お金が足りない

「水道が止まった…」水道料金が払えないときのリスクと対処法を紹介

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

水道料金が払えないほどの厳しい経済状況に陥ってしまった場合は、どうすればいいのか焦りますよね。
水は日々の生活に欠かせないもの。
「水道が止められるのはなんとしても防ぎたい!」と思う人がほとんどでしょう。

今回は、「水道が止まった…」というピンチを回避するための、水道料金が払えないときの対処法を紹介します。

水道が止まるまでの流れ


水道料金が払えなくて滞納した場合、水道が止められてしまうまでの流れは以下の通りです。

1.水道料金を滞納
2.催促状が届く
3.勧告状が届く
4.給水停止執行通知書が届く
5.水道が止められる

水道が止まるまでの流れは、自治体が違っても大差はありません。
しかし、水道料金を滞納してから水道が止まるまでの期間は、2~4ヶ月と大きく異なります。
たとえば、東京都水道局なら、支払い期限から3~4ヶ月後に水道を止める措置が取られますが、広島市水道局は支払い期限から2ヶ月後とされています。
自分の住んでいる地域の水道停止までの期間を知りたい人は、各自水道局に問い合わせてみてください。

水道が止まるまでに届く書類


続いて、水道が止まってしまうまでに届く書類について詳しく説明していきます。

催促状

水道料金を滞納してしまってから最初に届く「催促状」は、水道料金の支払いを促す意味合いの書類です。
督促状が届いた時点で支払いができていなくても、焦らず対処すれば大丈夫です。
ただし、あまり厳しい意味合いのものではないからといって、無視するのだけは止めてください。

勧告状

勧告状は、催促状が届いた後も水道料金の支払いをしないまま放置した場合に届きます。
催促状よりもシビアな意味合いをもつ書類で、「支払いをしなければ法的手段を取ることになります」というような意味の文章が書かれています。
自治体によっては、勧告状を送らないところもあるようですが、基本的に届くものだと思っておいてください。

給水停止執行通知書

給水停止執行通知書が届いたら、「水道が止まる前の最後の忠告」を言い渡されているようなものです。
勧告状よりもさらにシビアな書類になり、「このまま水道代を払わない状態が続いたら、水道停止や訴えることになる」というような意味合いの文面で、水道料金の支払いを迫られます。
水道を止めないためには、この書面が届くまでに水道料金を払えるように対処しておく必要があります。

水道が止まったときに発生するリスク

水道料金を滞納してしまった場合、催促状~給水停止執行通告書を無視して支払わずにいると、水の供給を止められてしまいます。
ここでは、水道が止まったときに発生するリスクを紹介します。

生活が困難になる

水道が止まると、生活が困難になることはいうまでもないでしょう。
以下の身の回りのものが使えなくなります。

  • トイレ
  • キッチンのシンク
  • 洗面台
  • 洗濯機
  • お風呂
  • シャワー

これらが使えなくなるということは、次のような困難が待ち構えているということです。

  • トイレが流せない
  • 料理ができない
  • 顔を洗ったり、お風呂に入ったりできない
  • 洗濯ができない

これだけでも悲惨な生活になることが簡単に予想されますが、実際目の当たりにすると想像よりも精神的に支障をきたす可能性は高いです。
水は大切なライフラインのひとつ。
水が使えなくなるということは、今まで送れていた当たり前の生活に大きな影を落とすことになります。

延滞金がかかる場合がある

水道が止まってからも、水道料金を払わないままでいると、延滞金がかかる場合があります。
延滞金がかかるかかからないかは、住んでいる自治体によって異なり、延滞金の利率も違ってきます。
水道料金の延滞料金の有無が気になる人は、水道局に直接問い合わせてみましょう。

裁判に発展する可能性がある

水道料金を払わないで放置していると、裁判にまで発展する可能性があります。
水道料金未払いの場合、延滞金は多くても数万円ほどの金額なので、裁判費用を差し引くとマイナスになる場合がほとんど。
そのため、水道料金の滞納で裁判まで発展する可能性は高いものではありません。

しかし、仮に水道料金の未納で裁判にかけられることになったら、負けることは確実です。
水道料金を払わない方が悪いのは誰が見てもわかることですからね…。
裁判まで発展させるような、悪質な未納はしないように注意してください。

クレジットカード払いで滞納するとブラックリスト入りする可能性も!

水道料金をクレジットカード払いにしている人が滞納した場合、ブラックリスト入りする可能性もあります。

「水道料金が払えない=クレジットカードの支払いができていない」ということなので、金融事故につながり、個人信用情報機関に情報が記録されてしまうのです。
これがいわゆるブラックリスト入りと呼ばれるもの。

1度ブラックリスト入りしてしまうと、新しいクレジットカードが作れなくなったり、銀行でローンが組めなくなったりするので、水道料金をクレジットカード払いにしている人は、滞納時に注意が必要です。

水道料金が払えないときの対処法


水道が止められると生活に支障が出てくる他、さまざまなリスクも伴うことが考えられます。
これから、水道料金が払えないときの対処法を紹介するので、参考にしてみてください。

水道局に連絡して、支払いの延長や分納の相談をする

水道料金が払えないとわかったら、水道局に連絡しましょう。
連絡した時点でまだ水道が止められていなかったら、支払い期限を延長してもらえる可能性があるので、相談してみてください。
相談するときは、確実に支払いができる日を伝えると、待ってもらえる可能性は高くなります。

また、水道料金の分割支払いも相談すると対応してもらえる場合があります。
どうしても水道料を一括で支払えない事情がある人は、分割できないか相談してみてください。

親に頼む

水道料金が払えないときは、親に頼んでお金を借りる方法も選択肢に入れてみてください。
水が止まると生活が困難になるのはわかることなので、事情を説明すればスッとお金を差し出してくれるかもしれません。

ただし、お金を借りられる可能性が高いからといって、反省の姿勢を示さないのはNGです。
お金を借りることを申し訳ないと思っている気持ちを示すとともに、「これからはきちんと水道料金を払えるようにする」という誠意も伝えましょう。
もちろん、お金を返す日もはっきり決めておくことも忘れないでください。

副業する

水道料金が払えない場合は、副業すれば確実にお金を用意できるのでおすすめです。

水道料金は、止められるまでにある程度期間があるので、副業で稼ぐことは決して無理なことではありません。

今や副業は、「即日払い」「短期バイト」というものから、「隙間時間で長く続けられる」というものまで、さまざまな形態や職種のものがあります。
「副業禁止の会社」や「時間がない」といった理由がない副業可能な人は、給料が支払われる日や勤務時間を考慮して、できそうな仕事を探してみてください。

カードローンでお金を借りて支払う

身近な人からお金が借りれない、副業する時間がない人はカードローンの利用を検討してみましょう。

カードローンは、1,000円単位で借り入れできる方法があるので、お金の借り過ぎを防げます。
無理のない範囲で借りて返すことができるので、返済計画を明確にした上で利用すれば、水道が止まるピンチを乗り切ることができるはずです。

まとめ:水道料金は、水道が止まる前になんとしても支払うべき!


水道が止まるリスクは、なんといっても生活が困難になってしまうことです。
水が使えない生活は、自分が想像しているより苦痛で精神的なダメージが大きいですよ。
そのため、水道料金が払えない場合でも、水の供給が止まる前になんとかして支払ってしまいましょう!
水道が止まるまで2~4ヶ月の期間があるので、落ち着いて水道料金を用意できるように行動してくださいね。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加