おすすめ副業

不労所得の作り方おすすめランキング!種類や始め方、収入を徹底紹介

「不労所得」と聞いたとき、はどんなイメージを持ちますか?

読んでその字の通り、不労所得は「労働の対価ではない所得」のこと。楽して入るお金があれば最高だな!というイメージがありませんか?

しかし、不労所得は単なる「簡単に楽してお金を得られるウマイ話」というわけでもありません。正しい知識を得て、戦略的に運用していく努力も必要。お金に関心をもって、副業ビギナーでこの記事を読んでくださっている方に、ぴったりではないでしょうか。では、具体的にどんな仕組みがあるのか、自分のライフスタイルに合った不労所得の実現方法を、ここで一緒に考えてみませんか?

不労所得について知ることは、あなたにとっての稼ぐこと・働くことの価値を再確認するきっかけにもなります。自分のライフスタイルに合った不労所得の仕組み作り、働くことの価値の再認識に、ぜひこの記事をご活用ください。

不労所得とはそもそも何か?


おすすめの不労所得ランキングを紹介する前に、今一度改めて確認したいのが、「不労所得」の意味。Wikipediaでは以下のように記載されています。

不労所得(ふろうしょとく、英: unearned income)とは、それを得るために労働する必要がない所得のこと。労働の対価として得る賃金・報酬以外による所得を指し、働かずとも得られる収入または収入源という意味で用いられることが多い。

英訳の「unearned income」のほかにも「passive income」などと言います。unearnedは「稼がずして得た・労せず得た」、またpassiveは「受け身の・受動的な」という意味。つまり、英語においても「じっとしていても入ってくるような所得」というイメージなんですね。

それならば、いわゆる「労働」は収入を得るために本当に必要不可欠なのでしょうか。

所得を得るために「労働」って必要?

「不労所得」と聞いた時に「労働しないでお金を得るなんて怪しいに違いない」と感じる人もいます。しかし、その根底には「所得は労働して得るものだ」「所得は働いて得るべきだ」という思い込みがありませんか?

さきほどのWikipediaには続きがあります。

利子、配当、賃料収入など投資による収益を指す場合や、有価証券や不動産等の権利自体を売買しその売買差益を指す場合、あるいはその両方を含める場合もある。

つまり、利子や配当や賃料などの収益は不労所得に当たります。「不労」なのか「労働」なのかは、ただ言葉の上での区別に過ぎないということ。所得のために労働が必要だと考えてしまうのは、思い込みが先行しているイメージにすぎません。頭の中のイメージを変えて、不労所得をかなえていきましょう!

不労所得を作る前に抑えたい3つのポイント!

不労所得には労働は必要ありませんが、必要なものがあります。銀行の利子で例えると、①どうしたら・どれくらいの利子を得られるのかという知識、②銀行に預ける資金、③利子が得られるまでの時間が必要です。

つまり、知識・資金・時間。

不労所得を作るポイントは知識・資金・時間を適切に働かせること。ライフスタイルにぴったり合った不労所得を見つけるためにこの3つがポイントになります。

学生や主婦でもできる不労所得は?


決まった時間に就労することが難しい主婦や学生にも不労所得は作れます。

不労所得は3つのポイント、知識・時間・資金をどれくらい活用できるかを基準にして選ぶのがおすすめです。

大切なのはたくさんつぎ込むことではなく、自分にとって適切な量を活用すること。適切な量がわからない場合は、難しく考えずにゆとりをもって始めやすい最小限の量からスタートし、自分にぴったりの量に合わせていきましょう。

活用できる時間から選ぶ不労所得

不労所得にかかる時間は、毎日少しづつ時間をかけてお得感を味わえるものから、最初に時間がかかるもの、利益が出るまで寝かせるものなど、さまざまな種類があります。

  • 毎日都合のつく時間を利用 : ブログなどのアフィリエイト、ポイントやアンケートサイト、写真・不用品・スキル販売
  • 最初に知識を得る時間を持つべきで、なおかつ定期的に調整が必要 : シェアサービス、FX、株式投資、投資信託、iDeCo、定期預金、不動産投資
  • 利益が出るまでに時間がかかるもの : 投資信託、iDeCo、定期預金、シェアサービス、不動産投資

個々の仕組みについてはランキングで紹介します。

ただし、未成年の方の場合は利用できるサービスが限られています。ブログなどのアフィリエイト、ポイントやアンケートサイト、写真・不用品・スキル販売、定期預金が利用できます。

初期投資できるお金から選ぶ不労所得

不労所得の多くは初期投資が必要です。

初期投資に必要な金額はどんな不労所得を作るかによって異なります。単純に初期の投資が大きいほど所得も大きくなる可能性が高くなりますが、元本割れした時の損失も大きくなります。生活に無理ない自分なりの金額から始めるのがおすすめです。

  • 初期投資ほぼ不要 : ポイントやアンケート、写真・不用品・スキルの販売
  • 月数千円から数万円 : ブログなどのアフィリエイト、投資信託、iDeCo、FX
  • 数十万以上 : 定期預金、株式投資、シェアサービス、不動産投資

ゴールを決めてモチベーションをUP!

