お金が足りない

結婚式のご祝儀が払えない時はどうしたらいいの?対応策を簡潔にご紹介!

結婚式が続いたり,日常生活で急にお金が入用で、どうしても結婚式のご祝儀が払えないとき、私たちはどうしたらいいのでしょうか。お金のことって、なかなか人に相談しづらいですよね。また、お金が準備できないことを打ち明けるのにも勇気がいりますよね。
今回は、そんな人に聞きにくい疑問に対して、簡潔に対応策をご紹介いたします。

結婚式に参加するのにかかる費用


まず、結婚式に参加するにあたり必要なお金を考えてみましょう。

  • ご祝儀

これは必ず必要な費用ですね。一般的なご祝儀の相場を見てみましょう。

間柄 ご祝儀の相場
友人 3万
上司 3~5万
親族 5~10万

最低でも、3万は必要になります。上司・親族になると金額は大幅に変わってくるので、短期間で準備するのは大変ですね。

  • 交通費

近場である場合はあまり気にしなくてもいいですが、県外である場合は新幹線代や飛行機代がかかってきます。また、最近は海外挙式も増えているので、交通費がドンとのしかかってくる場合もあります。
もしかしたら、かかった費用の一部を「お車代」としてもらえるかもしれませんが、ない可能性もあるので、お車代はないものと考えて準備しておいた方がいいです。

  • ドレス代

女性の場合、「このドレス前回も着たな・・・。メンバー同じだしどうしよう」と悩むことは多いですよね。写真に残るのでドレスを買いなおす方もいらっしゃれば、同じドレスと分からないようにショールやジャケット、ネックレスを変えて参加する方も多いのではないでしょうか。

  • ヘアセット代

また、当日のヘアセット代も毎回かかってくる費用です。しかも、朝早い式だと早朝料金がかかる場合もあり、通常料金より高い値段になってしまう場合があります。
できれば髪飾りだけ購入し、自分でヘアアレンジをして節約したい費用でもあります。

  • 二次会費用

忘れがちですが、結婚式終了後に新郎新婦が用意した二次会や久しぶりに会った友人同士で二次会へ行く場合があります。時間帯は夕方~夜の場合が多いので、費用も5,000円以上かかることが多いです。

このように、結婚式に参加する場合は当日までにかかる費用もあれば、ヘアセットや交通費、二次会代など当日にかかってくる費用もあります。ですので、「ご祝儀代3万円」というイメージが強いですが、実際には3万円以上の金額を準備しておく必要があります。

出席すべきか欠席すべきか


「結婚式はお祝い事だし、欠席するのも申し訳ないし・・・」と出席するか欠席するか迷われる方も多いと思います。

ですが結論から言いますと、ご祝儀なしでの参加はマナー違反といえるので、欠席すべきです。なぜなら、出席してしまうと食事代や引き出物、もし遠方から参加の場合お車代などのすべての費用を新郎新婦に負担させてしまうことになるからです。
.
「ご祝儀が渡せないけど参加していいか、新郎新婦に聞いてみよう」と思っていたとしても、よく考えてみてください。なかなか、「ご祝儀がないなら参加しないで」と言えないです。新郎新婦のことをお祝いしているのであれば、新郎新婦の負担になるのは本意ではないですよね?相手に気を使わせないためにも、こちらから欠席の連絡することが望ましいと言えます。

なんとかしてご祝儀を準備したい!何かいい方法は?


どうしても参加したい場合どのようにしてご祝儀を準備したらいいでしょう。

  • 家族に借りる

一番いいのは家族に借りる方法です。まずは親や兄弟に事情を話して、短期間だけ借りられないか相談してみましょう。理解してもらえれば、利息なしで貸してもらえるかもしれません。
また、できれば「〇日までに返す」と返還期限を伝えましょう。そうすることで相手も「〇日までだったら大丈夫かな」と貸しやすくなる可能性があります。

  • いらないものを売って換金する

メルカリやラクマなどのフリマアプリやブックオフや質店、買い取り業者などを使って、いらないものを売ってお金に換えてみましょう。断捨離もできるので一石二鳥です。
今は無料で始められるフリマアプリがたくさんあるので、結婚式があると分かった時点で早めに取り掛かれば、時間に余裕をもってお金を準備することが出来ます。また、時間や場所の制限もないので、仕事や育児・家事の合間にコツコツ貯められるのも魅力的です。

  • カードローンで借りる

本当にどうしようもないときの最終手段です。できれば、利息の低い銀行で借りるのがおすすめです。消費者金融でお金を借りると利息の率が高く、返金するのが難しいです。ご祝儀の3万円を工面するのも難しい状況で、3万円+利息を準備するのは至難の業です。ですので、カードローンや消費者金融はあまりおすすめできないのですが、本当に困ったときは利用を考えてみてください。

欠席連絡だけでいいの?欠席でも好印象な行動はコレ!


ご祝儀が準備できず欠席する場合、欠席連絡だけでももちろん大丈夫です。ですが、せっかくのお祝い事なので「何か少しでもお祝いをしたい!」という方におすすめな方法があります。

  • 少額を包んで贈る

結婚式に参加する場合はご祝儀を3万円包むのが一般的ですが、参加しない場合はその限りではありません。結婚式口コミサイト『みんなのウエディング』のアンケートによると、次のような結果が出ました。

Q:「現金や商品券」を贈った金額を教えてください。

  • 第1位 5,001円~10,000円以下 44.8%
  • 第2位 10,001円~20,000円以下 29.5%
  • 第3位 20,001円~30,000円以下 10.4%
  • 第4位 30,000円以上 7.6%
  • 第5位 3,001円~5,000円以下 6.6%

実に7割以上の人が1万円前後の金品をお祝いとして贈っていることが判明しました。
確かに、2万円だと割り切れる数字なので慶び事にはふさわしくありません。なので、3万円でないなら1万円と考える人が多いのも分かります。ただ、この1万円という金額は偶然ではなく、結婚式に出席しない場合、お祝いの金品の金額は、渡す予定だったご祝儀の1/2~1/3くらいが目安と言われているため、必然的に1万円になったといえます。

「3万円の準備は厳しいけれど、1万円ならなんとか工面できるかも」という方は、ぜひ現金や商品券などをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

  • 物品を贈る

「現金や商品券は味気がない」「その人に合った物を贈りたい」という方は、ペアカップやタオルなど新婚生活で使えそうな物をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。物品と共にメッセージカードなどを添えると、なおいいですね。最近はネットから注文でき配送もしてくれるので、忙しい方や遠方の方でも手軽に贈ることができます。
ちなみに最近だと、名入れのペアコップやブリザードフラワー、キッチン用品などが人気です。また「相手が何が好きか分からない」という方には、カタログギフトもおすすめです。相手が自分で好きなものを選択してくれるので、あれこれ悩む必要はありません。
3,000円や5,000円のカタログギフトもあるので、手軽に贈ることが出来るのも魅力です。

まとめ


ご祝儀が準備できない場合の対応策をいろいろご案内いたしました。
ただ、この記事で紹介したのは決まり事ではなく、「こうした方がいいでしょう」という提案になります。ですので、この通りにする必要はなく、みなさまの判断の参考にしていただければと思います。自分に無理のない範囲でお祝い出来る方法を、ぜひ考えてみてください。

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加

RELATED POST