おすすめ副業

教師は副業禁止?副業の実態とおすすめの副業を紹介!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

副業を解禁する企業が増えたことにより、

  • 教師は副業できないの?
  • どこまでなら許される?
  • どんな副業があるの?

と疑問を持つ教師の人もいるのではないでしょうか?そこで今回は、教師の副業の実態や、おすすめの副業を紹介していきます。

教師は副業をしてもいいの?


「教師=副業禁止」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?まずは、公立、私立の学校に勤務する教師の副業事情について説明します。

公立の常勤教師は基本的に副業禁止

2018年、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を作成したことから、副業を解禁する企業が増えてきました。しかし、地方公務員法第38条では「営利目的で事業を行って報酬を得てはいけない」と定められているため、地方公務員である公立の常勤教師は、この法律に従い原則として副業をしてはいけません。

ただし、これはあくまで「原則」であるため、例外として教育委員会が許可した場合は副業をすることができます。また、公立であっても非常勤であれば副業をしても問題ありません。

私立の教師は学校による

私立の常勤教師の場合は、勤務する学校によって副業できるかどうかは異なり、全面的に禁止の学校もあれば、許可のもとであれば副業ができる学校もあります。ただし、副業が認められている場合でも、本業に支障を来たさないことが前提であり事業内容に制限があることも少なくありません。

また、非常勤講師の場合は副業をしても問題ない場合がほとんどです。私立で常勤教師をしながら副業を考えている人は、在籍する学校の就業規則を確認しましょう。

公立教師の副業はどこまでOK?


原則として副業禁止であるとはいえ、一部例外があり、副業の定義には曖昧な部分があるため、必ずしもできないというわけではありません。では、公立教師の副業はどこまでならOKなのでしょうか?

任命権者の許可があればOK

地方公務員法第38条と教育公務員特例法第17条によると、

  • 教育に関する事業は任命権者の許可があればOK。
  • 教育に関する事業以外は人事委員会規則に基づく任命権者の許可が必要。

となっています。細かい基準は市町村によって異なりますが、教育に関する事業としては執筆や講演などが一般的です。いずれにしても、特殊な事情がない限り公立教師として働きながらの副業のハードルは低くありません。

副業にはグレーゾーンもある

副業とは「本業以外の仕事で収入を得ること」であり、法律で明確に定義があるわけはありません。公立の教師においては基本的に許可を得ることが必要ですが、中には株式投資や小規模な不動産など副業にあたらないものもあります。

また、フリマサイトで物を売る、アンケートに答えてポイント獲得する、知り合いから頼まれた仕事をして報酬を得るなどは副業として扱うかどうか微妙なラインです。近年ではクラウドソーシングで簡単に副業ができるようになってきたため、許可を得ずにこっそりやっている人もいます。

こっそりやるとバレることも

クラウドソーシングやアフィリエイトが普及したことにより、副業禁止のルール下でもこっそり副業を行っている人も増えてきました。副業は年間所得20万円以下なら確定申告が不要なので、勤務先にバレる可能性は低くなりますが「絶対に安全」「100%バレない」という方法はありません。

教師として許可を得ずに何かしらの副業を行う場合、バレる可能性があることを理解しておきましょう。

【正社員必読】副業が会社にバレる原因や仕組みとバレない対策を徹底解説!副業解禁の企業が増えつつあり、サラリーマンでも副業を始める人が増えています。副業を始めることで臨時収入を得ることができて、気分転換や将来...

教師におすすめの副業とは?


副業に関して制限が多い教師ですが、許可を得ればできること、または副業に当たらないとされることを利用すれば副業をすることも可能です。では、教師にはどんな副業が可能なのでしょうか?

