ミニマリスト

ミニマリストになりたい人が最初にすべき3ステップを紹介!メリットについても解説

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

ここ数年テレビやネットニュースなどで目にする機会が多くなった「ミニマリスト」。

浪費癖があったり、いつも部屋がものであふれている人は、シンプルなのに豊かな暮らしを送るミニマリストたちのライフスタイルに憧れますよね。

今回はミニマリストになるためにすべきことと、いざ行動を始めた時にでてくる障害の乗り越え方などを解説しています。

ぜひ実践して、シンプルな思考・暮らしをGETしましょう。

そもそもミニマリストとは?


ミニマリストとは、みなさんがイメージする通り「必要最低限のものだけで、シンプルに生活する人たち」のことです。

「最小限の」という意味をもつ「minimal(ミニマル)」が由来になっているといわれています。

壊れてしまったものやもう使うことのできないものはもちろん、普通に生活している上では当たり前にあるテレビやソファーなどの家電、家具などを持たずに生活している人も多いです。中には住む場所も持たずに暮らしているミニマリストも!

「どれくらいものを減らせばミニマリストになれる」という定義はありませんが、シンプルに暮らし、思考や行動を含め無駄が少ない生活スタイルということが多くのミニマリストの共通点になっています。

ミニマリストになると得られるもの


ミニマリストになるとどんなことが得られるのか?を理解した上で行動をすると、思考やものとの向き合い方がインプットされやすく、自分が目指すライフスタイルをより明確にすることができます。

「自分は今こうだなー」と現状を確認したり、どういう生活をおくりたいかなど想像を膨らませながら読んでみて下さい!

本当に必要なものが見えてくる

ミニマリストは、無駄なものをすてると同時に、本当に必要なものを厳選して手元に残したり買い物をするので、身の回りはすべてお気に入りのものばかり。

普段の買い物からお気に入りのものばかり買っているよ!という人もいるかと思いますが、本当にすべてのものがそうでしょうか。

「とりあえず」買ったもの、「安さ」を理由に買ったもの、100均で「ついつい」買ってしまったものなど、本当は必要ないものや心から気に入っているわけではないものを、自分でも気づかないうちに家に溜め込んではいませんか?

ミニマリストは1つ1つのものにこだわりをもっているので、自分の好きなものに囲まれ充実した生活を送っています。

ものを捨てたり選んでいくうちに、本当に自分に必要なもの、本当に自分が好きなものが自然と分かるようになり、自分自身の理解へ繋がります。

より良い生活や人生を送るうえで、自分を知ることはとても大切なこと。ミニマリストになることによってその力をつけることができます。

無駄な出費が無くなり、お金が貯まりやすい

ものを減らしてシンプルな生活にシフトするということは、それだけ出費が減ります。

同じようなデザインや種類の服がたくさんあったり、無駄に種類をそろえていた日用品や雑貨。計算すると思ったよりもお金を使っているものなんですよね。

ものだけではなく、本当は必要のない付き合いや飲み会、意味も無く流しっぱなしにしているテレビにかかる電気、シンプルな生活になればなるほど日常的にしていた出費が結果的になくなっていきます。

そして、「安物買いの銭失い」ということわざはご存知でしょうか。安いものは質が悪いので結局買い直しが必要だったり修理代かかかるので、結局は損をしてしまう、という意味です。

本当にいいものを見極める力をつけると、よりいいものを長く愛用することができるので、お金との付き合い方も上手になっていきますよ。

自分の時間が増える

ミニマリストは、ものだけではなく、行動や思考もとってもシンプルです。

行きなくないな~と思っているイベントや集まり、余計に手を加えていた仕事、たくさんの服の中からコーディネートを考える時間などを捨てることによって、その分時間が増えていきます。

お金をいくら積もうと手に入れることができない「時間」はとっても大切。より充実した生活を送るうえで、自由な時間は必要不可欠ですよね。

ミニマリストになることによって得られるものの中でも、最も重要ともいえる項目です。

ミニマリストになるためには


ミニマリストになるためには、まず最初に目的を明確にすることをおすすめします。

「なぜミニマリストを目指すのか」が自分の中で定まっていないと、ミニマリストという生活スタイルに憧れて行動しているはずが、気づいたら「捨てること」自体が目的になってしまうからです。

シンプルな生活や思考が最終的な目標なのに、そこをすっ飛ばしてものを捨てることだけを意識してしまうと本当に大切なものを見極めることができなくなってしまいます。

より早くミニマリストの考えやライフスタイルに近づくためには、最初に「なぜミニマリスを目指すのか」理由を明確にしましょう。行動を起こしやすくなり、気持ちがブレてしまうことも少なくなりますよ。