ゴールから逆算して不労所得でお金を増やす計画を立てることの良さは、なによりもモチベーションUPと維持ができるということ。

「お小遣いの足しに◯円欲しい」
「社会人になるまであと◯年で◯円を手にしたい」
「早期退職して開業独立するまでに◯円作りたい」
「海外旅行費用に◯年で◯円を用意したい」

具体的な目標があると、副業は俄然楽しくなります。モチベーションのキープは大事ですよね。不労所得も同じです。

目標達成に向けて自分なりのプランを立ててみると、今何が足りていて何が不足しているのかを把握することができます。知識なのか、初期投資なのか、それとも時間なのか。きちんと把握するのがゴール設定のスタートです。

ゴール設定の参考にしたいのが、いくらくらいの所得につながるかということ。初期投資が大きいものほど、運用に成功すると不労所得も大きくなります。ほぼ不要で始められるポイントやアンケートはリスクはありませんが、順調でもお小遣い程度の収入です。ゴールに合った金額で始めるか、手元にある資金にぴったりのゴールを検討して始めたいですね。

おすすめの不労所得ランキング10選


おすすめの不労所得のランキングを紹介します。

不労所得にはさまざまなものがあります。この記事では、簡単に始めやすいもの、そして所得としてのリターンが確実に期待できるものを基準にランキングを作成しました。

それぞれの不労所得についてもおすすめのポイントを解説しています。ぜひ参考にしてください!

1位 ブログなどのアフィリエイト

ブログやWebサイトからアフィリエイトで収入を得る方法です。自分のブログやサイトを開設し、企業の商品やサービスを紹介するアフィリエイトのバナーなどを貼ります。サイト訪問者がそこからリンクを訪問したり、商品を購入するとその数に応じて収入が入る仕組みです。

アフィリエイトの収入例は月に数千円から5万程度。初期費用があまりかからなく、資金的なリスクが小さいので、仕組みとしては始めやすい不労所得です。そして、ハマると楽しい仕組みです。ブログを東して趣味やライフスタイルが同じ人とのコミュニケーションが取るのは、所得よりも喜びが大きくなる可能性もあります。

継続した収入につなげるためのポイントは、訪問者をひきつけるネタやテーマ、見やすさ。読者の注目を集め、何度でも訪問したくなるようなサイト作りを目指しましょう!

2位 定期預金

定期預金は、比較的安定した不労所得で利息の収入を期待できます。

クレジットカードやショッピングサイトとの連携、投資信託や金融商品の引き落とし口座との連携、また給与振込口座への指定、ローンの借り入れをすることで金利の優待サービスを提供しているネット銀行などが数多くあります。また今後一層のキャッシュレス化に伴い、さらなる提携サービス展開も期待できます。

元本が保証されて運用できる不労所得としては手軽に始めやすく、わかりやすい仕組みです。年単位でなくても、1週間・1か月など短期的な期間の定期預金もありますし、ただ普通預金に置いているお金で、使わない期間内に満期を迎えられそうなものを探して、是非活用してみましょう!

3位 ポイントやアンケート

労働しなくてもコツコツと稼ぐことができるのが、ポイントサイトやアンケートサイト。ポイントを楽しみながらためたり、アンケートに答えることでお得感を味わうことができます。ポイントやアンケートの最大のメリットは初期投資がなく、気楽に始められること。スマホをもっていればアプリをダウンロードしたりメルマガに登録するだけです。デメリットを挙げるならば所得になる金額が少ないということ。お小遣い感覚の不労所得と考えましょう。

ポイントサイトでは、メルマガに載っているリンクをクリックするだけ、ポイントサイトを経由してショッピングをするだけでポイントがもらえます。ポイントが貯まったら、TポイントやAmazonギフト券などに交換できます。ポイントサイトを利用して効率よく不労所得を作るコツはこちらを参考にしてください。

アンケートサイトは、アンケートに答えるとポイントがたまり、たまったポイント数に応じて電子マネーやギフト券などに交換られます。空き時間でアンケートに答えながらコツコツとお小遣い稼ぎ感覚で不労所得を作ることができます。

