不用品を売る

年末年始に弾かなくなったギターを捨てるには?処分・譲る・売る方法を徹底解説

年末年始の大掃除の際に、「弾かなくなってしまったギター」の処分方法にお困りではありませんか?

社会人で忙しくて弾く時間がない、趣味ではじめようと思って購入してみたけど、数回しか弾かなかったということはよくあることです。

しかし、いざギターを捨てようと考えても処分方法が分からなかったり、捨てるには少しもったいない気がしますよね?

ということで今回は、ギターを捨てるための処分方法から捨てる以外の方法までご紹介していきます。

ギターを自治体に捨てる前に知っておきたい処分方法の知識

ギターの捨てる方法をご紹介する前に、ギターの種類と部品によっては燃えるごみ・燃えないごみ・粗大ごみのどれかに分類されます。

ほとんどの自治体ではギターを燃えないごみ・粗大ごみのどちらかになることが多いですが、ご自身でギターを分解してから燃えるごみと燃えないごみで分けることで通常通り捨てることができる自治体もあります。

ご自身の住んでいる自治体ではどのように対応されているのかを事前に調べてみることをおすすめします。

検索時に「地域名 自治体 ギター 処分」と調べる、ほとんどの場合はページの一番目から三番目にどこかに各自治体のごみの処分方法のホームページが表示されるため、確認してみてくださいね。

アコースティックギターを捨てるには?

アコースティックギターは木製部分がほとんどを占めていますが、部分的に金属やプラスチックのところもあるため、多くの自治体では燃えないごみか、一辺30センチ以上の粗大ごみとして扱われます。

しかし、木製部分が多く含まれているため自治体によっては自分で分解することで、燃えるごみと燃えないごみで分けて捨てることも可能です。

例えば、燃えないごみになる箇所は以下の通りです。

  • ペグ(糸巻き)
  • ナット(ネック側の弦を支える部分)
  • ネック(竿の部分)※
  • サドル(ボディ側の弦を支える部分)
  • ピックガード(サウンドホールの近くにある薄い板)
  • ブリッジ(サドルと一緒にボディに固定されている部分)
  • ブリッジピン(弦をブリッジに留めるのピン)
  • エンドピン(ストラップを付ける部分)

アコースティックギターを使っている方でも滅多にギターの部品を全て知っているという方は少ないと思います。

アコースティックギターを分解して捨てたいという方はしっかりと部品を確認して、ごみを分けて処分しましょう。

アコースティックギターの部品の名称と素材を確認する

※ネックは木材でできていますが、ネック内に金属製のロットが埋め込まれているため燃えないごみに分類しています。

エレキギターを捨てるには?

エレキギターはアンプという機械を使って音を増幅させて弾く楽器であるため、木材などの自然素材を利用した部品や付属品がないため、燃えないごみ・粗大ごみとして扱う自治体がほとんどです。

燃えるごみになる部分はないため、絶対に間違えて燃えるごみで出さないようにしましょう。

ギターを捨てるには?2つの処分方法をご紹介

ギターの捨てる方法は以下の2つの方法があります。

  • 自治体に粗大ごみとして捨てる
  • 民間不用品回収業者に渡して捨てる

それぞれの費用の比較をした場合の目安を調べてみたところ、安く済む傾向があるのが自治体に捨ててもらう方法です。

反対に、高くなる傾向にあるのが民間不用品回収業者に捨ててもらう方法になります。

民間業者に依頼する場合は、数千円かかるためギター一本だけで依頼するのはやめていたほうが良いでしょう。

一方、自治体で処分した時の費用は以下の通りになるため、参考までにご覧ください。(2019年10月時点)

・東京都を世田谷区を事例にギターの処分費用
収集…400円
持ち込み…200円

自治体に粗大ごみとして捨てるには?

粗大ごみで捨てる場合は、事前に自治体に連絡をしておく必要があります。電話やインターネットどちらかで申し込みできるため、いつにギターを捨てるのかを伝えることができればOKです。