執筆活動

任命権者の許可を受けて依頼された原稿の執筆を行う、本を出版するなどの執筆活動は教師に人気の副業のひとつで、原稿執筆の依頼を受けたら原稿料を受け取り、その書籍が出版されると印税が支払われます。

執筆活動は許可を受けての副業とはいえ、

  • 本業に支障が出ないこと
  • 本業で知り得た情報を漏らさないこと
  • 教師の品格を損なわない範囲で行うこと

が前提となるので、執筆内容には注意しましょう。

FXや株などの投資

副業には明確な定義がありませんが、FXや株などの投資は資産運用のひとつとして考えられているため、公務員であっても一般的な副業禁止規則のある企業でも問題ありません。そのため、FXや株式投資は教師として許可なしで行う副業としては最も安全と言えるでしょう。

ただし、株式の場合は基本的に平日の昼間しか取引ができず中長期投資が中心になるため、短期の取引をしたいのであれば夜間でも取引可能なFXや仮想通貨がおすすめです。

株式投資で稼ぐには初期投資はいくらから必要なのか?ミニ株やポイント投資も解説

投資をするなら不動産投資!公務員に不動産投資をおススメするその理由とは

小規模な不動産賃貸

公務員は一定の基準を満たせば合法的に不動産投資を行うことができ、例えば親族から賃貸物件を相続した、転勤の間に家を人に貸したというケースはよくある話です。

国家公務員の場合は、5棟10室未満かつ年間収入500万円までの不動産収入ならOKとされていますが、地方公務員についてもおおむね国家公務員の規則に準じていることが多いです。不動産投資を行いたい公立教師は事前に自治体の規則を確認しておきましょう。

小規模な農業

農業も例外的に認められている副業なので特に許可は要りませんが、利益を主な目的とした大規模農業は認められていません。農作物を大量に売って収入を得るというよりは自家消費するという考えで行うのがベターですが、それでも家計の足しにはなるでしょう。

実家の農業を継ぐ、または手伝う場合は別として新しく農業を始めることとは簡単ではありませんが、都市部ではレンタル農園を使う人もいます。農業は副業としてお金を稼ぐというよりは趣味として楽しみながら家計を助けるという意味でおすすめです。

アフィリエイトブログ

アフィリエイトが副業になるかどうかはグレーな部分もありますが、副業禁止の教師は許可を得ていない場合は基本的にブログの広告収入を得てはいけません。執筆活動と同じ考え方で教育に関する内容なら許可を得やすいと言われていますが、秘密を守ること、本業に専念すること、信用を失うことは書かないことを厳守することが前提となります。

許可を得ていない場合、年間所得が20万円以下であれば確定申告をしなくても良いのでバレる可能性は低いですが、そもそもしてはいけないことです。

ただし、ブログを書くこと自体はできるため、広告を貼らずに無収入の状態でブログを大きくしておき退職後に広告を貼って稼ぐことなら可能です。ブログの収益化には時間がかかるため、教師として働きながらブログを進めておくことは将来的に退職を考えている人にはおすすめの副業と言えるでしょう。

初心者必見。副業アフィリエイトで稼ぐための入門書完全在宅・時間を問わずできる副業と言えば、アフィリエイトが代表的です。 実際に副業を探している方のなかにも、「ブログやホームページのア...

ユーチューバー

子どものなりたい職業として急激に人気が高まったユーチューバーは、ユーチューブ動画に広告を付けて再生された分だけ収益になるというものです。こちらもアフィリエイトブログ同様にグレーな部分もありますが、ユーチューバー活動に許可がでることは難しいと考えられるため、副業としてユーチューブで大金を稼ぐことはあまり現実的ではありません。

動画を投稿すること自体は違法ではないので、ブログ同様に広告を付けずにチャンネルを大きくしておき、退職した後に収益化する方法がおすすめです。ただし、現職中は顔出しや声出しをしない動画の方が学校にバレないので安心でしょう。

スキマ時間でyoutuberデビュー!副業でも堅実に稼ぐポイント「動画を投稿するだけでお金を稼ぐことが出来る!」 このことから大人はもちろん、小学生や中学生といった子どもも参入しはじめているYouTu...

まとめ:ルールの範囲内で副業をしよう


公立の常勤教師の場合、基本的には副業は認められていませんが、任命権者の許可を得た場合や副業に当たらないとみなされる場合は本業に支障を来たさない範囲で収入を得ることができます。中にはグレーゾーンの副業もありこっそりと行っている人もいますが、絶対にバレない方法はないため、ルールの範囲内で副業をしましょう。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加