おすすめ副業

ユーチューバー始めるのにおすすめのカメラは?必要機材を徹底紹介!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

YouTuber(ユーチューバー)になってみたいと考えた時、下記のような疑問が湧いてきますよね。

  • どんなカメラを使ったらいいのか
  • 有名YouTuberが使っているカメラを知りたい
  • 撮影機材は何を揃えたらいい?

そこで、今回はYouTuberになるために必要なカメラや揃えるべき撮影機材について情報をまとめました。また、有名人気YouTuberが実際にどのようなカメラを使っているかについても紹介していますので、参考にしてみてください。

動画撮影に最低限必要なカメラは?


一口にカメラと言っても、YouTube向け動画を撮影するのに使えるカメラの種類は様々です。ここでは動画撮影に使えるカメラの種類とその特徴・メリットについて解説します。

気軽な撮影ならiPhoneなどのスマホ

iPhoneなどのスマートフォンのカメラで撮影した動画であってもYouTubeにアップロードできます。そのため、とにかく早くYouTuberデビューしたいという方は、まずスマートフォンのカメラを使って動画撮影、アップロードしてしまうのも一つの手です。

また、すでに持っているスマートフォンだけで動画撮影をし、追加の機材購入をしないのであれば、コストがかからないというメリットもあります。

ビデオカメラ(ハンディカメラ)

ビデオカメラ(ハンディカメラ)は手で持ったり三脚を使ったりして動画撮影を行うカメラです。ズーム機能や手振れ補正などの機能がついている機種が多く、動画撮影初心者でも気軽に本格的な動画を撮影することができます。

1時間以上撮影可能な機種も多く、予備のバッテリーを用意できることなどから、長時間の動画撮影にも向いたカメラの一つです。

一眼レフカメラ

一眼レフカメラは、レンズを交換できるカメラです。カメラに取り付けるレンズを換えることで、撮影したいシーンに合わせた動画を撮ることができます。広角レンズを取り付ければ、幅広い角度を撮影できますし、望遠レンズを取り付ければスマホのカメラやビデオカメラでは撮れない遠くの被写体が撮影可能です。

撮影シーン毎にレンズを用意するのはレンズの数だけコストがかかりますが、本格的な動画撮影をしたい場合には用意しておきたいカメラと言えるでしょう。

アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)

アクションカメラ(ウェアラブルカメラ)は体に装着して、ハンズフリーで動画撮影ができるカメラです。バイクや自転車、スキー、スノーボードなどのスポーツをしながらでも撮影ができるので、臨場感溢れる動画を作ることができます。

さらに、ビデオカメラや一眼レフカメラは防水性能に特化した機種が少ないですが、アクションカメラは防水機能を有した機種が多いです。そのため、雨の日の撮影や海やプールなどの水中で撮影したいという場合にも活躍してくれるカメラと言えます。

有名YouTuberが使っているカメラ


ここまで、YouTuberを始めるのに必要なカメラについて紹介してきましたが、実際にプロの人気YouTuberがどのようなカメラを使っているかということも気になりますよね。

ここでは、YouTuberとして有名な、はじめしゃちょーさんやヒカキンさんなどが動画撮影に使用しているカメラを紹介しますので、カメラ選びの参考にしてみてください。

はじめしゃちょー

日本で一番YouTubeのチャンネル登録者数が多いはじめしゃちょーさんが動画撮影に利用していると、ご自身の動画の中で紹介されていたのが下記のカメラです。

・Canon EOS C100 Mark II
https://www.youtube.com/watch?v=Dfr1TbSrMYY

このカメラは録画できる映像や音声が高品質なのはもちろんなのですが、撮影シーンにあわせてグリップやハンドル、マイクの取り外しができる他、液晶画面を270°回転させることもできます。他にも多くの機能や特徴を備えており、トッププロYouTuberが使う動画撮影に適した高機能モデルと言えるでしょう。