この辺りは他の粗大ごみでも同じなので、捨てたことがある方にとってはそこまで難しいことではないでしょう。

粗大ごみの場合は持ち込み or 収集のどちらか

粗大ごみの出し方には、持ち込みと収集のどちらかを選ぶ必要があります。持ち込みの際は前日で予約しておけば、次の日に持ち込めるため早く処分したい方にはおすすめです。

持ち込む際は申し込み時に受付にごみを持ち込める場所や施設の確認し、日時を決めてから直接ご自身で持ち込みましょう。

収集の場合は、多めに見ても一週間後の収集になるため、時間に余裕をもって申し込むことをおすすめします。

粗大ごみを収集してもらうには申し込みをして、ごみを収集する場所をあらかじめ伝えておけば、当日に指定した場所にごみを置いておけば収集してもらえます。

粗大ごみの処分費用について

自治体にギターを捨てるからといって無料でやってくれるわけではないので注意しましょう。

粗大ごみを捨てる際はコンビニエンスストアや指定のごみ処理券販売所に行けばごみ処理券を購入することができます。

コンビニで購入する際は店員さんに「粗大ごみ処理券をください」と直接言えば貰えます。

購入後、ごみ処理券にご自身のお名前を記入し、ごみに直接貼り付ければ準備は完了です。

ギターの場合は、ごみ処理券は数百円程度なのでそこまで費用は掛かりませんが、自治体によっては処理料金が変わってきますのでしっかり確認しておきましょう。

ちなみに、参考として大阪市の場合は一点につき200円、東京都世田谷区の場合は一点につき持ち込みなら200円、収集なら400円になります。

自治体によって料金が違うことが分かりますね。

民間の不用回収業者に処分してもらう

基本的にはギターに関しては自治体に申し込めば回収してもらえますが、どうしても当日や土日祝日に回収してほしいという方は民間の不用品回収業者を利用するのもひとつの手段です。

ただし、回収したものを不法投棄・不適切処理をしているような悪質な業者が存在することや、自治体より高い料金を取られるため民間業者を利用する場合は注意しましょう。

自治体よりは手続きが簡単であったり、玄関までごみを回収しに来てくれたりとメリットはありますが、料金は民間業者のほうが高くなります。

理由としては、人件費・運送費・処分費・広告費などの費用を会社全体として掛けているため、その分料金が高くなるという仕組みです。

自治体より高いから悪徳業者というわけではないので、複数業者に見積りを取り、一番良さそうなところを選びましょう。

ギターを捨てる以外の方法は?譲る・売るという手段

実は、中古ギターを欲しいと思っている人はたくさんいます。特に中高生ならお金に余裕がないため中古ギターを求めています。

弾かなくなったギターを捨てるという手段を選ぶより、中古ギターを欲しい人に譲る、もしくは売る方が良いでしょう。

友人・知人にギターを譲る

ギターを譲る方法には身近な人に譲る方法と、SNSのフォロワーに譲る方法があります。

身近な人にギターを譲る方がその後利用しているかどうかが分かるため安心できますね。

しかし、ギターに興味ある人が身近にいない場合は、SNSで探してみるのも良いでしょう。

ただ、友人にギターをあげる代わりにお金を請求するのは気が引けるという方もいらっしゃると思いますので、お小遣いが欲しいという方は売ることをおすすめします。

ネットオークションでギターを売る

ネットオークションでギターを売る場合は、出品するまでにユーザー登録や写真加工、文章を考えたりしなければならないため手間は非常に掛かりますが、ギターを処分したときにお小遣いとしてプラスになることは間違いありません。

ただし、ネットオークションの場合は自分が思っていた通りの値段で売れなかったり、なかなか買い手が決まらなかったりすることを覚えておきましょう。

また、ネットオークションでの販売は個人間の取引になるためしっかりと包装して発送しないとトラブルになりやすいことを留意しておいてください。

有名なネットオークションは、Yahoo!オークションやモバオクなどがあるので、ご自身の都合に一番合いそうなサービスを利用しましょう。

リサイクルショップでギターを売る

リサイクルショップにギターを持っていくのもひとつの手段ですが、相場より少し安くなる可能性があるため注意が必要です。

なぜなら、ギターのことをよくわからない人が査定する場合、ギブソンやフェンダーといった有名ブランドでも”ただのギター”のとして査定される可能性があるからです。

有名ブランドのギターを売りたいという方はリサイクルショップの利用はやめていたほうが無難になります。

もしギターが少し故障している場合は、お金にならずに0円なら引き取りますという形になります。リサイクルショップは安く or 0円でもいいから早く処分したい方にもおすすめな方法です。

ギターを捨てるより買取サービスで売るとよりお得になる可能性もある

ギターをネットオークションやリサイクルショップで売る場合は、正確な値段で売れる保証はありませんが、買取サービスを利用すればプロがギターを査定するため正しい値段で売ることができます。

