株式投資・IPO

PERとは何かわかりやすく解説!割安割高の意味と業種別平均PERもご紹介します

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

貯金をするだけではなく、投資をして自分の資産を増やしたいと考える人は多いでしょう。

しかし、株式投資に興味をもっていろいろと調べ始めると、

・PERについて改めてちゃんと理解したい!
・PERが低いと割安ってどういう意味なの?
・PERが高い株は割高だから、買っちゃいけないって本当?

このような疑問が浮かんできませんか?

この記事では、PERの定義をわかりやすく説明し、その後はPERをもとに株価の割安・割高を判断する方法をご紹介します!

読み終えると、正しくPERを使って株価を分析でき、買い時の株が見つけられるようになる記事になっています。
ぜひ、ご覧ください!

PERとは

PER(ピーイーアール)とは、ある株の株価が割安なのか割高なのかを測るための指標です。
つまり、PERという指標を使えば、ある株の値段がお買い得なのかそうでないのかがわかるのです。
また、PERは~倍というかたちで示され、基本的には値が小さいほど割安、大きいと割高と判断されます。

株式投資をする以上は利益を得たいわけですから、非常に大事な指標にですそれでは、何をどのように計算すれば株価の割安割高を判断できるのでしょうか。

PERはPrice Earnings Ratioの略称で、この英語を訳して株価収益率とも呼ばれます。
株価収益率という言葉の意味の通り、PERは株価が「一株当たり純利益」の何倍なのかを示すものです。
式に表すと以下のようになります。

PER=(株価)÷(一株当たり純利益)

定義式の詳しい解説

ここで、「一株当たり純利益」について説明します。
まず純利益とは、会社の売上高から諸費用を引いた後に残る、最終的な利益のことです。諸費用には経費や借金の利息、税金などが含まれます。
この会社全体の純利益を、発行済み株式数、つまりは会社が投資家等に売り出している株の数で割ると、「一株当たり純利益」となるのです。

では、なぜ一株当たり純利益を考えれば株価の割安割高を判断できるのでしょうか。

まず、「純利益」を考える理由です。
それは、株式会社の純利益が、その会社の株を買い、代金を会社の資金として提供してくれた人のものだと考えるからです。
だからこそ、自分が株を買うときに払わなければならない株価に対して、会社からその株に分配される利益が多ければお得になります。

これを上の計算式にあてはめると、株価が一定のまま純利益の値が大きくなれば、PERは小さくなり、割安となることがわかります。

次は「一株当たり」の純利益を考える理由です。
PERは一年間のスパンで計算します。一年間で会社が得た純利益は、所有している株の数に応じて分配されると考えます。
所有している株の数は人によって大きく異なりますから、会社全体の純利益がわかっても、自分が所有している株にどのくらいの利益が分配されると考えてよいかはわかりません。
また、私たちになじみのある「株価」は「一株当たり」の値段です。

よって、上の理由と、「一株当たり」どうしで計算したいことから、「一株当たり純利益」が登場するのです。

なぜPERが重要なのか

ここまではPERの定義式について詳しく解説しました。
しかし、一株当たり純利益に関する説明は抽象的で少しわかりにくいかもしれません。
そこで、PERの有用性について別の視点からご説明します。

別の視点とは、PERが「投資金回収にかかる年数」を表しているという考え方です。
前述しましたように、PERは株価が「一株当たりの純利益」の何倍なのかを示すものです。
計算式は
PER=(株価)÷(一株当たり純利益)
でした。

株価とは一株買うのにかかる金額であり、投資金額を表します。
また、一株当たりの純利益とはその会社の一株に分配される利益、お金を表します。
加えて、一株当たり純利益は一年間のものです。

したがって、PERが○○倍とすると、仮に会社の一株当たり純利益が変化しなければ、○○年後には株価分の利益が回収できると考えることができるのです。

ちなみに、先ほどから会社の純利益が各株に分配されると表現しています
しかし、実際に一株当たり純利益分すべてのお金が株主に送られるとは限らず、配当金としてもらえる金額を引いた残りは、所有している株の価値が上がるということになります。

配当金とは、会社の利益に応じて、毎年株主がもらえるお金のことです。
また、株の価値が上がるということは株価が上がるということであり、自分が買ったときよりも高い株価で売却することができるという意味で、投資金が回収できるのです。

投資金の回収に時間がかかりすぎると、投資金を回収する前に会社の業績悪化や金融危機などによって株価が下がる可能性が高くなります。
ですから、投資金回収にかかる年数、つまりはPERの値が大きいと、株価の割には一株当たり純利益が少なく、割高の株であると判断できます。

PERを使って企業を分析しよう

次にPERの読み方を具体的な数字や方法を用いて説明します。
一般には、PERが15倍なら標準的、それよりも低く10倍程度なら割安、20倍以上であれば割高だと言われています。
言い換えれば、投資金が15年で回収できることが目安となります。

なぜ15倍が基準になっているかというと、日本の上場企業のPERの平均を取ると、おおよそ15倍になるからです。
しかし、この基準を知っているだけでは企業を正しく分析することができません。
そこで、以下ではその理由とおすすめの判断方法を紹介します。