なお、はじめしゃちょーさんのカメラ利用に関する情報は、カメラ紹介動画投稿時点の情報になりますのでご注意ください。

ヒカキン

人気YouTuberの一人ヒカキンさんがご自身の動画の中で、利用していると紹介していたカメラが下記となります。

・SONY NEX-VG30
(紹介動画リンク:https://www.youtube.com/watch?v=qcW-VlqxlDo

このビデオカメラはレンズ交換によって様々なシーン撮影に最適化できる他、大型のマイクがカメラ本体上部に取り付けられていることで、臨場感のあるサウンドを録音できる仕様となっています。

なお、ヒカキンさんのカメラ利用に関する情報は、カメラ紹介動画投稿時点の情報になりますのでご注意ください。

Youtube始めるのに高価なカメラは不要

はじめしゃちょーさん、ヒカキンさんともにハイスペックなビデオカメラを利用されていますが、YouTube用の動画投稿に高性能なカメラが必須という訳ではありません。

はじめしゃちょーさんは自身の配信されている動画の中で「最初に買うカメラは画質を気にしなくていい。」と発言されており、ヒカキンさんも初めて撮影した動画はテープのビデオカメラを用いたものだったそうです。

そのため、これからYouTuberになってみたいという方はカメラのスペックにこだわらず、まずは今手元にあるカメラで動画を撮るところから始めてみるとよいでしょう。

初心者も用意したいおすすめ撮影機材


カメラさえあれば撮影できる動画ですが、そのクオリティや精度を高くするためにはカメラ以外の撮影機材の使い方も重要です。ここでは動画撮影や編集時にあると便利なおすすめ撮影機材を紹介します。

三脚

三脚を用いることでカメラを固定した撮影ができるので、動画撮影時の手ブレなどを防止でき、ブレのない視聴しやすい動画作成が可能になります。

また、一人でカメラに向かって話しかける自分自身を撮影したい、などというシーンでも三脚は役に立つので、本格的に動画撮影を始める際にはカメラに対応したモデルを準備するとよいでしょう。
 

照明

動画に写っている人や物を綺麗に見やすくしたい場合には、照明機材があると便利です。照明の効果で明暗がはっきりとし、被写体が際立って映るようになるので、動画視聴者にストレスを与えにくくなります。

特に室内での撮影時には、屋外に比べて光量が少なくなる関係で動画の画面が暗くなりがちなので、照明で補えるとよいでしょう。

マイク

マイクを使用せずにスマートフォンやビデオカメラで動画を撮影した際には、録音したい音声以外の音を拾ってしまうことがありますが、マイクを利用することでそのノイズ録音を防ぐことができます。

ノイズの少ない音声は動画視聴者に伝えたい音声を適切に伝えられるだけでなく、その音声をストレスなく聞いて貰うことが可能です。

パソコン(動画編集ソフト)

スマートフォンを使った動画編集もアプリを使うことで可能ですが、編集作業性や自由度を考慮するとパソコンの動画編集ソフトを用いた方が作成できる動画の範囲が広がります。

例えば、動画に特殊なエフェクトを入れたり、複数の動画を同時に編集したり、文字入れを行う作業などはパソコンを利用した方が高効率です。

まとめ:早速今から動画を撮ってみよう


動画を撮影してYouTubeにアップロードするだけであれば、スマートフォンもしくは、いずれかの種類のカメラとインターネット環境があるだけでできます。

そのため、YouTuberとしてデビューしたいと考えている方はカメラの性能にこだわらず早速今から動画撮影を始めましょう。そして、必要に応じて機能にこだわったビデオカメラや一眼レフ、その他撮影用機材を揃えてみてはいかがでしょうか。

YouTuberになるためのポイントは下記記事にて紹介しているので、合わせてチェックしてみてください。

Youtuber(ユーチューバー)のなり方は?コツや注意点も解説最近、小学生の将来なりたい職業ランキングでも上位に入ってくる「YouTuber(ユーチューバー)」。テレビ番組で見かけることも多く、その...
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加