4位 写真・不用品・スキルの販売

得意なこと・不用品・スキルを販売することで不労所得を作ることができます。自分の好きなことや得意なこと・スキル・持ち物を活用するので、いわゆる「労働」にはならない所得だと判断できます。

写真を撮るのが好きな人には、画像販売のサービスがおすすめです。世界中の人と写真でつながれたり、スマホアプリから販売できたりするサービスもあり、写真が好きな人なら楽しく利用して不労所得へ繋げられます。

スキルの販売は、スキルシェアサービスを利用して行います。インターネット上で得意なことを人に教える講座を販売・告知できるストアカや、ピアノや外国語など1対1のレッスンの集客ができるサイタなど、あなたの活かしたいスキルに合わせたサービスを選んで利用してみてください。

不要な持ち物の販売なら、ラクマやメルカリなど、インターネット上でできるフリマサービスは有名ですよね。あまり使っていないものを、欲しい人に譲るだけで収入になり、また喜んで使ってもらえるのはうれしいですよね。

また、地元の人に限った取引ができるジモティーも、不用品販売やイベント・レッスン・講座の集客に使えます。得意なものを顔の見える相手に売るサービスなので、地域に根付いた取引でコミュニケーションも間違いなく広がります。

中古品の買取サービスもあります。バイセルでは不要な切手などを買い取ってくれます。このようなサービスを利用すると、家にあるもので不労所得を作れます。

5位 シェアサービス

5位はシェアサービスです。自宅・マンション・事業所・土地などに空きがある人なら、シェアサービスを活用した不労所得がおすすめです。

たとえば、自宅の駐車場は夜間しか車を止めないならば昼間は空いていますよね。また、2台分のカースペースがあるけれど、所有する車は1台のみという場合、残りの1台分のスペースは空いています。シェアサービスを利用するとここを駐車場として貸し出すことができます。賃料の不労所得を作ることができるのです。そのほかにも、自宅の誰も使っていない部屋を物置として貸し出したり、空いた部屋・事務所をレンタルスペースとして貸し出したり、利用できるサービスはいろいろあります。

シェアサービスは持っているスペースの有効活用として注目が高まっています。インターネットから利用できるサービスをつかえば簡単に不要所得を作ることができます。シェアサービスについての記事をどうぞ参考にしてください!

6位 FX

FXは、正式には「外国為替証拠金取引」と言います。外国の通貨を売買し、為替の変動による売買益を得る取引です。投資の中でも短期的な取引で利益が出しやすいことや、初期費用が少ないことで人気があるので、6位に選びました。

取引には単純な売買益を得るものだけではなく、自己資金の最大25倍の取引を行うことができる「レバレッジ」を利用したり、保有通貨の国の金利の差額を得られる「スワップポイント」という方法を利用したりして、少額から利益を狙うことができます。

金融取引には意外にも性格が出やすいものです。冷静な分析ができることや、俯瞰的目線で状況を受け止めることができる人に向いています。情報を整理して戦略的に活用し、不労所得につなげていきましょう!

7位 投資信託

金融取引の運用を自分が選んだプロに任せる投資信託が7位です。株式投資のようにひとつの企業に投資するのではなく、さまざまな投資先をプロがまとめたもの(ファンド)に少額から投資ができます。

運用するのがプロなので比較的安心感があり、また分散投資をする分、市場の変動の影響が穏やかなのが投資信託のメリットです。

投資信託にも元本割れのリスクはあります。ただし、投資信託は株式投資とは違い、短期的な利益を期待する性質のもではありません。プロが分散して投資し運用するので取引の手数料も多くかかります。たとえば、保有している金融商品が値下がりしてもプロの判断で保有数を増やし、値上がりを待つことで利益を見込む運用方法もあります。じっくりと判断する長期的な不労所得におすすめです。一般的に長期運用を目的とするものであることと金融商品は元本割れのリスクを伴うので7位にしました。

また投資信託はNISAを利用すると、税制の優遇措置が適用されます。実際の投資信託の分配金だけではなく、節税という観点からも間接的な不労所得になります。

8位 iDeCoで節税

iDeCoは「個人型確定拠出年金」のことで、簡単に言うと私的年金制度です。自分で掛け金(毎月5000円から)と運用先を決め、長期的に投資信託などで運用し、老後の資産形成へ役立てられる仕組みです。

20歳から60歳までの人で、企業型の確定拠出年金に加入してない場合と、企業型の年金規約で同時に加入してもよいと認められている人なら加入できます。この加入の条件があるので投資信託より1ランク遅れて8位に選びました。

