おすすめ副業

税理士におすすめ!資格を活かした副業5選と必要なポイントまとめ

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「税理士が副業する際に注意する点は何?」
「税理士が副業するメリット・デメリットが知りたい」
「税理士におすすめの副業って何だろう…」

税理士として活躍するみなさんでも、副業を検討する際には上記のようなさまざまな疑問が浮かぶことでしょう。そこで今回は、税理士が副業するときの注意点からおすすめの副業まで、気になる情報を大公開します。

税理士が副業する場合の注意点


まずはじめに、税理士が副業する場合にいくつか注意しておきたいポイントをまとめました。さっそくチェックしていきましょう。

開業税理士の場合

税理士として自分で開業している人は、副業するかどうかは自分次第。税理士としての一般的な守秘義務や忠実義務を守ることができれば、場所やスタイルにとらわれずに副業することが可能です。

ただし、自由度が高い分、無理して仕事を詰め込む原因にもなりかねません。本業との兼ね合いとともに、自分の体力面も考慮して働く必要があります。

所属税理士は副業禁止かどうかは要チェック

税理士事務所に所属する立場の税理士の場合は、まずはじめに副業が認められているかを確認する必要があります。副業が禁止されているのを無視して働くと、後々大きなトラブルに発展する可能性が高いです。

所属税理士として働いている人は、会社の就業規則をチェックし、会社や上司に許可を得てから副業を行いましょう。

税理士資格がない補助の人は副業しやすい

税理士事務所で税理士資格を持たずに補助的な仕事をしている人は、会社の就業規則で副業が認められているのであれば、副業に関する縛りはありません。

ただし、資格がないので税理士として副業を行うことはできないです。税理事務所で行っていることとは異なる仕事を探す必要があります。

周囲に相談して理解を得ること


税理士が副業を行う上でとくに注意したいことは、あらかじめ周囲に相談して理解を得ておくこと。副業をするということは、今までより仕事をする時間が増え、プライベートの時間が削られてしまいます。

とくに、家族との時間が少なくなることは明白なので、きちんと話し合っておくことが大切です。副業が原因で家族とすれ違うようなことになってしまっては、本末転倒ですからね。周囲の理解を得ておくことで、副業がより取り組みやすい環境を作ることができます。

税理士が副業するメリット


副業に対する意欲をアップさせたいなら、副業で得られるメリットをチェックしてみませんか?ここで、税理士が副業するメリットを紹介します。

年収をアップできる

税理士が副業すると、当然ですが年収をアップさせることができます。とくに、自分で開業している税理士なら、事務所を運営する費用の心配を軽減できるのは魅力的ですよね。

年収をアップできるということは、本業だけでは心もとない開業税理士にとって、大きなメリットといえます。

低費用で始められる

低費用で始めることができるという点も、税理士が副業するメリットです。副業に必要な資格はすでに持っているので、費用はもちろん、時間も費やすことなく始められます。

資格を活かせる副業方法は後ほど紹介しますが、費用がかからないか低価格で始められるものが多いです。副業を始められるベースが、すでにある程度整っているということは、税理士の魅力といえます。

本業にもいい影響を与えられる

副業をすることで本業にもいい影響が与えられることも、税理士が副業するメリットの1つ。副業で知名度がアップすれば、本業の顧客を増やせる可能性にも繋がります。また、副業つながりで新たな人脈が生まれ、活躍の場を広げることもできるかもしれません。

税理士は本業の知識を活かして副業ができ、また副業の知識・経験を本業に反映できる可能性があります。本業と副業の関係性がもたらす効果が大きいのは、専門性が高い税理士ならではのメリットです。

税理士が副業するデメリット


税理士の副業には、メリットだけでなくデメリットもあります。続いて、税理士が副業するデメリットもチェックしていきましょう。

負担が大きくなる

副業を始めると本業に加えて仕事をする時間が増えるので、負担が大きくなることは間違いありません。スケジュール調整が上手くできなければ、本業や体に支障をきたす可能性があります。

税理士で副業を始める際は、増える負担についてもしっかり考慮することが大事です。

副業と聞いて不安を覚える依頼者もいる

経歴や実績が十分にも関わらず、副業という言葉のイメージだけで税理士としての信用度が落ちる場合があります。

副業と聞くと、どうしても本業の片手間でしているという印象があり、依頼側の中には「本業のほうを優先されたらどうしよう」「副業できちんと請け負ってもらえるのか…」と感じる人もいるようです。税理士業を副業で行う場合は、中には副業税理士を敬遠する人もいることは念頭に置いておきましょう。

