくのは重要かと考えます。

もう1つの理由は、やはり会社員として、文章を書く力を養うことになる、というむしろ投資的な意味合いがあります。研究開発の文章は専門家しか見ないことが多いですが、副業のライティングでは本当に様々な人の目に入ります。幅広い読者層に向けた文章を書く力を見つけたいと考えました。

というわけで、そのような理由でライティングの副業を選んだ次第ですが、今後は画像処理などの副業にも取り組みたいと考えています。しかし、画像処理やイラストは、本業の方が多く副業もしているため、私のような素人が入り込む余地がなかなかなく、苦労しているところです。

具体的にどんなことをしているのか教えてください

まず依頼元が記事のテーマ候補のリストを配布し、早い者勝ちで各ライターがどの記事を書くか決めます。リストには、記事のタイトルから、記事の概要、SEO対策であるキーワードとその入力数が指定されています。それをもとに、まず記事の見出し構成を作成します。

大見出しと小見出しの数も指定されていますので、それに沿った数の見出しを考え、順番に並べて記事構成として依頼元に提出します。ここまでの所要時間は早くて1時間程度、知らない分野の記事だと2~3時間を要します。

依頼元の構成に関する承認が得られたら、具体的に記事を執筆します。見出し毎の文字数も制限があります。キーワードも決められた数だけ入れなければなりません。

画像も作成する場合があります。特にハウツー系は、具体的なプレー写真が必要となり、ネット上の写真は使用できないため、自撮りして画像の加工をするなどの大変な作業が発生します。決められた文字数、画像数、キーワード数、文章や画像が剽窃ではないか確認し、問題がないと思ったら入稿します。

平均で3~4時間程度かかりますが、画像の自撮りなどがあると、5時間ですまないかもしれません。入稿後の依頼元チェックに1~2日前後を要します。問題なければ報酬となりますが、剽窃認定されて修正しても覆らずに無報酬だったこともあります。5時間程度の作業が全くの無駄になりました。

私の場合、平日の帰宅後1~2時間程度作業することもあれば、平日は作業せずに土日に集中して作業することもありますので、記事完成までの期間は様々ですが、執筆開始から報酬支払完了まで1~2週間程度となります。

自分がやっている副業はどんな人に向いていると思いますか?

当たり前かもしれませんが、簡潔でわかりやすい文章を速く書ける方。そして、剽窃のセルフチェックが確実な方でしょうか。入念に関連するウェブページを調べ、もちろん剽窃のチェックを怠らず、自分自身の言葉で慎重に記事を書ける方です。

依頼元によっては、一度剽窃認定したら、いくら修正しても、記事承認してくれない方がいます。ライター自身がいくらオリジナルの文章だと思っても、依頼元がそう思うとは限りません。コピペチェックのウェブページはありますが、それで問題なくても剽窃扱いをされたことがあります。

したがって、そのような依頼元の仕事を回避する能力も重要かもしれません。あと、苦労して書いた記事が水の泡になっても決して傷つかない強いメンタルも必要かと思います。

最後にこれから副業を始めたい人へメッセージをお願いします!

副業である程度お小遣いは得られるかもしれませんが、私は人間的な成長という意味で、投資的価値が大きいと考えています。本業でも様々な部門を経験することはありますが、それは自分自身で決めたことではないため、身につかないことがあります。

しかし、副業は本業以外の分野を自ら選択することができ、副収入というバロメーターで自分の成長も実感することができます。本業とは違うビジネススキルを身につけられるのもありますが、様々な依頼元の方がいらっしゃいますので、本業では出会うことのできないいろいろな方とのコミュニケーションも成長の糧になると思いますので、会社の規定に抵触しない範囲で副業をご検討いただければと思います。

2020年最新の社会人向け副業20選!おすすめWワークで収入増!2020年現在、政府も推奨する副業容認の流れは、働き方のトレンドになりつつあります。 それでも本業の会社には知られたくない、できるだけ会...
ABOUT ME
ayakaida
ayakaida
1987年生まれ。東京で保育士として勤務をしていたが、2013年に夫の海外赴任に帯同するために退職。 海外で勤めることができないなかでクラウドソーシングと出会い、SNSで文章を書くことが好きだったこともありWebライターとして活動を始める。 場所や時間にとらわれず、自分の好きなことを仕事にしたい友人たちの声を聴き、自分にできることで人々のライフスタイル充実に貢献したい思いから編集長に就任。 2児の母親かつクラウドワーカーとして500以上の記事制作、編集に携わる。SEOにも精通しており、リライトで圏外から1ページ目表示を達成した実績も多数。 現在はライティングプロダクション運営、講師業も行い、新しい働き方のヒントとしてWebライターの働き方を発信している。 趣味はムエタイで元世界チャンピオンから指導を受けている。
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加