割安・割高の判断方法

同じ業種の会社どうしで比較する

先ほど、PERが15倍なら標準的だとされていると述べましたが、実は業種ごとにPERの目安が異なるのです。
業種別の平均PERを見ると、異なる業種のPERで比べても正しく判断できないことがわかります。

ですから、複数社のPERを比較して割安な株を探したい場合、比較する会社が同じ種類の事業を営んでいるかどうかに気をつけてください。

以下の表は主な業種別の平均PERです。

業種平均PER(2019.9)業種平均PER(2019.9)
鉱業8.2食料品25.4
銀行9.5サービス業35.7
電気・ガス業11.9小売業41.8
建設業12.4医薬品48.7
卸売業18.3情報・通信業49.3


(注:2019/9現在 会社四季報より引用)

鉱業や石油・石炭などのエネルギー関連業種は景気に大きく左右される傾向があります。
よって、景気次第ではPER値が高くなることもあります。

しかし、2019年9月時点での鉱業の平均PERが低い理由は、景気の減速が懸念されているために原油価格が下落するなど、鉱業種の業績が不安定で、株価が低めであることだと推測できます。

反対に、医薬品は業績が安定し日本企業の競争力が高いため、情報・通信業は市場の拡大が続いていて、今後もさらなる発展が期待されているために、どちらも利益に対して株価が高く、高PERとなっています。

過去のPERと比較する

同じ業種の会社どうしでPERを比較することに加えて、同じ会社の過去のPERと比べて割安割高を判断することもおすすめです。

PERは(株価)÷(一株当たり純利益)で決まります。
例えば、過去と比べて一株当たり純利益が増えても、株価が上がらなければPERは低くなり、割安になります。

また、過去と比べて株価が上がっていても、その分だけ利益が増えていなければPERは高くなり、割高になります。
この場合は投資家の期待は高いものの、利益がその期待に追い付いていない状況といえるでしょう。

注意点①割高でも買いたい場合

ここでは、「割安なら買い、割高なら見送り」の例外となる場合をご紹介します。
以下の場合を知っておくことで、実は投資する価値のある株を見落としてしまうことが防げるのです。

まずは、割高、つまりPERが業種平均や過去の値と比べて高くても買い時である場合です。

会社の成長や株価の上昇が見込めるのにもかかわらず、割高になっている主な要因は二つあります。

一つ目は「一時的な利益の減少」です。
PERの一株当たり純利益は前述したように、一年間の利益から算出します。
例えば、ある年に自然災害が起こって会社の生産物がダメージを受ければ、利益は減少してしまいます。
利益が減少しているため、PERは高くなるのです。

しかし、次の年には復興がかなり進むことで利益が通常時に戻り、そこから会社が成長することもあるでしょう。

よって、一時的な利益の減少がある場合、計算上は割高となってしまいますが、必ずしも見送るべき株とはいえないのです。

二つ目は「純利益増大への期待がある」です。
「純利益増大への期待がある」とは、株価が高くなっていることを指します。
多くの投資家が、ある会社の利益が今後増えるだろうと考えて株を買おうとすると、株の価値を表す株価が上がるのです。
一株当たり純利益がまだ上がっていないのに株価が上がると、PERは高くなってしまいます。

純利益が増えることを期待できる例としては、新商品の発売が決まっていたり、効率よく仕事をするために、新しいシステムの導入をしたりする場合があるでしょう。

注意点②割安でも見送りたい場合

次は注意点①とは反対に、PERが業種平均や過去の値と比べて低いために割安だが、見送りたい場合です。

一つ目の要因として「一時的な利益の増大」があげられます。
「一時的な利益の減少」の逆の現象を想像していただければおわかりいただけると思います。

世の中の一過性のはやりが会社の売り上げに良い影響を与えた場合や、短期間限定のキャンペーンを行った場合などがその例となります。

PERは(株価)÷(一株当たり純利益)で決まりますから、一時的に利益が増えるとPERは一時的に低くなり、割安となるのです。
しかし、長期的に見てその会社が投資したくなるほど成長するとは限らないため、注意が必要です。

二つ目は「純利益や会社の成長性に不安がある」場合です。
将来の純利益や会社の成長性に不安がある場合、その会社に投資したいと思う人は少なくなり、株価が下がります。
ただし、今の段階では不安があるだけなので、一株当たり純利益が減っているわけではありません。
ですから、この場合もPERは低く、割安となってしますのです。

まとめ

PERは株式投資をするうえで、欠かすことのできない基本的な指標です。

いくつかの例外をご紹介しましたが、PERがどのようにして計算されるかをしっかりと理解していただければ、決して難しい指標ではありません。

・基本的にPERが低ければ割安、高ければ割高
・PERの比較をするときは同業他社か過去のPERを比較対象にする
・PERの値に違和感を感じたときや実際に投資をするときには、そのPERが例外にあたるかどうかを考えてみる

以上がこの記事の要点です。

次はPERを正しく利用して、さまざまな株価を実際に分析してみてください!
きっと、買い時の株を見つけることができるはずです。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加