土日勤務が難しい場合もある

税理士が行う副業の種類によっては、土日に働くことが難しいケースも考えられます。

副業でも税務処理を中心に働く場合は、

  • 税務署は土日祝が休み
  • クライアントが希望する依頼の多くは平日の日中の時間帯

といった点がネックになることもあるのです。

土日にいくら副業する時間が取れても、クライアントの希望と合わなければ仕事になりません。土日を使って副業しようと考えている税理士の人は、副業の種類や仕事内容を考慮することも必要です。

税理士資格が生かせるおすすめの副業


税理士が副業をするなら、専門知識や資格が生かせる副業がおすすめです。これから税理士におすすめの副業を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

予備校講師

税理士を目指すための予備校で講師として働く副業はおすすめです。税理士として自分が培ってきたノウハウや、経験をもとに仕事できるので講師業未経験でも取り組みやすいでしょう。

また、予備校は平日の夜の時間帯や土日に講義があるケースが多く、本業があっても働くことができます。ただし、本業が終わってから夜まで予備校生と真摯に向き合うことを考えると、体力的にも精神的にもハードな仕事です。予備校講師として働く前には、増える負担や両立させられるかどうかを十分考えてみてください。

アフィリエイト

自身の専門知識・経験をブログで公開して、アフィリエイトで稼ぐといった手法も税理士におすすめ副業の1つ。アフィリエイトは、ブログ内でアフィリエイト広告を掲載して、その広告のサービスや商品が購入されたら報酬が得られるシステムです。税理士という肩書をもってすれば信憑性の高い記事が生産でき、ブログから本業の依頼が来ることも考えられます。

しかし、アフィリエイトは稼げるようになるまでに、相当な時間と根気が必要です。アフィリエイトはその点を踏まえた上で、長い目で見て取り組むことをおすすめします。

初心者必見。副業アフィリエイトで稼ぐための入門書完全在宅・時間を問わずできる副業と言えば、アフィリエイトが代表的です。 実際に副業を探している方のなかにも、「ブログやホームページのア...

YouTubeで動画配信

YouTubeで税理士としての知識やノウハウを動画配信し、広告収入で稼ぐという副業もあります。ただし、YouTubeもブログ同様、稼げるようになるまで時間と根気が必要な副業です。

競合も多く、他の動画チャンネルとの差別化や専門知識も稼ぐためには重要になってきます。そうした点を考慮するとYouTubeで動画配信するなら、本業が軌道に乗って金銭的に余裕があるタイミングで行うのがおすすめ。

時間、金銭面ともに満を期していると感じている人は、YouTubeの動画配信を副業として検討してみましょう。

書籍出版

税理士になるためのノウハウや実際の経験をもとに、書籍出版を目指してみてはいかがでしょう。

知識や経験に加えて、読者に刺さる企画を行う必要があるので、書籍出版はハードルが高めの副業です。しかし、noteといった自分のコンテンツを自由に配信できるサイトを利用して、マガジン単位で販売する方法もあるので、検討する余地はありますよ。

自分の新たな可能性を広げてみたいなら、書籍出版も副業の選択肢にいれてみてください。

フリーランス税理士

フリーランスの税理士として副業を行うのもおすすめです。クラウドソーシングサイトを活用すれば、在宅で税務処理を引き受けることができます。本業の知識・経験を発揮して仕事に取り組めるので、スムーズに副業を進められるはずです。

フリーランスの税理士として副業したい人は仕事のイメージを掴むために、試しにクラウドソーシングサイトに登録して、どんな案件があるのかチェックしてみましょう。

まとめ:税理士は資格を活かせる副業がおすすめ


税理士が副業したいなら、資格を活かせる副業がおすすめです。

  • 予備校講師
  • アフィリエイト
  • YouTubeで動画配信
  • 書籍出版
  • フリーランス税理士

本業の経験を副業に反映することができ、また副業から本業にいい影響を与えることも期待できます。

こうした副業を始める際は、本業と両立できるかを確認することに加えて周囲から理解を得ておくことも大切です。税理士の人はさまざまな観点をチェックして、準備を整えてから副業に取り組んでみてください。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加