投資

投資信託の分配金とは?たくさん受け取れる方が本当にお得なの?

副業がブームとなっている中、投資家の代わりにプロが運用を行なってくれるということで投資信託の人気がじわじわと高まっています。

このように、少ない金額からコツコツと始められる投資信託は初心者の大きな味方です。

今回は、投資信託の仕組みの1つ、分配金について解説していきたいと思います。

投資信託の中には、お小遣いのように毎月分配金が受け取れる『毎月分配型』『毎月決済型』などと呼ばれるファンドがたくさんあり、現在はこの毎月分配型が投資信託の主流となるくらい高い人気となっています。

確かに毎月お小遣いのようにもらえるなんてものすごく得をしている気がしますよね。

投資信託をしていれば毎月不労所得が手に入ると思ってしまいます。

しかしこの分配金、いったいどんな仕組みでどこから支払われているものなのでしょうか。

分配金がたくさんもらえるというのは本当にお得なのでしょうか。

分配金の受け取りで損をしないために、分配金の仕組みや受け取りの流れをわかりやすくご紹介していきます。

ノーロード投資信託とは?メリットとデメリットについて説明投資信託は、運用をプロにまかせることができる初心者にもおすすめの投資方法です。 しかし、人に任せられる分手数料がかかります。 そんな中...

投資信託の分配金とは


投資信託は、投資家から集めた資金を元にファンドマネージャーと呼ばれるプロフェッショナルが株式や債券に投資を行ない、その運用成果を投資家に還元する金融商品です。

分配金は、その運用によって得られた値上がり益や利子・配当など利益の一部を投資家に定期的に還元されるものです。

分配金が還元されるかどうかはファンドごとに方針に違いがあり、1年に1回分配金が支払われる『1年決済型』、毎月分配金が支払われる『毎月決済型・毎月分配型』、分配そのものが行われない『無配分型』に分類されています。

また、運用結果によっては分配金が支払われないこともあります。

分配金の種類

分配金には『普通分配金』と『特別分配金(元本払戻金)』という2つの種類があります。

普通分配金とは、投資信託の運用で出た利益や配当から支払われるものです。

一方、特別分配金(元本払戻金)とは、投資するための運用資金から分配されるものです。

毎月一定額の分配金を支払うファンドの場合、運用から出た利益が毎月支払うべき分配金の金額に達していない場合、投資家の元本を切り崩して分配されることになります。

普通分配金は、全額が課税対象となる一方、特別分配金は非課税となります。

そのため、普通分配金と特別分配金の両方が支払われていることも多く、その場合は普通分配金として払われた分は課税、特別分配金として支払われた分は非課税となります。

分配金が支払われる仕組み


冒頭で、分配金がたくさんもらえるのは本当にお得なのかということを書きましたが、その理由は分配金が支払われる仕組みにあります。

分配金の支払いは設定されている日に行われるのですが、その日までは投資信託を購入する際の原資の一部となっています。

そのため、分配金を投資家に支払った時点で投資信託の資産総額が減ることになります。

また、思ったような利益が出ていない場合は、特別分配金として自分が支払った分が戻ってきているだけということもあります。

つまり、分配金を受け取るということは、投資信託を購入するための原資が減ってしまい運用にも影響が出てきてしまうことになります。

しかし、分配金を受け取った日に運用していた投資信託が大きく値上がりした場合、分配金として支払われた金額以上の利益が出ると原資に影響がない場合もあります。

分配金のコースについて


分配金については理解できましたか?