しかし、iDeCoの良いところは長期的に資産運用しならがら、同時に節税ができることです。

  • 掛け金が全額所得税から控除される
  • 運用益も非課税
  • 受け取るときも控除の対象になる

35歳年収500万円の人が毎月5000円の掛け金でiDeCoに加入した場合、60歳までの税額軽減総額は30万円と試算されます(社会保険料控除14.22%、基礎控除38万、年収から給与所得控除・社会保険料控除・基礎控除を引いたものが課税所得、住民税額10%として試算)。

9位 株式投資

株式投資は株式を購入し、保有株について配当金を受け取ったり、株主優待を受けたり、売買にて売却益を得たりして不労所得を得ることができます。

株式は購入単位が100株・1000株などと大きな単位なので、初期費用は10~30万円程度からと考えるのが妥当です。順調な場合月1万円程度の収入が目安です。

気を付けなければならないのは、株式は値下がりすることもあるということ。確実な所得が見込めるわけではありません。保有株や経済の流れについての積極的な情報収集がカギです。運用利益がでたらそれをまた元手として資金を増やす複利運用をするなど、最初は短期的な取引で利益をあげていくこともおすすめです。

短期的収入を目指せますが、知識が必要なこと、初期投資が大きいことで9位です。株式投資についての知識にはこの記事も参考にしてください。

10位 不動産投資

不動産を所有して、人に貸し、賃料を得る不労所得です。賃料として定期的に収入があれば、不労所得としては申し分ないですよね。

しかし、不動産を所有するには多額の資金が必要なので、まとまったお金がある人向きです。ローンを組んで不動産を購入することもできますが、生活の負担にならない金額であることが大前提です。というのも、不動産を所有するということは、固定資産税や、修繕費用がかかるからです。天災などで資産価値が下がる可能性もあるので、確実な賃料の保証があるわけではありません。

賃料が安定して入れば不労所得の中では高額を手にすることができる不動産投資。資産にゆとりのある人にはおすすめですが、どんな不動産に投資するかの知識、そして運用の知識、そして多額の初期投資も必要なので、10位に選びました。

不労所得にはメリットしかない?デメリットは?


不労所得の最大のメリットといえば、労働をせずに所得を手にできること。サラリーマンなど、本業の就業規則で副業を禁止されていても活用できるのは嬉しいことですよね。

そして不労所得の仕組み作ると、知識と経験を積むことができます。例えば、投資や株取引を行うには、経済への関心・知識が不可欠。不労所得を確定申告や年末調整で届け出る際には自分の源泉徴収されている税金について関心をもつきっかけにもなります。

一方で、不労所得にはデメリットもあります。

一番大きなデメリットは初期投資の元本割れの可能性です。高額を投資する場合は特に正しい知識を得る力や継続することが大切です。不労所得には手間と時間がかかり、必要に応じて随時知識を更新して調整しなければならないものもあります。これを負担に感じる人にとってはデメリットです。

自分の知識・資金・時間を最大限に活用することに集中し、良い面に目を向けてうまく運用したいですよね。

働いて所得を得ることにもメリットがあるか


一方で、不労所得ではない「労働で所得を得ること」にもメリットがあるかどうか考えてみましょう。

例えばサラリーマンならば、最大のメリットは、「保障」。社会保障があり、社会的イメージが良いです。会社が与えてくれる給料・社会保障・社会的立場・スペース・モノなどさまざまな環境があってサラリーマン生活が成り立っています。労働を通して身につけられる知識や経験もメリットですよね。こんな当たり前と感じやすいことも、実はメリットです。

本業の価値を知ると、本業で安定した所得を得て(学生や主婦の場合は本業の安定した生活を活用し)、副業の不労所得で知識・資金・時間を運用するというスタイルがイメージできるはずです。

もしどうしても不労所得だけで生計を立てていきたいという人は、資金がある人なら運用する知識を得ることに注力してください。資金がこれからの人は、本業などで稼ぎながら知識を得てから始めたいですね。

あなたにぴったりな不労所得の見つけ方!


不労所得は、「労働」のない所得ですが、楽して簡単に得られる所得ではありません。あなたの持っている知識・資金・時間を適切な量と質で効果的に運用することで所得につなげていくことができるひとつの選択肢です。

この記事では10個の不労所得を簡単に紹介しました。この選び方については「副業ビギナー」独自の目線で紹介しています。サラリーマン、学生、主婦など、あなたなりの立場でぴったりのものを選ぶ参考にしてください。

時間や初期投資がいろいろな人がこの記事を読んでくださっていると思います。それぞれの知識・資金・時間を工夫して活かすことであなたなりの不労所得を作っていくことができます。

ご自身のライフスタイルにぴったりの不労所得の仕組みを利用して、ぜひ自分なりのゴールを叶えてください!

【登録しないと損!】[email protected]登録

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加