特にブランドギターなら正確に査定してほしいですよね。というわけで、なるべく正確に高く売りたい!という方におすすめな買取サービスをご紹介します。

日本最大級のリユースデパート!どこよりも高価買取を目指す!コメ兵

コメ兵の最大の特長は、「特別他社より安い査定はほとんどなく、ブランド商品を高値で買取をしてくれる優良業者」であるということです。

さらに他の業者を比較して、コメ兵が優っている特長は以下の通りです。

  • コメ兵の査定金額は業界最高水準であり、業界基準でもある
  • 査定金額をデータベースで管理している
  • 店頭買取と宅配買取の二つのパターンがある

他の業者では業界基準から少し低めで査定金額を提示することがありますが、コメ兵ははじめから高値で提示してくるため金額交渉する必要がありません。

ただし、金額の高めのブランド品の査定は非常に得意であるコメ兵ですが、金額が安くなりやすいブランド品やノーブランド品は苦手です。

価値の低いブランド品は買取不可になったり、かなり安く買取されることがあるため注意が必要です。

ということで、高額なブランドギターを所持している方はコメ兵で査定してもらうことをおすすめしますが、通常のギターは他の業者にお願いしたほうが無難でしょう。

コメ兵が得意なブランドギター一覧は以下の通りになっています。

  • ギブソン
  • フェンダー
  • フェンダージャパン
  • マーチン
  • ポールリードスミス
  • ヤマハ
  • エピフォン
  • アイバニーズ
  • イーエスピー
  • エドワーズ
  • スクワイヤー
  • ボス
  • グレッチ
  • リッケンバッカー
  • Kヤイリ
  • タカミネ
  • モーリス
  • テイラー
  • オベーション

その他まだまだありますが、上記のなかに当てはまるギターをお持ちの方は一度コメ兵に査定してもらいましょう!

コメ兵でギターを買取査定してもらう

楽器買取専門として10年以上かつ30000件以上の買取実績有り!楽器の買取屋さん

「急な出費で現金が必要」、「数が多すぎる・重いから運べない」、「使っていない楽器を処分したい」というお悩みの方におすすめなのが楽器の買取屋さんです。

楽器の買取屋さんでは、楽器をその場で査定し、提示した査定金額に納得すればすぐに現金と交換してくれます。

また、査定金額に納得しなかった場合は断ってもキャンセル料や手数料が一切かからないため安心してサービスをご利用できますね。

出張買取・宅配買取も実施しているため、楽器が大きくて重たい・数が多くて送れないという方には出張買取、忙しくて時間が取れない方や遠方にお住いの方は宅配買取をご利用できます。

「楽器の買取屋さんって悪い口コミ見たけど本当に信頼できるの?」

このような疑問に思うかもしれません。

しかし、ネットでの悪評の事実の会社が10年間以上も楽器の買取専門店として続けられるでしょうか?

楽器の買取屋さんは、楽器経験者のスタッフ達と全国を飛び回り続けて10年以上、今ではなんとギター買取実績が30000件以上もあります!

10年以上の期間と30000件以上ギター買取実績には、お客様に選ばれ続ける理由がそこにあります。

例えば、良い口コミを参考にすると、電話対応が良い、査定知識が十分、即日現金化可能、幅広いお客様のご要望に沿った買取方法など楽器の買取屋さんだからこそできるサービスが書かれています。

実際に、楽器の買取屋さんのサービスをご利用したお客様の声を読んでみると、大変満足していることが分かります。

電話してから、30分後には出張買取に来ていただきました。
迅速で丁寧な査定員に好感をもち、GibsonやFenderなど4本買取していただきました。当初、買取品目はギターだけかと思いきや、エフェクターやアンプなど周辺機器にも対応していただけるとのこと。
まとめてお出しいただけたとの理由で20%UPも買取金額がUPしました!
また不要なギターが出てきたらお願いします!

アーティスト限定モデルで他社だと買取自体難しいと言われてしまってダメ元でご連絡させていただいたところ、 豊富なデータ・販売ルートがありますので是非拝見させてください!と出張に来ていただきました。
値段が付くかどうかも不安でしたが結果、他社で値段がつけられないといった商品を驚きの金額で買取して下さいました!
珍しいものは得意なところにお任せするのがいいのだと思いました。
ありがとうございました

このようにお客様が満足できる査定をし、お客様に納得の査定金額と安心を提供し続けることで、信頼を得ています。

「ギターを買取業者に査定してほしい」という方は、楽器の買取屋さんは外せない業者のひとつになりますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

ギター買取専門店【楽器の買取屋さん】に
査定してもらう

ギターを捨てる前に買取サービス査定してもらおう

いざ、ギターを捨てようと考えてもなかなか踏み出せないと思います。たくさんの思い出が詰まっている方や、今は忙しいけどこれから本格的にやっていこうと考えている方がいらっしゃることでしょう。

しかし、年末年始の大掃除のタイミングでギターが本当に必要かどうかを一度考えてみるのも良い機会になります。

「今のところは売る気はないけど、一度査定してみようかな」という感じで、一度買取サービスをご利用してみてはいかがでしょうか?

コメ兵でギターを買取査定してみる

ギター買取専門店【楽器の買取屋さん】に
査定してもらう

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加