ミニマリストになるための3ステップ

次に、実際にミニマリストになるためにはどんな行動をすればいいのか?を3つの項目にわけて詳しく解説していきます。

たったの3つ?!と思うかもしれませんが、これを徹底するだけでものが減り、ものと向き合う力を確実につけることができます。

明らかに不要なものから捨てていく

いきなりテレビを捨てたり冷蔵庫を捨てたりする必要はありません。まずは明らかにいらないな、必要ないなというものを捨てていきましょう。

家が現時点で散らかっている場合はゴミを捨てるのはもちろんですが、キレイな部屋を保っていても意外と不要なものが見つかるものです。

もうインクがでなくなったのに収納されているペンや、いつか使うだろうと思って何年もしまっている紙袋や家電製品の箱、分別がめんどくさくてそのままになっている電池やスプレー缶など、明らかに不要ですよね。

最初は簡単に「いる・いらない」を仕分けられる、不用品を見つけて捨てていきましょう。

買い物を控える

いざミニマリストを目指して家のなかのものを捨て始めたのに、いつもと同じ感覚でネットショッピングをしたり、休日にショッピングにでかけて欲しい!と思ったものを買ってしまったり…。

ミニマリストだって新しくものを買うことや増やすことはありますが、自分に本当に必要なものをきちんと見定め、これだ!というものを購入してるのです。

ミニマリストを目指して行動を始めたばかりだからこそ、新しくものを取り込んでいくのは控えましょう。

ものと向き合う

不用品を一通り捨てた後に残っているのは、当たり前ですが不用品ではないと判断したものたち。
ここからさらにものを手放していくには、ものと真剣に向き合っていく必要があります。

  • 着崩れしてしまったり毛玉だらけの服や、ずっと着ていない服
  • 人からもらったプレゼントや、思い出のこもったもの
  • 高価なものや入手しづらいもの

などなど、捨てるのに躊躇してしまうものって結構ありますよね。

服は清潔感があるかを意識し、1年を基準に着ていないものを手放す。プレゼントや思い出の品は「もらったものだから」という理由であればこれも手放す。
また、「高かったから」などの理由で捨てられないものも潔く手放しましょう。

ここでポイントになるのは、なぜこれを捨てるのか?なぜこれを残すのか?を考えること。

1つ1つものと向き合っていくのは、実際にやってみると意外と大変な作業。ですが、ここを乗り越える事によって「本当に必要なもの」「生活を豊かにするもの」を見極めていく力がついていきますよ。

ミニマリストを目指すうえでぶつかるであろう壁


先ほどの3つを実践し始めると、思わぬところでつまづいてしまうことがあります。

ここではどのような障害があるのか、またそれにぶつかってしまったときはどう対処すればいいのか?を解説していきます。

時間を確保できない、中々進まない

いざものと向き合いはじめると、思ったよりも時間を使うことに気づくと思います。

仕事や家事で普段から忙しく、まとまった時間が取れない人も多いのではないでしょうか。

また、時間はあっても捨てるのが段々と疲れてきてしまうこともあります。捨てるだけと思っていても意外と気持ちが疲れてしまうのです。

そこでおすすめなのが、1日15分だけ作戦!!言葉の通り、1日に作業する時間を15分だけに限定して行動してみましょう。

15分であればちょっとした隙間時間に実行できますし、捨てることに疲れてしまって、もうやりたくない!なんてことも避けることができますよ。

ものをすてる=ミニマリストになる、ではないので、焦らずゆっくりとものと向き合っていきましょう。自然とシンプルな暮らしや思考が身についていきます。

家族に反対される、協力してくれない

ミニマリストを目指している人の体験談でよく聞くのが、家族に反対されて家のものが減らないという悩み。

一人暮らしの方であれば問題ないですが、家族と一緒に暮らしている人であれば誰しもがぶつかってしまう壁ではないでしょうか。

ある程度自分のものの整理が終わると、家族の所有物が気になり始めます。着ていない服や柄が多く自分のイメージする空間にはあって欲しくないものなど。気になりだすととまらなくなるでしょう。

ですがやはりいくら家族であろうと、人のものは人のもの。勝手に捨ててしまうのは厳禁です。

まずはなぜミニマリスを目指すのか、ミニマリストになったらどんなメリットがあるのかを話してみましょう。家族もその考え方や暮らしが素敵だと感じてくれれば応援してくれたり、一緒にミニマリストを目指して行動してくれる可能性もあります。

どうしても賛同を得られない場合は、収納するスペースや部屋を完全に分けたり、共用スペースについてのルールを決めたりなど、お互いの意見を尊重しながら折り合いのつくように話し合いましょう。

自分のペースでミニマリストを目指そう!


ここまで読むと、「意外とミニマリストになるのって大変なんだなー」と感じるかもしれませんが、大丈夫です!

少しずつでも行動していると、気づいた時にはあなたの思考や暮らしは、今日よりもずっとシンプルになっていますよ。

何事も継続が大切です。急ぐ必要はないので、ゆっくり自分のペースでものと向き合い続けてみましょう。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加