つまり分配金って受け取らない方がいいの?と思っている方も多いかもしれませんね。

分配金をどうするのかは、『受け取り』『再投資』という2つのコースから選択することができます。

受け取った方がいいのかどうしようか悩んでいる人は、それぞれの特徴を知ってどうするか考えてみてくださいね。

受け取り

分配金を受け取る場合は、設定された日に取引で使用している金融口座に現金で入金されます。

普通分配金の場合は、税金がかかるため税金が引かれた後の金額が入金されることになります。

受け取る場合のメリットは、なんといっても決まった期間に定期的にお金が受け取れるということです。

このようなお金を受け取ると、投資をしている喜びを味わえますよね。

そしてデメリットは、分配金が支払われた分だけ投資に回る原資が下がるため、長期で運用していきたいと思っている人は投資の効果が減ってしまうことになります。

再投資

再投資は、支払われた分配金で同じ投資信託を自動的に購入することになります。

再投資のメリットは、自動的に購入されるため手間がかからないこと、購入手数料がかからないこと、複利効果が得られるということです。

分配金を受け取らない場合、投資原資に分配金が組み込まれるため保有口数が増えることになります。

その結果、複利効果を得られる可能性が高くなり、雪だるま式に資産が増える効率の良い投資を行なうことができます、

しかしデメリットとして、投資信託を自動的に購入するとはいえ分配金を受け取っていることになるため、税金がかかります。

毎月分配金が受け取れるファンドで再投資を選択した場合は、その回数分税金を支払わなくてはいけないため、効率の良い再投資をするためにも分配金の支払いが少ないファンドを選ぶことをおすすめします。

また、現金で受け取ることはできないため、再投資をしている限り分配金を他で利用することができません。

『受け取り』『再投資』アナタが向いているのはどっち?


『受け取り』『再投資』のどちらを選んだらよいのか悩んでいる人のために、投資をする目的によってどちらを選ぶのがおすすめなのかをまとめたいと思います。

『受け取り』がおすすめな人

受け取りコースを選んだ方がいいのは以下のような人です。

  • 定期的に副収入を現金で受け取りたい人
  • 受け取った金額を他の目的で使いたい人
  • 長期での投資を予定していない人

投資をしている1番の喜びといえば、定期的に副収入を受け取れることですよね。

その喜びを味わいたい人は受け取りコースの選択がおすすめです。

また、自分のお小遣いにしたい人、生活費に回したい人、他の投資に回したい人など他の目的で使いたい人も受け取りコースを選ぶのがおすすめです。

『再投資』がおすすめな人

再投資を選ぶとよいのが以下のような人です。

  • 長期での運用を考えている人
  • 複利効果を狙いたい人

再投資コースは、なんといっても長期で投資をしたい人におすすめです。

再投資をすると、分配金の分だけ投資元本が増えていくため、雪だるま式に資産が増えていきます。

短期的には受け取りで毎月副収入を受け取った方が稼げていると思うかもしれませんが、分配金を原資として再投資をしていく方が将来的には大きな資産形成ができる可能性が高くなります。

子供の教育資金や老後資金で投資を行なっている人は再投資コースを選択するのがおすすめですよ。

税金を払わなくてOK!NISA口座を活用しよう!


受け取りをしても再投資をしても普通分配金には税金がかかってしまうことは説明しましたが、この税金の支払いが0になるNISA口座の利用をぜひ考えてみてください。

NISAとは、個人投資家に対して行われている減税制度です。

NISA口座で年120万円までの投資額で運用した場合、分配金には一切税金がかかりません。

NISA口座を利用すれば分配金は丸々受け取ることもでき、丸々再投資に回すこともできます。

NISA口座についての情報はこちらで詳しく書いているので、ぜひ読んでみてくださいね。
内部リンク:NISAについて

NISA口座開設するならどこ?おすすめランキングを紹介します!!年間120万円までなら税金がかからず投資ができるという個人投資家にとってとても嬉しい制度がNISAです。 NISAって何?という方はこ...

まとめ

この記事では、投資信託の分配金についてご紹介しました。

分配金の一部は自分の入金した資金が使われている可能性もあり、分配金をたくさん受け取ることで運用総資産が減ってしまうことにもなります。

副収入として定期的に分配金を受け取りたい人は受け取りコースを、長期で運用していきたい人は再投資コースを選ぶのがおすすめです。

NISA口座で運用すれば税金がかからず、分配金すべてを自分のものとして使うことも受け取ることもできるので、ぜひNISA口座の利用も検討してみてくださいね。

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加