お金が足りない

電車賃が払えないときは焦らず対処!ピンチを解決する方法を紹介します

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

電車に乗るとき、または降りるとき、「電車賃が払えない!」と気づいたら焦りますよね。
「家に帰れなかったらどうしよう…」「無賃乗車だと疑われたら…」と考え、途方に暮れる人は多いでしょう。
しかし、慌てなくても大丈夫!
電車賃が払えないピンチは、落ち着いて考えれば必ず解決することができます。

今回の記事では、電車賃が払えないときの対処法を紹介します。
まさに今、「電車賃が払えない~!」と焦っている人から、電車賃が払えない事態に備えたい人まで役に立つので、ぜひ読んでみてください!

「電車賃が払えない!」となる場合とは?


よほどのことがない限り、「電車賃が払えない!」という状況にならないはず…。
とはいえ、いつわが身にピンチが襲い掛かるかは誰にもわからないものです。
まずは、電車賃が払えないケースを紹介します。

財布を忘れた・落とした

電車賃を払えないケースとして1番起こりうるのが、財布を忘れたり落としたりした場合です。
財布を忘れただけなら時間があれば取りに戻ってピンチを回避できる可能性が残っていますが、財布を落とした場合は最悪な状況に!
電車賃をどうするかはもちろん、警察に届け出たり、クレジットカードの使用停止をしたり…と考えることがたくさん出てきます。
財布紛失は気を付けたいところですが、防ぐ方法はなかなか見当たらないのが現状です。

切符を落とした挙句、手持ちもなかった

切符を落として、さらに財布の中にはお金が入ってなかった…というケースもよくある電車賃が払えない状況です。
以前は「切符を落としてしまって…」と駅員さんに伝えると、「気を付けてくださいね」といわれるぐらいで改札を通してもらえるケースがほとんどでした。
しかし、規制が厳しくなった今は、切符を落とせば買い直さないと改札を通れない可能性が高いです。
そのため、切符を落として手持ち金がないと、「電車賃が払えない」というピンチに陥ってしまう確率も高いでしょう。

電車を終点まで乗り過ごした

電車賃が払えないケースとして、「残り少ないお金でなんとか切符を買えた!」とホッとしたのもつかの間、電車で眠りこけてしまい乗り過ごした!…というケースも少なくありません。
乗り越し精算するお金が残ってない状況で乗り過ごすと、途方に暮れてしまいますよね。
働き過ぎの日本人なら、誰でも起こりうる事態だと考えられます。

電車賃が払えないときの対処法


電車賃が払えないピンチは、誰にでも予期せずやってくると考えておいた方がよさそうです。
ここで、電車賃が払えないときの対処法を紹介するので、いざというときに試してみてください。

クレジットカードで買う

お金がなくて切符が買えないときでも、クレジットカードがあればピンチを回避できます。
今は、新幹線の切符や定期券といった高額のチケットでなくても、少額のチケットもクレジットカードで買えるようになっています。
「クレジットカード」と書かれていたり、暗証番号を押すテンキーボタンがあったりする券売機はありませんか?
手持ちのお金がなくてもクレジットカードを持っていたら、カード対応の券売機で切符を買って危機回避できます。

家族や友人に助けてもらう

電車賃がないときの対処法として、家族や友人を頼る方法も有効です。
家族ならお金を持ってきてもらえばいいですし、友人に頼んで電車賃分を借りるという手もあります。
ただし、誰に借りる場合でも反省している態度を示して、必ず返すことを伝えた上で、お金を借りましょう。

Suicaのデポジット解除をする

交通系ICカードのSuicaをもっている人が使える、電車賃が払えないときの対処法が、Suicaのデポジット解除です。

  • Suicaに入っている金額が220円以下…500円返金
  • Suicaに入っている金額が220円より多い…220円を差し引いた残金+500円を返金

Suicaは、上記のような払い戻しルールがあるので、電車賃が払えなくて困っている人なら、500円が返ってくるはずです。
足りない電車賃が500円以下でSuicaをもっている人は、この方法で乗り切るのもアリでしょう。

タクシーを使う

タクシーを使うという方法も、電車賃が払えなくて困っているときは検討してみましょう。
タクシーなら後払いなので、「家にお金あったから着いたら払おう」「着いたところで家族に出してもらって乗り切ろう」というようにピンチを回避できますよ。
その場でお金が足りないだけで、タクシー代を後から払える余裕がある人は有効な手段です。

万が一!対処法が見つからない場合は頼れる制度がある


先ほど紹介した対処法で乗り切れない、対処できる方法が見つからなかったという人でも、まだ落ち込むのは早いですよ!
実は、電車賃が払えないときに頼れる制度があるのです。
これから、緊急のときに駅や交番で頼れる制度を紹介します。

駅で:着駅精算

電車賃が払えないときに、自宅の最寄り駅で使えるのが「着駅精算」という方法です。
着駅精算は、「財布を落とした!」「お金が足りない!」という予期せぬトラブルに対応してもらえる制度。
降りた駅で駅員さんに「電車賃が払えない」旨を伝えて誓約書を書くと、電車賃の精算を後日に回してもらえます。
公共機関では義務になっているので、この方法を知っておけば「電車賃が払えない」というピンチになっても確実に乗り切れますよ。
しかし、交通機関によって使用条件などが違っている場合もあるので、注意しておきましょう。

また、この着駅精算の方法は、「万が一の場合、緊急避難として使うもの」と頭に置いておいてください。
悪用したり、悪意があると判断されたりした場合は、「詐欺罪などの罪で刑事告訴」や「着駅精算の制度がなくなる」といった可能性があります。

交番で:公衆接遇弁償費

電車賃が払えないときに、交番で頼れるのが「公衆接遇弁償費」という制度です。
公衆接遇弁償費とは、財布をなくしたり、盗まれたりなどのトラブルにあった人が、お金が使えなくて困っている場合、警察が利子なしで低額の金銭を貸してくれる制度です。
そのため、単純に「電車賃が払えない」という理由だけで、利用する制度ではないということは覚えておきましょう。

もし、公衆接遇弁償費の制度を利用する場合は、「借受願書」という書類に氏名や職業など、身分を示す情報を記入すると、交番でお金を借りられます。
当然、借りただけなので後日ちゃんとお金を返しに行くこともお忘れなく!

さらに注意したいのが、この公衆接遇弁償費という制度は、都道府県によってないところもあるということ。
また、制度がある都道府県でも、「借りたお金を返しにこない」などという理由から、制度が使えるか厳しく判断されます。
公衆接遇弁償費も、「万が一の場合、緊急避難として使うもの」と考えておきましょう。

まとめ:電車賃が払えないときは落ち着いて対処法を考えよう


「財布を落とした!」「乗り過ごしてお金が払えなくなった!」などというように、電車賃を払えないピンチに遭遇することは誰にでも起こります。
しかし、電車賃が払えないときでも、焦らなくて大丈夫です!

  • クレジットカードで買う
  • 家族や友人に助けてもらう
  • Suicaのデポジット解除をする
  • タクシーに乗る

というように、何かしら対処法はあるものです。
また、どうしても乗り切る方法がみつからなかったら、駅員さんに素直に伝えて「着駅清算」という方法を使いましょう。
落ち着いて、電車賃が払えない状況を乗り切る方法を探してみてください。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加